2021年3月からマイナンバーカードが保険証として利用可能に

2021年3月からマイナンバーカードが保険証に。今後どう便利になる?

2020年はマイナンバーカードでキャッシュレス決済を利用するとポイントがもらえる「マイナポイント」でマイナンバーカードに注目が集まった年でもありました。

それまでは本人確認書類として利用されたり、金融機関に口座開設する際に求められたりするだけで、マイナンバーカードを持つ魅力を感じられなかったという人も多かったかもしれません。

しかし、2021年3月からマイナンバーカードが保険証としても使えるようになります。

そもそもマイナンバーカードとは?

まずは簡単に、マイナンバーカードのおさらいをしておきましょう。

マイナンバーカードは、ICチップがついたプラスチック製のカードで、氏名や住所、そしてマイナンバー(個人番号)と顔写真が表示されているものです。

このマイナンバーカードは本人確認書類として利用できるという点がポイントです。

2016年からはじまったマイナンバー制度に伴い、国民にマイナンバー(個人番号)が記載されたマイナンバー通知カードが配布されました。

ここに自身のマイナンバーが記載されているため、金融機関での口座開設時などに「マイナンバーカード」自体は必要とされてきませんでした。

「マイナンバーカード」を作らなくても、「マイナンバー通知カード」+「顔写真付き本人確認書類(免許証など)」などのパターンで書類を提出すれば代用できたからです。

逆に言えば、金融機関の口座開設時に提出する場合は本人確認書類としても使えて、マイナンバーの記載もあるため「マイナンバーカード」だけで済むというメリットがあります。

ほかにも、マイナンバーカード自体にはコンビニで住民票など一部の公的書類を取ることができたり、確定申告時にe-Taxが使えたりするなどのメリットがありました。

2020年には冒頭でお伝えしたように、自分で選んだキャッシュレス決済サービスでチャージしたり、買い物したりすると利用金額の25%分のポイント(一人あたり上限5000円)がもらえるというおトクなマイナポイントの制度がはじまったのです。

それでさらにマイナンバーカードに対する注目が高まりました。

2021年3月からマイナンバーカードが保険証に

2021年3月以降、マイナンバーカードが保険証として利用できるようになります。

使い方も非常に簡単で、医療機関や薬局などでカードリーダーにかざすだけ。とても便利になりそうですよね。

マイナンバーカードを保険証として利用するメリットはいくつかあります。

まず、就職・転職や引っ越しをしてもずっと健康保険証として使えます。

手続き後、新しい保険証が届くまで待つ必要なく、マイナンバーカードで受診ができる、というわけです。

それから、高額療養費制度の「限度額適用認定証」がなくても、限度額以上の一時的な支払いが不要になるうえ、2021年分の確定申告からはマイナポータルで医療費控除が簡単にできるようになる予定。

お金の面でもメリットがあるとしています。

さらに、2021年10月以降はマイナポータルにて健診情報や医療費などの情報が見られるようになる予定です。

これにより、健康管理や医療の質の向上にも役立つとみられています。

保険証として利用するための手続きは?

マイナンバーカードを保険証として利用するにあたっては、手続きが必要となります。

そもそもマイナンバーカードが手元にない人は、マイナンバーカードの作成から始めなければなりません。

マイナンバーカードができて手元に来てから、保険証として利用するための手続きが始まります。

保険証の利用手続きは、スマホ・パソコンでできるほか、2021年3月以降は各市区町村のマイナポータル用端末でもできるようになる予定です。

スマホを用いて申請するには、マイナンバーカードの読取に対応しているスマホとマイナポータルAPというアプリケーションが必要となります。

またパソコンから手続きを行う場合は、マイナンバーカードの読み取りができるICカードリーダーが必要です。

利用規約を確認し、マイナンバーカードを読み取り後、4桁の暗証番号(パスワード)を入力して申し込み自体は完了となります。

なお、4桁の暗証番号とは、市区町村の窓口でマイナンバーカードを受け取った際に自分自身で設定した数字なので、間違えないように入力しましょう。

マイナンバーカードは取得までに少し時間がかかったり、手続きが煩雑だったりしてやや面倒に感じる人も多いかもしれません。

しかし、今後さまざまな局面でマイナンバーカードが活用されていくことが予想されます。

一度手続きを済ませてしまえば、その後の諸々の対応がずいぶんラクになるはずです。

ネットの声

「普及には医療機関と患者の双方にメリットが必要ですね。医療機関は事務作業が簡便になるので機器の助成があれば確かに導入しやすくはなるでしょうが、大多数の患者が利用する見込みがなければ踏み込み辛いでしょう。であれば、患者がマイナカードを利用したくなる施策も必要です。医療費の負担が通常の保険証より安くなってお得とか分かりやすいメリットを打ち出したほうが良いと思います。」

「医療費控除の手続きが簡単に…。まず医療費控除って健康保険とは関係のない自費診療や市販薬、さらには病院へ行くための交通費も含むんだけどな。健康保険証と一体管理できる金額がすべてじゃないんだからほとんど手間なんか削減できないっての。」

「大きな公・大学病院のみ対応できるみたいです。他の病院では、マイナンバーカードを読み取る機器が設置していないみたいです。すなわち、保険証の代わりに使えるのは数年後になるようです。検証しないで、見切り発車すると必ず不具合が発生する。コロナ?ソフトではないが、バグは付き物という言い訳では通用しないと思う。オリンピックしかりです。」

病院側の対応も必要です。利用する側にメリットがないとwinwinになりませんし、普及率が劇的に改善しそうにないですね。

おすすめの記事