マイナンバーカード普及の切り札…自民が保険証廃止の提言を

自民党は17日のデジタル社会推進本部(本部長・下村博文政調会長)で、デジタル化の推進に向けた第1次提言をまとめました。

マイナンバーカードが近く健康保険証として利用できるようになることを受け、保険証を将来的に廃止するよう求めています。

カードの普及を後押しするねらいがあるのは間違いありません。

2030年の将来像

提言は18日に政府に提出される予定で、2030年の将来像と25年までの改革工程表を今年末までに示すことも求めました。

関係省庁は具体的な工程表づくりに着手する見通しです。

マイナンバーカードは来年3月から、本人が希望すれば保険証の機能を上乗せし、6割程度の医療機関で使えるようになる見込みです。

来年秋以降、薬の利用歴を本人や医療機関などが閲覧したり、医療費情報を確定申告に活用したりできるようにもします。

ただ、多くの人がそのまま保険証を使い、カードへの移行が進まない可能性もあるでしょう。

健康保険証を廃止することで普及を促進

そこで提言では、法令で健康保険組合などに課される保険証の発行義務を緩め、「将来的に健康保険証を廃止する」としたのです。

いずれは保険証の発行をやめることで、カード利用を促したい考えです。

平井卓也デジタル改革相は17日の会見で、保険証の将来的な廃止について

「カードの取得が進めば、将来的には保険者(保険組合など)の判断で発行しなくてもよいというのは当たり前。保険証発行のコストも助かる」

と述べていました。

カードの取得は任意だが…

ただ、カードを取得するかどうかは任意で、政府が9月から大規模なポイント還元を実施しているにもかかわらず、

取得率は2割強にとどまります。

カードを持たない人が多いまま保険証を使えないようにすれば、健康保険を利用できない人が出たり、

カード取得が事実上の義務となったりするおそれもあります。

ネットの声

「マイナンバーカードとは何なのか。行政サービスカードに留めておけばいいものを。
マイナンバーカード表面には、マイナンバーとは関係ない、カードの識別番号だけでいいはずです。氏名・住所・生年月日に、まして顔写真など、何で必要なんですか。こんなアナログ情報など、盗み見されるだけでも危険要素。カードの識別番号だけなら、盗られても拾われても、何の不都合もない。(現在の印鑑登録証のようなもの)
"便利さ"のアピールがために「提示して本人確認書類にもなります」なんて言ってますが、これがとんと余計な機能。成りすましで作成されたマイナンバーカードを行使して締結された契約は、有効なのか、否か。こういった法律問題はスルーしてしまっています。
保険証、免許証は、飽くまで正本の従来の証書があって、あくまで副本としてのマイナンバーカードへの任意の情報入力とすべきです。」

「マイナンバーの最近の事で思い出すのは、特別給付金申請でパンクした事。色々紐付けしたがる前にアクセス集中に耐えられるシステムにちゃんと強化されてるのだろうか?
あと、これは本日の内閣委員会において杉田議員の平井大臣に対しての質問。平井大臣が過去にファーウェイ本社を訪れている事に対しての事だったけど、憶測で批判するものでもないが何か怖いなと思って仕舞った。二階幹事長やIR問題も有るので笑い飛ばす事も出来無い。」

「国民の利便性の為になんて言うけど、リスクはどうするのよ。だいたい、マイナンバーカードは政府の側にしか利用価値ないわよ。その証拠に封筒にいれたままサイドボードのどこかにしまったままだけど何の不自由もないもの。必要な人だけに作ってあげればいいでしょ。」

マイナンバーカードでもっと便利に…そう思った人も多かったはず…今は不信感のほうが強いです。

おすすめの記事