お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史(49)が、14日深夜放送のニッポン放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン(ANN)』(毎週木曜 深1:00)に出演。

先月23日深夜放送の同番組内での発言をめぐって、翌週から2週にわたって謝罪と反省の言葉を続けていました。

この日の冒頭では、今後の番組に関する発表が行われ、2週続けて出演していた相方の矢部浩之(48)が同番組に合流。

今日から『ナインティナインのANN』として、2人体制で新たな出発を図る形となったのです。

水面下で話し合い

この日は番組冒頭から矢部が出演。

岡村はこれまでラジオスタッフと秘密裏に行われてきた話し合いの内容を説明しました。

スタッフ全員の意見で「矢部さんがどう思うかわからないけど『矢部浩之しかいない』と。そういう話になったんです」と明かしたのです。

岡村も

「正直な話をすると、岡村隆史のANNを新しく、今の時代のラジオに変えていくにはそれしかないと思った。頼るところは相方の矢部浩之しかいないと思った」

と今回の決断にいたるまでを丁寧に話しました。

3週間ぶりにハガキも

この日の放送からコンビでの番組が復活することが発表されると、早速コンビ時代のメールアドレスが復活。

スポンサー読みを矢部が担当することに。

1曲目は、番組最大の名曲としても知られる矢部の「HOWEVER」が流れたのです。

ジングルなど、基本的な部分はコンビ時代のままだったのですが、番組のハッシュタグは「#ナインティナインANN」になるといった変化も見られました。

その後、3週間ぶりにネタはがきが読まれることに。

新しく始まった「ダァ…」や、18年続いてきた「セルゲイブブカ」の終了が発表される中、「悪い人の夢」の継続は決定。

「新しいラジオに変わっていくため」の一環として、はがきのみでなく、メールでのネタ投稿も受け付けると明かされました。

コンビ復活

先月23日放送の同番組内で岡村は、新型コロナウイルスの影響で収入が減った女性が、収束後に短期的に収入を得るために風俗業に携わる可能性があると発言。

放送後から「女性蔑視」「性的搾取」などの批判が集まり、27日にはニッポン放送が『ANN』の番組公式サイトで謝罪。

その後『岡村ANN』では、2週にわたって謝罪。

相方の矢部浩之(48)も2週続けて登場し、相方に対して公開説教を行ったことも話題となっていました。

同番組は、1994年4月に『ナインティナインのANN』としてスタート。

2014年9月に相方の矢部浩之が卒業し、以降は岡村が単独で出演してきました。

今回の発表を受け、矢部がおよそ5年7ヶ月ぶりに『ANN』への本格復帰を果たし、コンビそろってのラジオが復活する形となります。

ネットの反応

「あーえーうー。本当に申し訳ありませんでした。的な繰り返しで、あれでは毎回2時間岡村さんひとりでは、とても無理な雰囲気だったこともあり、けっきょく矢部さんが戻ってきてくれて良かったかもしれませんね。まさに、雨降って地固まる。ということに好転するように反省しガンバって、今後おふたりで努力されたらいいかなと思います。」

「長期コーナーとなってたセルゲイブブカや点取りが終わって一大改革に踏み切ったな。メールによるネタ投稿も全面OKになったりとかなりテコ入れ敢行してる。個人的には桑田矢部祐が面白そう。矢部さんの歌はお笑い的にも外れがないし。」

「岡村隆史のANNは終わった。これで良いと思う。継続するにはこれしか手段はないだろうし、案はこれ一択だけだと思ってた。それにしても久しぶりに聞いたけど矢部氏のHOWEVERは酷いね。」

コントのおもしろさは岡村に軍配が上がるけど、しゃべりの安定感はやべっちのほうがありますね。

この5年間岡村のANNは惰性で聴いていた感があるのですが、やべっちの復帰は嬉しい限りです。

岡村は相方に救われました。

何か問題を起こすと、相方の存在感が増すコンビもいれば突き放す相方もいるのが面白いところです。

おすすめの記事