かつて「兜町の風雲児」と呼ばれ、昭和のバブル前夜を駆け抜けた中江滋樹氏(66)が2月20日、東京都葛飾区の自宅アパートの火災で、焼け跡から変わり果てた姿で見つかりました。

華々しい人脈

希代の相場師としてマネーゲームで隆盛を誇りました。

投資家から多額の金銭をだまし取った「投資ジャーナル事件」の首謀者として警視庁に逮捕されたことでも知られています。

しかし、近年は経済的に困窮、体調にも不安を抱えていたということです。

関係者らによると、中江氏は昭和29年1月、滋賀県で生まれました。

高校卒業後に名古屋市内で株式情報のリポート販売のアルバイトに就いたことで、投資の世界に入ったということです。

その後、京都市で投資コンサルタント業を開業。

会社規模を拡大し53年、東京・兜町に「投資ジャーナル」を立ち上げたのです。

2割のもうけを10回続ければ元手が2倍になるという「ツーバイツー理論」を掲げ、会員と巨額のカネを集めました。

当時の金満ぶりから「体を揺らせば大金が出る」とまでいわれたのです。

財力にものをいわせた人脈は財界にとどまらず、都心の高級ホテルなどで開かれる豪華なパーティーでの同席者には、田中角栄氏をはじめとする政界人も名を連ねていました。

中江氏と交流があったノンフィクション作家の森功さんは「上京後、知り合ったテレビ局の幹部らと赤坂の料亭に入り浸っていた。そうそうたる顔ぶれの人脈は、このときに培った」と振り返ります。

人気アイドルとの親密な様子が報道されたことで世間も騒がせたことも。

しかし、森さんは「当時、彼が実力の面で魅力的だったのは確かだが、自分を実態より大きく見せようとする人でもあった」とも語っています。

逮捕…死亡説も

危うさと隣り合わせの過激な手法は裏目に出ました。

「株を買う資金を担保の10倍まで融資する」とうたって全国の投資家から約584億円を集めるも、資金を返しきれず、60年に警視庁に詐欺容疑で逮捕されるのです。

平成元年に詐欺罪で懲役6年の実刑判決を受け、4年に仮出所した後は麻布十番に事務所を構えて仕手戦に舞い戻ったのですが、かつての勢いは失われていました。

暴力団から得た数十億円の出資金を返せなくなったのを機に、表舞台から姿を消します。

一時は死亡説もささやかれたそうです。

平成18年、自宅に火をつけようとした疑いで逮捕され、再び存在が明るみに出たのですが、関係者によると、このときすでに心身の健康に支障をきたしていたとみられます。

その後、都内近郊を転々…たどり着いたのが葛飾区のアパートでした。

体調不良が続き

アパートの関係者によると、中江氏が入居したのは24年。投資ジャーナル時代の同僚が「空き部屋はあるか」と大家に相談したそうです。

大家は「絶対に迷惑はかけさせない。家賃も払わせる」と約束したため入居を了承。

家賃は月4万8000円だったということです。

入居の日、タクシーで到着した中江氏。持ち物は衣服だけ。

同僚らがじゅうたんやトースターなど、生活に必要なものを提供すると、中江氏は「ありがとうございます」と頭を下げていたそうです。

部屋にはひっきりなしに知人が出入りし、「俺の部下だよ。いっぱいいるんだよ」などと話していました。

最近は体調が優れず、おむつも着用していたといい、今年の正月ごろには「血圧が190もある」と周囲に訴えていたそうですが…。

警視庁亀有署はアパートの出火原因について、たばこの不始末による失火とみています。

知人の1人は「たばこは昔からよく吸っていた」と肩を落としていました。

火災から数日後、2階にある中江氏の部屋を訪問すると、玄関近くに、誰かが手向けた花束が、そっと置かれていました。

ネットの反応

「普通に考えても単なる火災じゃないよね?現状がどうであれ、絶対に許さないと思ってる人は多い。」

「中江氏も永野氏も最期は悲惨な死を迎えている。その点は両者共通していると思う。特に同情する余地なし。」

「まぁ普通の公務員の数百倍楽しんだのだから最後はどうあれ勝ち組だよな。」

最期は悲惨だった…という人もいますが、当時は飛ぶ鳥を落とす勢いでした。

1,000億円レベルのお金を動かしていた人物で、現在までの歴史を見渡しても稀代の相場師でした。

最期が悲惨といっても、人生全てを見たら颯爽と生ききったといえそうです。

もちろん、敵の数も尋常ではなかったでしょうね。

おすすめの記事