発明家のドクター中松氏が31日、都内で緊急会見を開きました。

同氏は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、世界各国に続き、日本も都市封鎖の可能性が出てきたことに対し、それでは感染拡大を抑えられないと指摘。

「個人封鎖」の必要性を強調したのです。

それでも封鎖できない場合は「地球封鎖」すべきだと訴えた上で、人類を守る新発明「月利用システム」を発明したと明らかにしました。

既に特許庁から特許査定がおりたということです。

月利用システムを提案

中松氏は、月利用システムについて

「今まで、月は人間が住めないと言われた。住めるかどうか、はっきりしなかった。どうやって人間が住むことが出来るようになるか、という発明。つまり、地球がコロナがまん延し、人類が滅亡してしまう時は、地球を封鎖して、月に住む。私の発明で住むことが出来るようになる」と説明。その上で「建物を建てられるか? というところから始まる。建物を建てる、宇宙線(宇宙の放射能)から人間をどう守るか、という町づくりが可能になり、電力を供給できる。水などいろいろ必要なものがあるが、人間が住むことができる環境にすること」

と、月で人間が住むことができる環境作りが発明の趣旨だと胸を張ったのです。

中松氏は「特許庁が実現可能だから特許を認めたと言うこと。人間が月に住むという映画、小説はこれまであったが荒唐無稽。特許庁が信ぴょう性、実現性があるか技術をチェックした結果、特許が取れたのが大きなこと。地球が駄目だから月に行こうという、夢物語を話しているのではない」と声を大にした。

月への移動手段に関しても「月にどう行くか、という発明も別個に特許を出している。私の発明した手段で行くことになる」と、別の発明をしていると明かした。その上で「米国がやっている、ロケットにわずか2、3人を乗せて打ち上げるのでは大移動できない。それではダメですから、別な発明をしています。特許審査中なので、特許査定がおりれば発表します」と断言した。

特許が認められた

この日の会見は、広い会見場に記者席を18席しか設けず、座席と座席の間には2メートルの間隔を空けました。

さらに窓を開けて換気を良くしました。

記者には透明板で顔全体を覆う溶接マスクのような形状で、目からの感染を防ぐ初のマスク「ドクター中松 スーパーメン SUPER M.E.N」の最新型に当たる38型の着用。

そして「Dr.FukiCoro-C(ドクター・フキコロ・シー)」による手の除菌が要請されたのです。

中松氏は、安倍首相の官邸での会見や、小池百合子都知事の記者会見を引き合いに

「アクティブで、どこへでも行き、潜在的にウイルスを保菌している人を取材する可能性もある記者が、口角泡を飛ばして取材するのは非常に危険。ありえない」

と訴えました。

ドクター中松は質疑応答の中で、新型コロナウイルスの終息時期について聞かれると

「私は1年とみている。来月、再来月に終わるものじゃない。終息できる根拠が全くない」と断言。

その上で「なるべく、月利用の特許は使いたくない」と、可能な限り早期の終息に期待したのです。

ネットの反応

「世界各国に続き、日本も都市封鎖の可能性が出てきたことに対し、それでは感染拡大を抑えられないと指摘し「個人封鎖」の必要性を強調。それでも封鎖できない場合は「地球封鎖」すべきだと訴えた上で、人類を守る新発明「月利用システム」を発明したと明らかにした。既に特許庁から特許査定がおりたという。発想が壮大で大丈夫なのかな?と思った一方で、月利用に関する特許が下りているようなので、科学的で説得力があり、少なくとも虚言ではないなと。ドクターはまだまだ健在ですね。さすがは世界一の発明王です。」

「このお爺さん、アホなこと言ってると思うが何十年後にそれを現実にさせてるもんね。ナイキのランニングシューズなんて元を辿ればドクター中松のジャンピングシューズと同じ発想やもんね。」

「会見の話で言えば御もっともと思える。色々な人に接触する記者がどこから菌を持ってくるか本人すらわからない状態なのだから、あのお面的な物はどうだかわからないけど予防しようと言う意識があるだけ真面だと思う。少なくともこの時期にやる会見はあれ位の意識は無いとと思う」

本当に何年か先には実現できていることがたくさんあります。やっぱりこの人はスーパーマンですね。

おすすめの記事