オリラジ中田がさんまをYouTubeに勧誘!?

さんま、中田&宮迫と会食で「吉本の悪口」 YouTubeに熱烈勧誘される

明石家さんまが11月26日、MBSラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演。

雨上がり決死隊の宮迫博之とオリエンタルラジオの中田敦彦から、熱烈にYouTube出演を誘われたことを明かしました。

中田が熱烈アプローチ

さんまは中田に誘われて宮迫と3人で食事をしたそう。

さんまは以前から、テレビ人であることを強く意識しており「YouTubeは敵だ」と公言するなど、出演には否定的だったのです。

しかし、中田は「そんな時代じゃない」と力説。

パソコンを駆使して、さんまに「なぜ出演してほしいか」を理論的に、そして熱くプレゼンしたというのです。

ダメ元でもうれしい

あまりの押しの強さに、さんまは「博報堂やな」と広告代理店に例えたほど。

「万全の体制で迎えます」という中田にYouTube用のスタジオも見せてもらうなどしたというのです。

「プレゼンはめちゃくちゃ面白い。ダメ元できてくれたのはうれしい」と熱意には喜んでいました。

出演は拒否

「違うところでがんばってる」と新たなジャンルを切り開こうとする姿勢は認めつつもやはり出演は拒否したのです。

「30分くらいパンパンパンと(プレゼンを)やって、あと2時間くらいは吉本の悪口」と最後はしっかりと笑いで締めていました。

ネットの声

「思うは自由。それを発信するのも自由。それを人に訴えるのも自由。ただ強要はしないように。断るのもその人の自由。」

「テレビが面白く無くなったと思うのは実感としてあるけどyoutubeが全部面白いかと言われればそんなことはなくて、面白くないやつはテレビ以上に面白くないからな。」

「もうテレビはしんどいなぁ、と見えても、意外と復活してくるかもしれないし、世の中わからない。そんな中、テレビでキングになった晩年のさんまが、今から新しいメディアに挑戦するよりも、テレビのために尽くしていきたい。妥当かつ現実的な判断なんだと思う。もう10歳若ければ、また話は違うんだろうとも。」

YouTubeはラジオのような手作り感がいいのですが、作り込みという点でテレビと棲み分けができそうですね。

おすすめの記事