これが決め手!中谷美紀がドイツ人の夫と結婚を決めた理由

中谷美紀 ドイツ人の夫との結婚の決め手「最も簡単なのが…現実的で夢がないんですけれども」

女優の中谷美紀(45)が9月17日放送のNHK総合「あさイチ」(月~金曜前8・15)に出演。

夫のビオラ奏者・ティロ・フェヒナー氏について語りました。

ドイツ人の夫と18年11月に結婚

中谷はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団で活躍するドイツ人のフェヒナー氏と18年11月に結婚。

現在は、オーストリアと日本を行き来する生活を送っている。

この日、フェヒナー氏との出会いを聞かれた中谷は、「東京で出会いがありました。偶然の出会いでした」と振り返りました。

仕事帰りに1人で訪れたレストランに、来日中だったフェヒナー氏が3人連れで訪れており、中谷が自身の携帯電話が鳴ってしまったことを謝り会話をしたことがきっかけだったとしたのです。

3人がオーストリア・ザルツブルクから来たことを知ると、「ザルツブルク音楽祭に行ってみたい」と思っていた中谷と3人は意気投合し、ともに食事を楽しんだそう。

最初は勘違いから?

そうして「金沢に行くから、おすし屋さんを紹介してくれ」と聞かれた中谷は連絡先を交換し、メールで紹介すると、軽井沢と聞き間違えていたことが発覚。

「申し訳ないので、東京でおすし屋さんをご紹介します」と連絡し、交流が始まったそうです。

夫について中谷は、「放っておいても大丈夫です。何でも自分のことは自分でできる人なので」。

中谷が日本に長期滞在する前に、作り置きをしようとすると「そんなことに時間をかけるくらいだったら、一緒にいる時間を楽しもうよ」と言われたこともあったそう。

もっとも手っ取り早かったのが…

交際から結婚までは「2年くらいですかね」とし、「私は結婚が全てだとは全く思っていなかったので。結婚するつもりもなかったですし、おそらく相手もそうだったと思うんですけど、何となく、自然な流れで」と明かしました。

「単純に、ビザの問題もありまして。なかなか滞在許可を得るのが難しかったりもするので。いろいろ考えたんですけど、最も簡単なのが配偶者ビザだった。凄く現実的で夢がないんですけれども」と笑ってみせていました。

ネットの声

「中谷美紀を見てると思う、自立した素敵な女性である彼女は自立した男性が似合う。
渡部篤郎のような不倫しちゃうし手間がかかりそうな夫はプロ彼女的な今の奥さんがあっている。
結婚相手が渡部じゃなくて本当に良かった。」

「「いろいろ考えたんですけど、最も簡単なのが配偶者ビザだった。」夢がないなんて言っておられますが、つまりは一緒にいたいってことですよね。最も理想的な結婚の形じゃないでしょうか。コロナで国境が閉じられようというとき、わざわざ日本で仕事をしていた彼女を迎えに来てくれたそうですし。あさイチで見たのですが、フェヒナー氏は映画俳優のように素敵で優しそうな方でした。」

「どうしても、プライベートが日本ではオフになりきれないなか、外国で生活し、仕事のときだけ、特化してやる。彼女にとって、とても心地良いスタイルかもしれない。」



おすすめの記事