出る杭は打たれる日本…オリラジ中田がシンガポールに移住するワケ…税金面でも

オリラジ中田「日本で潰される」シンガポール移住、税金でも救われる?

YouTuberに転身した中田敦彦が1月17日、フジテレビ系「ボクらの時代」に出演。

シンガポールへの移住について、「日本人は日本人としかしゃべらない。もっと外に学びに行く人間が本当の愛国者。明治で日本を変えた人は、外に出て、勉強して帰ってきた」と意気込みを語りました。

芸能人に厳しい日本は怖い

シンガポールの魅力については、「国土も狭いし資源もない、水も鉱物もない中で、経済とか教育に力を入れて、のぼっていった」と強調。

一方、「日本が怖いというのもあります。特に芸能人に厳しい。めちゃめちゃはみ出すのをつぶしますからね」とも語っています。

シンガポールについては、税制面でも様々な魅力が語られることが多いのですが、日本とどう違うのでしょうか。

中田はどれくらい節税できるのか。

福留聡税理士に聞きました。

日本とシンガポールの最高税率で試算した結果

まず、日本にいる場合の税金はどうでしょうか。

「日本の場合は、所得税は5%から45%の7段階であり、中田さんが最高税率に対応する課税所得があると仮定した場合、課税所得4000万円以上で課税所得に所得税率45%を乗じた税額から479万6000円を控除した金額が所得税になります。
日本の個人住民税は、課税所得に住民税率10%を乗じた税額に均等割5000円が加算されます」

シンガポールはどうなのでしょうか。

「シンガポールでは、2%から22%の累進税率であり、課税所得が2万 SGD(1SGD=80円前後で円換算で約1600万円)以下の場合には所得税は課税されず、課税所得が32万 SGD(1SGD=80円前後で円換算で約2560万円)を超える部分について、最高税率である22%が適用されます。
シンガポールでは、個人住民税はかかりません」

税金を比較すると

両方を比較するとどうなるのでしょうか。

「例えば、課税所得4000万円の場合、日本では、所得税が4000万円×45%-479万6000円+住民税4000万円×10%+5000円=1720万9000円となります。

シンガポールの場合は、4000万円は50万シンガポールドルのため、(50万 SGD-32万 SGD)×22%(32万 SDGを超えた分の税額)+4万4550 SGD(32万 SGDまでの税額)=8万4150 SGD(=673万2000円)となります。

4000万円の課税所得の場合、日本での税金が1720万9000円、シンガポールでは673万2000円と日本がシンガポールの2.55倍税金がかかるので、中田さんはシンガポール移住により、巨額の税金を節税できることがわかります」

ネットの声

「いざとなった時に日本国を頼らない覚悟とか持たれてるなら、立派だと思います。
ただ姑息なのは、別に世の中のためという目的でないでしょうに、命を賭けた明治維新の立役者の話と混同させて「愛国者」なんて言い出すこと。
はっきり法的に問題ない、自分の幸福追及のためと言った方がまだ理解できる。
YouTubeでの手口と一緒ですり替えや誤魔化しの人だなと思います。」

「>「日本人は日本人としかしゃべらない。もっと外に学びに行く人間が本当の愛国者。明治で日本を変えた人は、外に出て、勉強して帰ってきた」と意気込みを語った。
日本でしか知名度が無くて、日本人相手に日本人向けのYouTuberとして稼いでるくせに日本の税制に不満持ってシンガポール移住というのが笑える」

「単純に軽課税国に逃れるのが目的でしょ。日本より税金高かったら絶対行かないでしょうし。教育うんたらというのは本当の目的を隠すための常套手段。」

YouTubeでの配信も信憑性が問われていますね。

おすすめの記事