日本の水の多くは軟水だけど硬水って何?

硬水と軟水はどう違う?ミネラルウォーターの選び方

身体の大部分を占める水。

健康や美容のためにも、こまめな水分補給が大切です。

私たちが普段口にする水は、大きく「硬水」と「軟水」の2種類に分けられますが、その違いをご存知でしょうか。

それぞれの特徴やメリット・デメリット、適した使い方についてご紹介します。

硬水と軟水の違いとは

硬水と軟水は「硬度」によって分類されます。

硬度とは、水1リットル中に含まれるカルシウムやマグネシウムの量です。

簡単にいうと、カルシウム・マグネシウム濃度が比較的高いものを硬水、低いものを軟水と呼びます。

天然水に含まれるミネラル成分は、いくつもの地層を通過する過程で、時間をかけて岩石から抽出されたものです。

そのため、水を採取した場所によって含まれるミネラルの種類や含有量が異なります。

日本の水道水やミネラルウォーターのほとんどが軟水です。

一方、北アメリカやヨーロッパでは地形の違いから硬水が多く存在します。

・WHOによる基準値(1リットル中のミネラル量)
軟水・・・120mg以下
硬水・・・120mg以上

・日本における基準値
軟水・・・100mg以下
中硬水・・・100mg~300mg未満
硬水・・・300mg以上

硬水のメリット・デメリット

硬度の高い水は不足しがちなミネラルを補うのに役立ちます。

口当たりが重たく、独特の苦味や風味を感じるのが特徴です。

硬水のメリット

・便秘解消に役立つ
マグネシウムは下剤にも使用されている成分です。
マグネシウムを多く含む硬水は、胃腸に刺激を与えて便通を良くする効果が期待できます。

・動脈硬化を予防する
カルシウムやマグネシウムを多く含む硬水は、血液をサラサラにして、動脈硬化が引き起こす脳梗塞や心筋梗塞といった病気を予防するといわれています。

・肉の煮込み料理に適している
硬水に含まれるカルシウムには、肉を硬くさせる成分と結合してアクとして排出させる作用があります。
硬い肉を柔らかくして臭みをとる効果があるので、ビーフシチューやテールスープなどの肉を使った煮込み料理に適しています。

硬水のデメリット

・お腹がゆるくなる
ミネラルの刺激でお腹がゆるくなる可能性があります。胃腸が弱い人は注意しましょう。

・素材の味を生かしたい料理には不向き
硬水はクセが強く、アクを引き出しやすい性質があるため、和食のように素材本来の味を生かしたい料理や、うま味を味わう日本茶には向いていません。

軟水のメリット・デメリット

軟水は古くから日本人に親しまれてきました。

さっぱりとしてクセがなく、まろやかな口当たりが特徴です。

軟水のメリット

・身体への負担が少ない
胃腸への負担が少なく、体内にゆっくり吸収されるので、赤ちゃんや小さなお子さんにも安心して飲ませることができます。

・日本料理と相性が良い
軟水はクセがなくまろやかな風味で、素材の味を大切にする日本料理と好相性です。
出汁をとったり、日本茶を入れたりするのにも向いています。

・肌への刺激が少ない
硬水に比べると刺激が少ないため、敏感肌の人の洗顔や入浴におすすめです。
石けんの泡立ちも良く、汚れがきれいに落ちます。

軟水のデメリット

・ミネラル補給は期待できない
硬水に比べてカルシウムやマグネシウムの含有量が少なく、ミネラル補給はあまり期待できないでしょう。

軟水・硬水にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

それぞれの特徴を理解して、上手に使い分けましょう。

おすすめの記事