愛川欽也(故人)と楠田枝里子の名司会コンビが懐かしい「なるほど!ザ・ワールド」(フジテレビ系)。

言わずと知れた人気紀行クイズ番組で、1981年から96年までの足掛け16年も続いた番組です。

迫文代さんは、レギュラーリポーターのひとりでした。

カレー専門店「コペペ」を経営

「JR鎌倉駅を降りたら若宮大路を鶴岡八幡宮とは逆方向、海の方へ歩いて来てください。左手に野菜の即売所がありますから……」

神奈川県鎌倉市のカレー専門店「コペペ」に電話すると、おなじみの声が聞こえてきました。

迫さん、今は“ママさん”なのです。

歩くこと5分。店舗はオレンジ色の琉球瓦を葺いた南欧風の自宅2階にありました。

「オープンが2010年4月29日だから、ちょうど10周年になるんです」

案内されたのは奥のテーブル席。床暖房完備で靴を脱いで上がるため、友人宅へ訪れたかのようです。

「テレビ朝日に入社する前から漠然と、いずれカレー屋さんをって思ってたんです。で、07年に『FNNスーパーニュース』(フジテレビ系)のグルメ取材で訪れた銀座のバーのカレーライスがあまりにもおいしくてね。09年に離婚したことをきっかけに、半年ほどそこで修業させていただき、開店にこぎ着けました」

店内には海外取材の際に入手した各国の民芸品や木像、無造作にロケ時のアルバムが置かれています。

「ビーフカレー他、カレーは全部で5種類。小笠原産の無農薬栽培レモン100%ジュース(500円)も好評です」

特製ルーは、豚骨・鶏ガラ・香味野菜などを6時間煮込んだスープに数種類のスパイスを合わせて作り、さらに少し煮て一晩寝かせているということです。

ガツンとした辛さではなく、後でピリリと効いてくる辛さが特徴。

人気の「焼きチーズカレー」(写真=鎌倉野菜のサラダ付き1,000円)はバーナーで焦がしたチーズがのっており、混ぜ混ぜすると奥行きある風味を楽しめます。

「鎌倉は飲食店の激戦区。それで、営業前に駅のそばでチラシを配って、可能ならその場で予約を取っちゃう。長年のリポーター生活で培った度胸と愛嬌ね。フフフ」

部族の王様からプロポーズをされたことも

迫さんは長崎県佐世保市に6歳上の姉、3歳上の兄を持つ末っ子として1959年2月20日に生まれました。

そして、菓子メーカーの社員だった父親の転勤で小学1年の時に神奈川県へ。

テレビ朝日へ局アナとして入社したのは、日本女子大を卒業後の81年でした。

「同期は小宮悦子さん、廣瀬雅子さんらで最初はタモリさん、山城新伍さんが出演するバラエティー番組を担当しました」

その後、フリーになるや、物おじしない性格と体力、明るいキャラを買われてリポーターとして活躍。

そのひとつがフジテレビの「なるほど!ザ・ワールド」だったのです。

「レギュラーは3年半くらいでしたが、1年のうちの3分の2が海外ロケ。すごく楽しかったんだけど、『このままじゃあ、お嫁に行けなくなる』ってことで降板したんです」

印象的な場所といえば?

「ぜーんぶ!(笑い)。強いて挙げるなら、カメルーンの部族の王様に151番目の妻としてプロポーズされたこととか、ラオスで体長2センチのアリを食べたこと。ダカールで見た夕日も美しかったわ」

店名のコぺぺの由来は?

降板後、しばらくしてご縁があり結婚。

一人息子に恵まれ、子育てが一段落してリポーターに復帰した。都内から鎌倉に引っ越したのは01年だ。

「海が近く、歴史があって緑豊か。海外にも知名度が高い。それでいてJRで東京まで1時間弱ですから、住むには本当にいいところ」

もう1カ所、お気に入りの場所がある。毎年夏に1ヵ月滞在するためバンガローまで建てた小笠原諸島父島。

「店名の『コペペ』は父島コペペ海岸に由来してるんです。半年間住んでたこともあるし、もう60回以上行ってますよ」

離婚当時、中学3年生だった息子さんは大学を卒業して社会人に。

今は県外で働いているそうです。

]ŒË“Œ‹ž’¬•à‚«@Š™‘q
”—•¶‘コ‚ñ‚̃JƒŒ[ê–å“X@ƒRƒyƒy

「卒寿を過ぎた母の介護もあって、夏季休暇以外は毎日バタバタ追われてます。でもそれが健康の秘訣かもね」

話し上手。気がつくと2時間も経っていました。

ネットの反応

「1年の2/3が海外かー、まさにイモトの先駆者よな。レギュラーがたった3年半とは思わなかった。10年くらいやってたイメージ。」

「開店したばかりのころ、鎌倉野菜を使ったカレーを食べたとことがあります。美味しかったです。立地がいいとは言えないところに店はありましたが、10年も続いていてよかった、応援しています。」

「この時代のリポーターは個性があったね。迫さん、ひょうきん由美さんとか、菊田あや子だのなんだの、顔も覚えてるし、インパクトあった。今のグルメリポーターは上品すぎ。」

この人のレポーター時代を知ってる人は40台後半以降くらいですね。当時は芸人ではなく局アナが体当たりのレポートをしていました。

おすすめの記事