納豆の食べ方…ウソホント!栄養を壊さないために

納豆を「熱々のご飯」にかけていませんか? 

栄養を壊さないための4つのポイントとは。

納豆を熱々のご飯にかけたり、生卵の白身と一緒に食べたりすると、せっかくの栄養が損なわれてしまうんです。

今回は、納豆の栄養をしっかり摂るための「4つのポイント」を紹介します!

(1)熱々のご飯の上に納豆をのせて食べない

加熱すると、納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」が破壊されてしまいます。

ナットウキナーゼには、血液をサラサラにする大事な効果があります。

この効果を得るためには、ご飯と納豆を別々に分けた状態で食べるのがおすすめです。

(2)生卵の白身と一緒に納豆を食べない

納豆と生卵の白身は食べ合わせが悪い食材。

納豆に含まれる「ビオチン」には、皮膚や髪の毛を美しくする効果があります。

このビオチンの効果を妨げるのが、生卵の白身に含まれる「アビジン」。

卵と一緒に食べたいときには半熟卵にするなどして、白身を加熱した状態の卵を使うと◎です。

(3)タレを入れてから混ぜない

納豆を混ぜる前にタレを入れてしまうと、粘り気が少なくなります。

そうすると、多くの栄養素の効果を引き出しにくくしてしまうのです。

先に納豆を混ぜた状態でタレをかけるようにすると良いでしょう。

(4)冷蔵庫から出してすぐ食べない

冷蔵庫内で低温になった状態では、納豆菌は眠っています。

腸内を整えてくれる効果を発揮させるためには、20分ほど常温に放置してから食べると◎ですよ。

おすすめの記事