納豆の効果的な食べ方をおさらい…食べるなら朝より夜!?

納豆の効果的な食べ方は?おすすめの組み合わせ

朝食に欠かせないごはんのおともといえば、納豆。

納豆は、日本を代表する発酵食品のひとつです。

発酵食品は、健康効果が期待できることでも知られています。

そんな納豆のパワーを、食べ方でさらに高める方法があるらしいのです。

納豆の効果的な食べ方についてご紹介します。

発酵食品の基礎

そもそも、なぜ納豆が健康によいといわれるのでしょうか。

理由は、ふたつ。

ひとつは、三大栄養素がバランスよく含まれており、そのほか多くの栄養素がぎっしりつまった大豆が原料であること。

もうひとつに発酵食品であること。

発酵食品とは、微生物によって物質が変化し、人間に有益に作用する食品のことを指します。

日本の代表的な調味料、醤油や味噌も発酵食品のひとつです。

そのほか、キムチ、ぬか漬け、チーズ、ヨーグルト、パン、日本酒、ワインなどもそれにあたります。

発酵のメカニズム

では、発酵とはどういったものでしょうか。

発酵はおもに微生物が、食材のデンプンやタンパク質を分解し、アミノ酸や糖分など、身体に有益な新しい物質を作り出すことをいいます。

もともと食材にはなかった栄養素や旨味が生まれることで、美味しいと認識されるのです。

腐敗と混同する人がいますが、腐敗は人に有害な菌の繁殖を指すので、原理は同じでも発酵とは違うということを覚えておきましょう。

発酵食品の種類

発酵食品は、おもに3タイプの微生物が存在します。

ワインやパンに代表される酵母、鰹節や醤油に代表されるカビ、納豆やチーズに代表される細菌です。

単体ではなく、複合的に微生物が関わり合ってできる食品も存在します。

おのおの、整腸作用や免疫力の向上など、健康づくりに役立つ効果が期待されるのです。

納豆の栄養素

大豆の栄養

納豆の原料は、ご存知の通り、大豆です。

大豆に納豆菌を付着させ、温かな場所で寝かせ、発酵させることであの特有のネバネバが生み出されるのです。

そもそも大豆は、畑の肉との異名を持つほど、豊富に栄養が含まれた存在。

三大栄養素のみならず、ビタミンやカルシウム、ミネラル、食物繊維など、豊富な栄養素が含まれています。

納豆の栄養

とにかく栄養豊富な大豆を使用しているので、納豆の栄養はいわずもがなです。

発酵食品は製造過程で酵素が発生することも大きな特徴。

納豆の場合は、大豆のときにはなかったナットウキナーゼが発生します。

これはネバネバの中に含まれている成分で、血栓の溶解に効果が期待できるといわれています。

納豆の効果的な食べ方実例

熱に注意

ナットウキナーゼは、熱に弱い性質。

熱々のごはんに乗せる、チャーハンにするなど、熱を通してしまうと効果は半減。

また、豊富に含まれているビタミン類も熱に弱いので、冷たいごはんとまでは言いませんが、炊きたてでないごはんで食べる方が健康的にはよいでしょう。

夜に食べるのがおすすめ

ナットウキナーゼの効果は、約12時間といわれています。

同時に、心筋梗塞など血栓に関する病は、夜中から明け方に多いので、夜に食べるとよいでしょう。

ただ、納豆はプリン体が比較的多い食材なので、食べ過ぎは禁物。

1日1パックで十分です。

+キムチで相乗効果

キムチは、植物性乳酸菌を多く含む食品。

ヨーグルトなどの動物性乳酸菌に比べ、腸まで届きやすいといわれており、納豆と食べるとさらなる整腸効果が期待できます。

さらに腸のぜんどう運動を促すオレイン酸を多く含むオリーブオイルをプラスすると、

便秘解消に効果が期待できるメニューに。

DSC_0053

そのほか、植物性の乳酸菌を含む、ぬか漬けや野沢菜でも同じ効果が期待できます。

納豆は、大豆の豊富な栄養を手軽に取り入れることのできる食品。

発酵食品なので、酵素もたっぷり入っています。

納豆の栄養を余すことなく摂取するためには、やや冷めたごはんで夜に、そしてキムチやオリーブオイルと一緒に食べるのが理想的。

ただ、何より大切なことは美味しく食べること。

あまり偏り過ぎず、上手に取り入れるようにしましょう。

おすすめの記事