熱中症には水分補給が大事というのは誰もが知っていることです。

しかし、その前に熱中症にならないための予防が大切です。

熱中症にならないために

熱中症にならないためにはどのように水分補給をしたらいいのかが大事です。

それには、ただ水分補給をしているだけでは、逆効果になることもあるのです。

個々で、熱中症になる原因を考えてみましょう。

熱中症になってしまうのは、体内の水分の不足もあるのですが、汗と一緒に体外に排出されてしまう、塩分やミネラルの不足が大きな要因となるのです。

当然、水分補給のみをしていたのでは、塩分やミネラルの不足を補うことはできません。

さらに水分を補給するだけでは、塩分やミネラルの濃度を下げてしまうことにもなるのです。

ここで、体の正常な働きとして、塩分の濃度を保つために、尿として排出してしまいます。

こうなると、喉の渇きが取れても、体の中は慢性的な水分不足になってしまうのです。


ここでは、熱中症にならないために、有効な水分の取り方を紹介します。

ドリンクランキングは、熱中症の予防に参考になりますよ。

熱中症になったらどのような飲み物を摂取するべき?

熱中症にならないためには、塩分やミネラルを含む飲み物が有効です。

市販のドリンク剤もありますが、熱中症対策のために手作りのドリンク剤を用意する人もいます。

手軽なのは、スポーツドリンクです。

これは、汗をかいたときのために、塩分を速やかに補充するためのものですから、熱中症対策にも大変有効なのです。

スポーツドリンクには、ナトリウムやカリウムなどの他に、糖質が含まれています。

この糖質はミネラルの吸収を促してくれます。

さらに、水分の吸収もしてくれるので一挙両得の効果があるのです。

市販のスポーツドリンクは飲みやすさや嗜好などを考慮して、糖分が多めになっている場合が多いです。

そのため、糖分や塩分が控えめな、経口補水液などがオススメです。

食塩とブドウ糖を水に溶かしたもので、病院でも脱水症状の治療に使われるものです。

経口補水液は、薬局やドラッグストアなどで、手軽に手に入ります。

味がないので、水と同様に素っ気なく感じますが、熱中症の予防にはこれ以上ない飲み物ですから、夏場の暑い時期にはストックしておいたほうがいいです。

効果的な飲み方としては、暑い夏ですから、キンキンに冷えた飲み物がおいしそうですが、冷たい飲み物は胃に大きな負担がかかります。


胃腸が冷えて、食欲不振、さらには体調不良を招くことがあります。

人肌・・とは言いませんが、8度から13度程度が一番吸収が良いとされています。

常温よりも少し冷えた程度が一番でがぶ飲みはしないで、適量を飲むようにします。

塩分は胃の負担も考えて当然ですが、薄めが良いです。

また、熱中症対策として有効なのは、喉が渇く前に水分補給をすることです。

2010年にタレントの所ジョージが畑仕事中に熱中症で倒れました。

草刈りに夢中になって、20分から30分が経過した頃に、喉が渇いて、「そろそろ水を飲まなければ・・」と思ったそうです。

熱中症になる直前、あるいは初期の段階では、必ず、「かくれ熱中症」の段階があります。

これは、手が冷たくなってくる、舌の表面がざらざらしてくる・・などです。

夏の暑い盛りにちょっとした体の異変を感じたらすぐに休むようにします。

もっとも、自分でもやりすぎと思えるくらいのコマメな水分補給なのです。

NHKの防災サイトで、熱中症対策のコーナーがあります。

これはとても参考になるので、一読してみてください。

熱中症予防対策のドリンクランキング

言い古された言葉ですが、熱中症の予防にはコマメな水分補給が欠かせません。

ただし、汗を大量にかいたときなどは、普通の水分補給ではたりません。

むしろ、水道水などでは、体内の塩分濃度を下げてしまうので、熱中症を助長することにもなりかねないのです。

ここでは、熱中症の予防に適した飲み物を紹介します。

OS-1

OS-1は所ジョージのCMでおなじみの経口補水液です。

所ジョージ自身も熱中症で倒れた経験がありますから、経口補水液のCMに出るのも、その経験があってのことだと思います。

このOS-1の優れているところは、病院の血液点滴と同じ成分で作られていることです。

病院で点滴治療するのと、同じような効果があるということですから、人気が出るのもわかるというものです。

点滴というのは、吸収力が段違いに優れています。

通常の水分補給とは違って胃の粘膜から素早く吸収するので、即効性という面で優れているのです。

熱中症対策にもってこいのスピード感ということです。

公式サイトはこちらですよ

スポーツドリンク

熱中症対策にスポーツドリンクは欠かせません。

その名前の通り、スポーツをして汗を大量にかく人には欠かせない飲み物がスポーツドリンクなのです。

もっとも、気をつけなくてはいけないのが、飲み過ぎです。

普段、汗をかかないのに飲んでしまうとカロリー過多になってしまいます。

また、糖分などが多めですから、スポーツ時に飲むのも飲みやすいからといってがぶ飲みしないように気をつけなくてはいけません。

スポーツドリンクはコンビニなどで、手軽に手に入るのがメリットですね。

アクアライトORS

外出後や汗をかいた後などにオススメなのが、アクアライトORSです。

水分や電解質の補給に適したイオン飲料で、酸味を抑えたリンゴ風味が特徴です。

薬局などに置かれていることが多いです。

公式サイトはこちらです。

牛乳

意外に思うかもしれませんが、牛乳は熱中症の予防に効果がある飲み物です。

もっとも、熱中症の治療としての効果はありませんから、そこは注意してください。

牛乳は、ミネラルやビタミン、鉄分などが豊富に含まれています。

また、タンパク質やカルシウムもバランス良く含まれているので栄養を摂るための水分補給として、熱中症の予防に効果があるのです。

牛乳は待ちのあちこちで売られているので、手軽に手に入れる飲料としては最適なものです。

手作り

マラソン選手などは、レース中にスペシャルドリンクを補給所に用意しています。

門外不出の製法ということで、それには劣るかもしれませんが、自分専用の手作りスペシャルドリンクを作ってみましょう。

とは言っても、経口補水液ですから、レシピは簡単です。

材料は以下です。

水:500cc
砂糖:20g
塩:1.5g

これを混ぜるだけです。

味があったほうがいいのであれば、レモンを入れるといいでしょう。

塩分と糖質を効果的に簡単に摂る方法です。

経口補水液も遠からず同じ成分ですので、これで十分に熱中症の予防になります。

ネットの声

「今日の午後、近所へ買い物に出かけたらものすごく暑くて。帰宅後にすぐ飲み物を飲まずに食材の片づけをしていたら頭が痛くなってしまって、まずい熱中症危険危険、と慌てて飲み物を飲んだけど、2時間経っても頭痛が取れません」

「水分を補給していても熱中症はおこる。塩分やミネラルを補給してくれる飲み物や飴・タブレットを買い置きしておこう。」

「飲み物は大事。ただかさばるので自分はこまめに500mlのボトルを買う。重要なのは、飲み物がなくなって炎天下で熱中症...にならないこと。薬局やスーパーはコンビニより一般に安く買えるのでいいですよね。」

かさばるけどペットボトル一本持っておくと、これほど心強いことはありません。

おすすめの記事