猫に絶対与えてはいけない『果物』4選!愛猫が亡くなってしまう可能性も…?

1. ぶどう

詳しい原因は分かっていないのですが、猫がぶどうを食べると中毒症状を起こして急性腎不全になる可能性があります。

どの成分がいけないのかはまだ不明。

有害性があることが認められています。

猫によって重症になってしまう場合があることと、果肉よりも皮の方が中毒になりやすいです。

ぶどうを使った食品も食べさせない方が良いでしょう。

間違って猫の口に入ってしまわないよう注意が必要です。

2. イチジク

イチジクは猫に与えると口内の炎症や嘔吐を引き起こすことがあります。

「フィカイン」や「フラノクマリン」という成分が中毒症状を起こしてしまうのです。

フィカインは酵素の1つですが、猫の細胞にあるDNAを傷つけてしまう可能性があります。

フラノクマリンはイチジクに触れた後に日光に当たるとかぶれてしまうことがあるので、

猫をイチジクに近づけるのは避けた方がよいでしょう。

万が一体内に入ってしまった場合は、早めに動物病院に連れていくなどして対処しましょう。

命に関わることは稀ですが、中毒症状は起きる可能性があります。

イチジクのジャムや乾燥イチジクなどがありますが、どれも与えてはいけません。

そこまで猫の関心を引く果物ではないでしょうが、誤食しないように注意しましょう。

3. あんず

まだ熟していないあんずの果実や種には「アミグダリン」という成分が含まれています。

食べると体の中で青酸に変化してしまうのです。

すると呼吸困難や痙攣、中には死亡してしまうケースもあります。

猫だけでなく飼い主さんも危険です。

未成熟なあんずを店頭で見かけることは少ないかもしれませんが、

もしあんず酒作りなどで手に入れた場合は十分に注意しましょう。

余談ですが、お酒やジャムなどに加工すると毒性はなくなります。

ですが、アルコールや砂糖は猫の体に有害ですので、たとえ無毒になったとしても決して与えないでください。

4. 柑橘系

酸味がさっぱり感をもたらしてくれる柑橘系の果物。

みかん、グレープフルーツ、レモンなどが挙げられます。

これらの皮などに多く含まれる「リモネン」「ソラレン」という成分が猫にとっては良くないのです。

リモネンは香り成分なので、アロマオイルや香料として使われています。

も猫はうまく分解ができないので中毒症状が起きてしまうことがあるのです。

ソラレンも猫が摂取すると良くありません。

どちらも共に下痢や嘔吐、手足の震え、皮膚の炎症などが起きる可能性があります。

そもそも猫は柑橘系の匂いがキライなので、近くにあるだけでどこかへ行ってしまうでしょう。

万が一にも口に入ってしまわないよう、十分注意してあげてください。

飼い主さんにとっては身近な果物も、猫にとっては有害なものがあるのです。欲しがるそぶりを見せても、与える前に害がないかしっかりと確認しましょう。

基本的に果物は猫に与えなくても問題のない食べ物です。

ですから、判断に困る場合は与えない方がよいでしょう。

おすすめの記事