年金を担保にお金を借りられる 年利2.8%で平均借入額は51万円。

「急な入院でまとまったお金が必要になった」

「自宅を建てて40年。住宅ローンが終わった途端、家中の設備が壊れ始めた」

年金担保貸付

現役世代と同様、年金受給世代も、急な出費で頭を抱えることは多くなっています。

しかし、利用できる融資制度は少なく、年齢制限が比較的緩い銀行などのカードローンが見つかっても、

貸付利率が高く、年利14%を超えることもザラなのです。

しかし、年金受給者だからこそ特別に利用できる融資制度があります。

それが、「年金担保貸付」です(年金担保融資ともいいます)。

これは、独立行政法人福祉医療機構(以下、WAM)の代理店が窓口となり、年金を担保にして融資を受けられる制度。

貸付の上限額は一部のケースを除いて200万円です。

融資利率は年利2.8%(労災年金担保貸付の場合は、2.1%)。

銀行のカードローンなどと比べると、条件はかなりいいといえるでしょう。

「返済は、年金から天引きされるため、返済期日にお金がないと慌てる必要がありません。いざというときのために、知っておいて損はない制度だといえるでしょう」(社会保険労務士の井戸美枝さん)

公的年金が担保

担保の対象となる年金は、国民年金、厚生年金などの公的年金のみ。

国民年金基金や確定拠出年金などの私的年金は含まれません。

「年金担保貸付は、年金受給者の借り入れ問題から生まれた制度です。銀行から融資を受けられなかった高齢者が、消費者金融などから借金をしてしまい、通帳や印鑑を取り上げられるケースが多発しました。そういった被害を防ぐため、昭和50年に設立され、現在では年間7万人ほどが利用しています」(WAMの年金貸付担当者)

返済期間は2年6か月以内。

月々の返済額は、年金受給額の3分の1が上限とされており、1回の借り入れ額の平均は51万円ほどだということです。

「申し込みには連帯保証人が必要で、返済中に亡くなった場合は、不足分を連帯保証人が払う必要があります。家族に迷惑をかけたくない場合は、信用保証機関による保証制度を利用することもでき、その場合は死後の支払いが不要になりますが、年率2.76%が基本利率に上乗せされます」(前出・年金貸付担当者)

注意点としては、利用の目的が「保健・医療」「介護・福祉」「住宅改修等」「教育」「冠婚葬祭」「事業維持」「債務等の一括整理」「生活必需物品の購入」に限られること。

普段の食費、衣類購入費などの生活維持費や、家族旅行などのために借りることはできません。

生活必需品の購入のために

利用者の資金の使い道の中でいちばん多いのが、電化製品や家具、自動車など、生活必需物品の購入だそう。

「夏場にエアコンが壊れたのに、購入代が貯まるまでがまんしていると、体調を崩して医療費がかさむなど、結果的にマイナスになる恐れがある。そういったケースでは利用してよいと思います」(ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さん)

借り入れ後に収入を予定している場合も、使いどころです。

「自宅を売って介護施設に入る際、入居にかかる費用が一時的に足りない場合などです。自宅の売却後に売却益で返済する予定なら、一時的に借り入れても、差支えはありません。自宅をバリアフリーにリフォームする場合なども、施工後に介護保険で費用が補填されるので、賢い使い方といえます」(前出・風呂内さん)

上手に利用したい年金担保貸付ですが、実は2022年3月末で受け付けを終了する予定となっています。

理由は、返済に苦労する人が多かったことや、複数回利用して“依存”する人などが続出したためです。

年金生活における資金繰りは、慎重に行うべきですね。

ネットの声

「年金担保を年金の前借りと考えてる人が多く、返し終わったら、資金使途もなく、借りるだけ借りるという人が多いです。急な出費に対する借入が難しいのは理解できますが、年金はあくまで生活資金ですので、廃止となるべきだと思います。」

「年金担保融資は令和4年3月末で廃止される。年金担保融資を受けてから、生活保護申請に来る悪用が絶えない。」

「タコが足を食ってるようなもんか。ここまで来たらおしまい」

老後の生活のためですから、年金でお金を借りることのないようにしたいものです。

おすすめの記事