ガソリン車より価格高いハイブリッド車で元は取れる? 災害時に有効な面も エコだけじゃない魅力。

最近、販売される新型モデルの多くにはガソリン車とハイブリッド車が設定され、一般的にガソリン車とハイブリッド車では同等装備を搭載するグレードで約50万円から約100万円の金額差が存在します。

ガソリン車とハイブリッド車の販売比率では、ハイブリッド車のほうが多いこともあるといいます。なぜ、価格が高いハイブリッド車が売れているのでしょうか。

ハイブリッドの魅力は「数字」だけじゃない!

ホンダによると、2020年上半期(1月から6月)の同社ハイブリッド車(登録車)のうち57%がハイブリッド車だったと明かしています。

2020年2月に発売した新型「フィット」では65%をハイブリッド車が占め、人気SUV「ヴェゼル」でも新型フィット同様に65%のユーザーがハイブリッド車を選んでいるのです。

新型フィットのガソリン車はエントリーグレード「BASIC」が155万7600円に対して、ハイブリッド車のエントリーグレード「e:HEV BASIC」199万7600円となり、44万円の差が存在しました。

しかし、いかに燃費の良いハイブリッド車といえども燃費性能だけで元を取ることは難しいといわれています。

カタログ燃費(WLTCモード)は、BASIC(2WD)が20.4km/Lで、e:HEV BASICが29.4km/Lとハイブリッド車のほうが優れていますが、

44万円の差額を埋めるためにはガソリン価格を120円/Lとしたときに、単純計算で約3万3003km以上走ることが必要となります。

仮に3年で元を取ろうとすると、月間約917km以上もガソリン車よりも走行しなければなりません。

一般的に月間1000km走れば多いほうとされることを考えると、多くのユーザーにとってこの数字は簡単ではないでしょう。

つまり、ハイブリッド車を選ぶことで、ガソリン車に比べてコスパが良くなるとは必ずしもいえないのです。

 

利便性を追求

ホンダの販売店スタッフは以下のように話しています。

「当店ではフィットの販売台数のうち6割近くがハイブリッド車です。ハイブリッド車を購入されるお客さまは、商談時にすでにハイブリッド車の購入を決心されていることが多いです。
低燃費でエコというのが、一般的に認識されているハイブリッド車の強みですが、走行距離を稼いで車両価格の元を取ろうとする人はほとんどいらっしゃいません。
むしろ、ハイブリッド車を購入されるお客さまは、ハイブリッド特有のスムーズな走りや、燃費が良いことでの給油回数が減ることに好感を持たれています。
また、近年ではエコカーが主流になっていることから、せっかく乗り換えるならと、イメージ先行でハイブリッド車を検討されるお客さまもいらっしゃいます」

エコがすべてじゃない! トヨタのハイブリッド車は災害時も安心!?

新型フィットの競合車とされているトヨタ新型「ヤリス」ではどうでしょうか。

新型ヤリスは、新型フィットと同じ2020年2月に発売されています。

なお、新型ヤリスの「HYBRID X」はWLTCモードで世界トップクラスとなる36.0km/Lを記録。ガソリン車の走りを重視したパッケージとともに、ハイブリッド車の低燃費も大きな注目を集めました。

最近のトヨタのハイブリッド車には外部給電機能を備えたモデルが多い。

ヤリスやフィットはコンパクトカーというジャンルに属し、このクラスは普段遣いの通勤・通学や買い物として使用する用途が多く、

その分日々の燃費を気にするユーザーがターゲットになるため経済性を求める人が多くなります。

そのなかで、世界トップクラスの低燃費を誇るヤリスについて、トヨタの販売店スタッフは以下のように話しています。

「ヤリスは、ガソリン車よりもやはりハイブリッド車のほうが人気です。さらに、ほかのモデルにおいても、もはや主流はハイブリッド車といっても過言ではありません。ハイブリッド車を選んだお客さまからの反響でよく聞くのは、給油の回数が減ったことについてです。
これは単に手間が減るというだけではありません。例えば、災害時などでガソリンスタンドがこれまで通り利用できなくなっても、燃費の良いクルマなら、ガソリンスタンドの利用が少なくてもすむというメリットにもつながります。
実際に、震災発生時に燃料がなくて避難にクルマを使えなかったといったケースを耳にしたことがありますが、災害時の自動車利用は想定通りにいかないことも多いのです。
また、最近のハイブリッド車にはAC100・1500wのコンセントを設定しているモデルが多く、アウトドアや災害時などではクルマから電源を取ることが可能なのも、昨今の事情により支持されている要因かもしれません」

ネットの声

「ハイブリッドのバッテリーが、ダメになると高額!
昨年、我が家のアルファードがバッテリーシステムチェックの警告灯がトヨタに行くとハイブリッドのバッテリーがダメと、、、見積もり金額38万円でした(T_T)
まだ、8万キロでしたが、バッテリーを交換しました。次はガソリン車にしようと決意した時でした」

「元をとるのは一般的な走行では無理。タクシーくらいの走行距離がないと。
それと長く乗れば維持費が逆転する可能性があるし、電源なら発電機を買えば?
自分は車重が増して部品点数も多いHVに魅力は感じない。」

「ハイブリッドの利点は燃費だけじゃないんですがね。航続可能距離が長くなるので遠出の時も安心。
給油回数が減るのでガソリンスタンドの手間が減る。静かに走れるので深夜に帰宅しても周りの迷惑にならない。
モーターによる滑らかな加速感が得られる。アイドルストップしても冷房が止まらない(トヨタ・ホンダHV)。
こういった付加価値を含めてどちらを選ぶか、ということです」

ハイブリッド車を選ぶ理由には、単純に低燃費や給油回数の減少という経済性という部分だけではありません。

昨今のアウトドアブームの高まりや地震や豪雨などによる災害時の安心感という面で幅広いユーザーから支持されていることがわかります。

おすすめの記事