落語家の三遊亭小遊三が7日放送の日本テレビ「笑点」(日曜後5・30)にリモート出演。

自由奔放な立ち回りで笑いを誘う場面がありました。

練馬のシンデレラ登場

2回目のリモート大喜利となった今回。

「リモート大喜利のいいところは?」というお題で、三遊亭好楽は

「行く時の電車賃がいらない。もっといいところは、帰りの電車賃もいらない」。

小遊三は「近くにトイレがある。もっといいのは『ちょっと行ってくる』」とそのままトイレに直行。

あまりのことにメンバーも大笑いでした。

また「オンライン飲み会」を模して近況報告というお題で、三遊亭円楽は

「お客様の前で落語がやりたい」とポツリ。

「俺からこう言うんだ『待ってました!』って。こちらから言いたいよ」と高座への思いを語っていました。

ここで小遊三がまたしても“暴走”。

「俺ね、毎日毎日カミさんと顔を合わせて飲んでる」と答え「それじゃ“練馬のシンデレラ”を紹介しよう」とドアを開けると…。

愛猫を抱えた夫人が登場。

まさかの登場にメンバーたちも興味津々。

司会の春風亭昇太は「シンデレラに1枚あげて!」と粋に返し、笑いを誘っていました。

座布団運び山田隆夫に戦力外通告?

座布団運びの山田隆夫が大喜利コーナーのリモート化に伴い、4週連続で番組を欠席しました。

司会を務める春風亭昇太も

「今週も座布団の運びようがないものですから、山田さんはお休みですー。山田さん、元気ー、もじゃもじゃしてるー?」と紹介するだけで、

レギュラー6人が出演するモニターの脇に置かれた等身大のパネルには「お休み中」と今回も掲げられました。

心配の声も

大喜利中は過去3週と同様にアニメ化されて登場したものの、

扱いが週を重ねるごとにぞんざいになっていくとみられているのか、

ツイッターにも

「山田隆夫さんの戦力外通告感が益々強くなってる」
「今週も不要不急の座布団運び」
「山田隆夫さんが切り捨てられて序盤に一言触れられるだけで粛々と進んでいく―」

など今後の出演機会があるのか心配する投稿が数多く寄せられていました。

ネットの声

「リモート大喜利を今日初めて見ました。当然お客さんの笑い声がないのでそれは寂しいけど、小遊三師匠のネタも面白かったし、他の笑点メンバーの素顔見られたのが良かったです。最後のたい平師匠のクラリネットの演奏は爆笑ものでしょう。」

「リモートのいいところは、芸能人の素っぽい部分がチラ見えするのがおもしろいですね。」

「田くんだけスタジオからのリモートで座布団運んでたら良かったのに。お師匠さん方のリモート映像を座布団に合わせて高くしたり低くしたり…技術的な事はあまり分からないけどできそうな気もする…」

リモートでも面白い大喜利でした。

しっかり笑いを取るのはさすがです。

山田隆夫はスタジオに呼んでもよかったのでは?なんて思いましたけどね。

練馬のシンデレラはとても上品そうな夫人でした。

夫人がネコを抱いていましたが、今年初めに小遊三がネコを助けて足を骨折しています。そのときの愛猫かも??

おすすめの記事