大手スーパーでのネットスーパーサービスが開始されてから既に10年以上。

買い物時間が激減したという人も少なくないでしょう。

ネットスーパーは利用している人にとってはなくてはならない存在である一方、「利用したことがない」という人もまだまだ多くいるのが現状です。

そもそもネットスーパーとは?

ネットスーパーは正式な言葉の定義がされているわけではありませんが、一般的には、近くの実店舗へインターネットで注文をし、その店から配達してもらうというサービスになります。

近くのスーパーから届くので生鮮食料品はもちろん、冷凍食品やアイスクリーム、お店によってはお惣菜やお弁当、寿司などもネットスーパーで購入することが可能。

各店舗ごとに対象エリアが決まっているので、ネットスーパーを利用するためには自分が対象エリアに住んでいることが絶対条件になります。

発注してから商品が届けられるまで通常時期であれば最短で3時間というところも多く、翌日分までの受付というところが一般的です。

ネットスーパーって高くない? 送料は?

ネットスーパーで売られているものの価格は、基本的には実店舗と同じです。

チラシに掲載されている特売品も、基本的にはネットスーパーでも購入でき、また実店舗と同じように特定日や特定曜日の割引やポイント倍付などもあります。

ただし、実店舗に並んでいる商品全てがネットスーパーで買えるわけではありません。

チラシに掲載された商品も買えない場合もあるのです。

例えば、肉類など実店舗に行けばブロック肉はあるけれど、ネットスーパーには薄切り肉しかないとか。

実店舗ではグラム単価の安いものもあるけれど、ネットスーパーには高いものしか並んでいないという店舗も見かけます。

送料は一定金額以上の商品購入で無料になるところと、購入金額に関わらず送料300円(税抜き)かかるというネットスーパーもあります。

ネットスーパーの受け取り方は?

商品の受け取り時間は、2~3時間ごとの枠が設定されていて、注文の際に希望する時間帯を選びます。

その時間帯に商品が家に届けられるので、在宅して受け取ります。

イオンネットスーパーの一部店舗では「置き楽」というサービスがあります。

専用のボックスに入れて玄関前に置いてくれるので、在宅の必要はありません。
(1回配送当たり税込110円が送料とは別に必要。オートロックのマンションなどは利用できません)

また、店舗での受け取りサービスもあるので、事前に注文して後は取りにいくだけというのもいいですね。

ネットスーパーの利点

ネットスーパーの利点は以下の通りです。

  • お店の営業時間を気にせず自分の好きなタイミング、好きな場所で買い物できる
  • 重たいもの、かさばるものも玄関まで届けてくれる
  • 家の在庫を確認しながら買い物することもできるので、ダブリ買いの無駄が減る
  • 自分のリストを作ることができる。買う頻度別のリストなどカスタマイズも可能

ネットスーパーの欠点

時間帯ごとに利用できる人数に制限があります。

通常であれば「今日注文して今日届く」というシステムでも、悪天候の日や外出自粛を要請されている現在は利用者が激増。

注文できない日もあるようです。

商品がカテゴリー分けされているため、見つけづらかったり、検索でうまく調べられないこともあります

上手にネットスーパーを利用するには

外出自粛が要請されている現在、ネットスーパーの利用者は増えています。

それによって、通常時期よりも早く受付終了となってしまう日が多くあります。

このような中でネットスーパーを上手に利用するためには、毎日の受付開始時間を確認することが大切。

早めに注文をしたり、生鮮食料品以外の飲料や調味料などはAmazonや楽天のような他のネットショップで購入するなど使い分けをするのも一つの方法です。

国内の代表的なネットスーパー

  • イトーヨーカドーネットスーパー
  • イオンネットスーパー
  • 楽天西友ネットスーパー


このほか、ネットスーパーには地域密着型の地元スーパーが運営しているところもあります。

電話やFAXで注文を受けているところもあるので、ネットに不慣れな高齢者に便利です。

慣れるまでは買い物に時間がかかってしまうかもしれません。

そこは工夫で、マイリストを作ったり、どのカテゴリーに何があるか把握できるようになれば、あっという間に買い物完了。

ライフスタイルが大きく変わるネットスーパー。

まだ経験されていない人は、この機会に挑戦してみてはいかがでしょうか。

ネットの反応

「生協でやっている「共同購入」のようなシステムもあっていい。特にコロナでネットスーパーや通販の配達には過重な負担がかかるようになった。3密防止と配送負担の緩和で、ここで折り合うことができればいい。」

「先月まで利用していました。たまに食べたくなるお惣菜、水やお茶をまとめて買う時、自分や子どもが病気の時など、この10年色々と助けていただきました。今月は繋がらなくなったので利用できていません。こういう時期こそ使いたかったです。」

「ここ3週間ほど、いつアクセスしても配送不可になってて使えません。コロナウイルス感染が広がってから、実店舗には『ネットスーパー新規会員募集!』と沢山掲げられていますが、残念ながら使えません。状況的には仕方ないと諦めています。ヨシケイは変わらず毎日配送してくれて助かっています。調味料や牛乳、お米などヨシケイ以外のものが買えないので、久しぶりに生協使ってみようかな・・・届けてくれるのかな?早くコロナウイルスが落ち着いてくれるのを願って止みません。」

肝心なときに使えないという声も聞きます。この時期は大忙しで日本にはまだまだこれからという感じですね。

おすすめの記事