新型コロナウイルスの感染者が激増しているイタリア。

日本と同じように少子高齢化社会が進むこの国で、一体何が起きているのでしょうか。

イタリアでは3月12日現在、新型コロナウイルスによる感染者が1万2462人、死者は827人に上り、中国以外では最多の被害国となっています。

国内では全土での移動制限に続いて、薬局やスーパーマーケットなど生活必需品を扱う店以外の店舗を2週間にわたり、全面的に閉鎖することが発表されています。

首都・ローマにはさまざまな異変が

果たして、首都・ローマはどうなっているのでしょうか。

現地では不要の外出を控えるよう求められる中、スーパーには長蛇の列ができていました。

住民たちが何を買い求めているのか店内に入ると、トイレットペーパーが品薄になっていたほか、洗剤などの日用品も飛ぶように売れていたのです。

ローマで買い物客に話を聞いてみると…

ローマの買い物客:
小麦粉もなくなっていた。ミルクも少なくなっていたね。食料品がなくなると心配している人がいた

買い物客の行列は別の店でも。

こちらはよく見ると住民らが一定の間隔を空けているのが確認できるのですが、実は互いに1メートル以上離れなくてはならないルールとなっていたのです。

また別の店では、「店内には1回につき最大2名までお入りください。できればマスクの着用をお願いします」という張り紙をしているところも。

現地のツイッター上には「みんなパスタの買い占めに走っている」との投稿もあり、日本と同様の事態に悲鳴を挙げていました。

感染拡大はサッカー・セリエAの選手にまで

一方で、暴動騒ぎも発生。受刑者と家族の面会が禁止された刑務所では、家族を巻き込んだ暴動が起き、多数の死者が出る事態となっていました。

さらに、サッカー界でも新型コロナウイルスの感染者が出ています。

イタリア・セリエAのユベントスに所属するダニエレ・ルガーニ選手もその一人。

クリスティアーノ・ロナウド選手のチームメートでもあり、試合の際はロナウド選手と同じバスで移動していたとみられています。

クラブは接触のあった関係者に対し、必要な隔離措置を取っているとしているのですが…。

感染に歯止めがかからないウイルスの猛威に、市民からは心配の声が相次いでいます。

ローマ市民:
みんな心配しています。安心な人なんていません。誰に会っても怖いです

イタリアならではの3つの要因が影響か?

なぜイタリアで、これほど急激に感染が広がったのでしょうか。

感染症に詳しい、昭和大学医学部・二木芳人氏は3つの要因を指摘しています。

1つ目は、経済的な関係強化から中国からの観光客が急増したこと。

昭和大学医学部・二木芳人氏:
イタリアには観光客としても中国の人がたくさん来ていて、非常につながりが深いと言っていい。(観光客から感染を)持ち込まれるリスクは高かったと思います

2つ目は、医療スタッフ不足。

イタリアでは財政赤字削減のため、過去5年間で約760の医療機関が閉鎖したという。

3つ目は、イタリア人ならではの習慣の影響。

昭和大学医学部・二木芳人氏:
あいさつとしてキス・ハグ、抱き合ったりするので、そういうときに飛沫感染も含めて、接触感染で広がったという可能性は高いと思います

ネットの声

「14世紀ヨーロッパでペスト大流行の際、外国船を「40日間」沖合に係留し病原菌の進入を水際で阻止したのが当時のベネチア共和国。40日=Quarantine(検疫)の語源となった言葉です。先般、イタリアはクルーズ船の7000人に上る乗客を簡単に上陸させてしまいましたが、それよりも昨今のイタリアは中国からの移民、観光客が急増、特に北部地域や繊維産業が盛んなフィレンツェ近郊等に集中、中国との間で人の移動もかつてないほど頻繁化していることが今回のコロナ拡大の大きな要因であることは略間違いないと思われます。中国では「コロナ拡大を封じ込めることに成功した」との政府コメントが高らかに出されましたが、これだけ世界中に菌をばらまいた感染国からひとこと「お詫び」コメントがあってしかるべきではと憤りを感じています。自分で火をつけて、それを消火し自画自賛する「マッチポンプ」だね。」

「北海道もそうだが、旅行者に人気の地での感染が早かったし広がった。今はどう抑えるか。収まることを祈ります。」

「厳しい状況に震撼する。しかしコロナ克服に必ず役立つ情報が得られると思う。頑張ろうイタリア!頑張ろう人類!」

イタリアの医療崩壊は早い時期から指摘されています。欧州ではイタリアが感染源になってしまいました。

人の集まる観光地の宿命ですね。早く収束することを願うばかりです。

おすすめの記事