新型Zは「MT」が必要と宣言! そうはいっても日本は「AT」が大半だがアメリカや欧州の事情は?

「凄いですね、6速MTだ」。

9月16日にオンラインにて開催された、日産「フェアレディZプロトタイプ」の発表会。

タレントのクリス・ペプラー氏が、アメリカのZオーナーズクラブの代表者らと話しても、アメリカ現地から6速MTの話題が出たのです。

アメリカはどんなモデルでもATが好まれる

日本メディア向けのトークセッションでも、次期Z(Z35)の商品開発を取りまとめているチーフ・プロダクト・スペシャリストの田村宏志氏が、6速MTへの拘りを強調しました。

確かに、フェアレディZがこれまで歩んできた道のりを振り返ると、2020年代に入ったからといって

「シフトはパドルで」というATありきの決断はできなかったと思います。

無論、商品イメージだけではなく、ZについてはMT志向が根強くあるため、そうした実需に即した商品要項に6速MTがあったのでしょう。

たとえば、アメリカ人にとって70年代に衝撃的な出会いとなった初代S30以来、

「ZはMT」を貫いてきたZユーザーは多いのです。

その上で、Z32については、ATとのマッチングが良い商品イメージがあり、

また日産としてもそうした訴求活動を当時していたと記憶があり、ATユーザーが増えた印象があります。

それがZ33では、GTライクなどっしりとした走りを強調しながらも、6速MTでの走りの楽しさを追求しました。

途中の改良で、低速ギヤのシンクロ機能が向上したことで、乗りやすく・扱いやすくなったことを、つい先日の出来事のように思い出します。

さらに付け加えると、Zの主要販売国であるアメリカは、言わずと知れたAT車王国です。

ZでもATを好むユーザーも多いびです。

とくに、アメリカではクーペ、さらにコンバーティブルでは女性ユーザーの人気が高く、彼女たちの多くがATを選ぶ傾向があります。

欧州ではクルマのキャラクターを尊重する傾向にある

スポーツカーではアメリカと異なり、欧州は車両のキャラクターに合わせてMTを選ぶ傾向にあるようです。

スポーティなクーペは欲しいが「私、スティックシフトは苦手なのよ」という女性ユーザーが多いのも特徴。

アメリカでは、MTのシフトレバーに対して、スティック(棒形状の物体)と表現することがあります。

一方で、欧州各国ではスポーツカーに限らず一般的に、MTが多いとされてきた理由は、車両価格がATに比べて安いこと、

また燃費が良いこと、といった経済的な要因がおもな理由です。

その上で、スポーツカーのMTについては、それぞれのモデルの商品性によってMTユーザー率は変わる印象があります。

つまりアメリカに比べると、欧州各国ではモデル本来の在り方をしっかりと理解しようという気持ちが強いユーザーが多いのではないでしょうか。

中国もAT指向

そのほかでは、世界最大の自動車製造・販売国である中国の場合、

一般的にユーザーはいまだにアメリカ志向が強いため、スポーツモデルでもATを好むようです。

また、一部の熱狂的なクルマ好きがMTを選ぶという傾向があります。

ネットの声

「単純に速さを求めたら今は2ペダルになる。GT-Rはそうなった。MTは今やMT好きのため機械でしかないと思う。

ただ、Zは速さと同時に「Zであること」も求められる。だからこそのMTかな。それはそれでアリだと思う。」

「GT-RもNSXもATだけになった…せめてZだけはMTの設定を残して欲しいね。
かつてのGT-Rが『ATの設定なんか無い!』見たいな、硬派であって欲しい」

「高額でカッコよくて、スペック高くても本当に好きなユーザーを引き留めるのはMTだからって理由もあると思います。 人と唯一繋がることができる部分だし何より操っている感を与えることもスポーツカーの魅力。Zに限らず名がある車にはMTを存続させてほしい。」

MT仕様があるのはスポーツタイプのクルマにはアリでしょう。

おすすめの記事