NHK受信契約を断る最善の方法と言ってはいけないNGワード

NHKと受信契約を結ばず受信料を支払わないでいると、何度も繰り返し訪ねてくるのがNHK集金人と呼ばれる人たちです。

理由はなんであれNHKへ受信料を払いたくない人は、ここで受信契約を断ることになります。

しかし、そのときに彼らへうっかり言ってしまうと、のちのち大損になるNGワードがあるのです。

詳しく見ていきましょう。

NHKを見ないは断る理由にならない

NHKの受信契約を迫るNHK集金人が訪れた際に、断る理由として一番言ってはいけないNGワードが

「NHKのテレビ番組内容が気に入らない」というものです。

このように話してしまうと、

NHKのテレビ放送を見ていることを自ら表明したも同然で、受信契約を断る理由はないとみなされてしまいます。

次にまずいのが「NHKのテレビ番組は見ない」です。

まったく見ないテレビ局へ受信料を支払うのはおかしいと考える人も多いでしょう。

しかし、放送法上はテレビ放送を受信可能な設備がある限り、

民放のテレビ放送しか見ない視聴者でもNHKと受信契約を結ぶ義務があるのです。

それでは、テレビのチャンネル設定を変えてNHKのテレビ放送が映らないようにしたケースはどうでしょう。

じつはこれも、チャンネルを再設定すればNHKを見られるため、NHKのテレビ放送を受信可能な設備とみなされてしまいNG。

テレビとアンテナを接続しないだけで「NHKが映らない」も同様です。

NHK受信契約を断るやり取りは記録

こうしたNHK受信契約を断るやりとりは、NHK集金人が携帯する端末を通じて、NHK営業システムへ逐一記録される仕組み。

そのため「NHKを見ない」と一旦受信契約を断りながら後日契約すると、

最初に断った時点からNHKテレビを視聴可能と判断され、さかのぼってNHK受信料を請求されるため危険なのです。

NHK受信契約を断る理由として、もっともスマートなのがテレビ自体を所有せずに「NHKが映るテレビがない」と言ってしまうことです。

地上波放送やBS放送用のアンテナを撤去してしまい、テレビをゲーム機専用やスカパー!プレミアムの視聴専用にしてしまうケースも同様になります。

受信契約を結ぶ理由がない

当然ながら、これらの方法を使うとNHKだけでなく民放のテレビ放送も視聴不可能になりますが、

受信契約を結ぶ理由自体がなくなります。

逆にいえば、NHKの受信契約を確実に断るためには、無料のテレビ放送を一切見ない覚悟が必要といえるでしょう。

おすすめの記事