「NHK集金人」はある日突然、玄関先に現れて執念深く受信契約を迫ってきます。

とはいえ、さまざまな事情からその場ではすぐに契約ができないことはあるものです。

そんなNHK集金人に強引な勧誘に遭った際に、有効とさている対応法を紹介しましょう。

NHK集金人に帰ってください一点張り

まず、基本にして最強の対応法が「無視」です。

そもそもNHKの集金人と会話をしなければ、強引に押し切られて契約させられることもありません。

中には玄関前で名前を呼ばれて執拗に応対を迫ってくることもありますが、それでも意志を固くして無反応の姿勢を貫きます。

仮にオートロックを突破されたり、玄関先まで来られてもドアを開けずに無視を決め込みます。

仮にドアを開けてしまったら、強引に話を進めようとするNHK集金人に対して「帰って下さい」の一点張りで対応するという手もあります。

機械のように「帰って下さい」を繰り返し、それでも集金人が居座る場合…不退去罪(刑法130条)が適用される可能性もありますよ。

NHK集金人NHKの社員ではない

ドアを開けて応対せざるをえなくなったら、身分を尋ねてみましょう。

「NHKの○○です」と名乗る集金人のほとんどは、NHK職員ではなく外部委託業者です。

その場は名刺をもらい会社名などを細かく確認しましょう。

その上で「怪しいので信用できない」「NHKと直接契約します」といった対応方法もあります。

Webサイトで契約する

このほか「知らない相手に個人情報を渡したくないから」と答えましょう。

Webサイト経由で自分で手続きをすると宣言するのです。

これで、その場はとりあえず引き取ってもらうという対応例も考えられます。

また、NHK集金人に「受信契約は義務」などと迫られた場合、「裁判して下さい」と対応したケースもあるようです。

NHK集金人としては、手っ取り早く契約できる相手を探しているので効率性が大切。

面倒な相手と思わせられるかどうかがNHK集金人に対しての対応方法としては正解です。

ネットの声

「とりあえず退散してもらいたい場合は、アンテナの件をしつこく突っ込まれても、「テレビがないので、BSも見れないんです。お帰りください。」と言います。」

「テレビが本当にないのか、確認させて欲しいと言われた場合…それでも「テレビがないので、お帰りください」の一点張り。家の中を見せて欲しいということなので、応える義務も、それを実行する権利もNHKの集金人にはありません。」

「居座って帰らない場合…どうしても帰らない集金人には、警察を呼ぶ「不退去罪」であることを教えてあげましょう。帰らない場合は、本当に警察を呼んで大丈夫です。」

集金人の横柄な態度に我慢ならない人もいるでしょう。

それなら、Webで手続きする…なんて人も多いでしょうね。

おすすめの記事