日亜化学の高出力LEDでコロナを死滅

「新型コロナウイルスを死滅」高出力のLED、徳島の企業が開発

発光ダイオード(LED)製造大手「日亜化学工業」(徳島県阿南市)は、新型コロナウイルスを死滅させることができる高出力のLEDを開発しました。

このLEDを活用した空気清浄機などの新製品開発が期待されます。

徳島大学と共同実験

同社によると、徳島大の野間口雅子教授(ウイルス学)らと共同で行った実験で、深紫外線と呼ばれる光を30秒照射したところ、99・99%のウイルスが不活化したことを確認したそうです。

量産化へ

出力が高いほど効果は高く、従来品(55ミリ・ワット)の約1・3倍にあたる出力70ミリ・ワットのLEDを量産化できる体制が整いました。

約2万時間、照射が可能ということです。

試作機を県へ寄贈

県などに寄贈した試作機には、25ミリ・メートル間隔でLEDを配置し、充電式で持ち運ぶことができます。

近くでかざすだけで、コロナウイルスを除去でき、アルコール消毒ができない場所などで役立つということです。

鎌田広専務は「エアコンや空気清浄機など多岐にわたる応用が期待でき、メーカーと協力して開発に取り組みたい」と話しています。

マスクのサブスク【GALLIDO SANITARY MEMBER 】

ネットの声

「日亜化学さんは検査用の紫外線装置では知らない人がいないくらい有名な会社。空間におけるウイルス除去ではクラウドファンディングサイト等でもいくつか商品は出ていますが、ちゃんとした専門技術を持った会社がつくる製品ならば朗報です。」

「金属製の機械内部や水中向けですな。強すぎる紫外線は人体、特に目や肌には危険過ぎるし、プラスチックやゴム、セルロースなどの有機物を劣化退色させる。新型コロナ対策に期待しつつも特殊な用途になると思う。」

「日亜は発光ダイオードの大元の会社。蛍光灯からLEDの転換を作った会社。この記事読んで同じぐらいインパクトを感じました。製品は世の中に広まってほしい。」

人体への影響が懸念されますが、問題がないようでしたらこれは大発明になるかもしれません。

おすすめの記事