逃げ切りを狙ってる?池袋暴走事故…反省しない被告の意図

池袋暴走事故、反省の色が見えない法廷戦術 被告が「アクセルペダルが床に張り付いた」と言い張る“真の意図”

周囲の忠告を聞かずに車の運転を続け、その結果、母娘の命を奪った飯塚幸三被告(89)。

急いでいた理由を問われ、「予約していたフレンチに遅れそうだったから」と、説明した飯塚被告は、法廷で「アクセルペダルが床に張り付いていた」と主張したのです。

もしそれが事実なら、飯塚被告が乗っていたプリウスを作ったトヨタは全車を回収して検査する必要があるのですが、なぜ飯塚被告は荒唐無稽な主張を繰り返すのでしょうか。

被告の主張に絶望を感じた遺族

4月27日に行われた被告人質問の後、遺族はこう語った。

「今日、一番、絶望を感じた。悲しいとか苦しいとか、超越して呆れた。あまりにひどい」

事故の瞬間について問われた飯塚被告は、

  • 「思ったよりスピードが出てしまい、アクセルも踏んでいないのに不思議に思った」
  • 「アクセルペダルを踏んでいないのに加速し、車が制御できないのかと恐ろしく感じた」
  • 「アクセルペダルが床に張り付いていた」

と、車が異常な動きをしたと説明。

自らに責任が無いと主張したのです。

飯塚被告が主張するようなことは起こり得るのでしょうか。

主張に数々の矛盾

「被告は、『ブレーキを踏んだが加速した』と主張していますが、プリウスでアクセルとブレーキを同時に踏めば、止まらなくても減速はします。ブレーキを踏み、なおかつアクセルを踏まずに加速したのなら、アクセルとブレーキが同時に壊れたということです。また、被告の車はブレーキランプが点灯していなかったことが明らかになっています。ブレーキランプも同時に故障したということです。さらに、運転データを記録する『EDR(イベントデータレコーダー)』でも“アクセルは全開だった”と記録されています。EDRも故障していたようです」(自動車雑誌ライター)

この主張が通るなら、車で事故を起こした人間は皆、「ブレーキを踏んだのに……」と言うでしょう。

この他、パニック状態になったのにアクセルペダルを確認する余裕があったり、本人の主張とドライブレコーダーの記録に複数の食い違いがあったりと、矛盾点は多々あります。

法廷取材を長年続けるジャーナリストは、こういった主張をすべて“法廷戦術”だと切り捨てています。

逃げ切りを狙ってる?

「2人を死亡させた上に9人に重軽傷を負わせた挙げ句、裁判では『車が悪い』との主張を繰り返しており、まったく反省していません。示談も成立していませんし、通常なら間違いなく実刑です。
ただ問題となるのは飯塚被告の年齢です。飯塚被告は現在89才で、今年6月には90才になります。今後、さらに高裁、最高裁と争えば、被告の年齢はさらに上がる。過去に90才以上で収監された例はありません。年齢が上がれば上がるほど、収監される可能性はどんどん下がります。そうなれば刑務所にも行かず、損害賠償はすべて保険会社の支払いになり、何のペナルティも受けないという寸法です」(ジャーナリスト)

来たるべき超高齢化社会ではこういった事態が頻発することになるのでしょうか。

はたまた自動運転の普及が先なのか。

“上級国民”と揶揄された男は、身を持って問題提起しているのかもしれません。

ネットの声

「パニックなら覚えてる分けないだろ。ブレーキ踏んでたら少なくとも加速しないだろ。加速させつつブレーキ効かないなんて矛盾がある分けないだろ。反省も何もない。殺人に等しいよ。」

「足が不自由だった事がすべてではないか?ブレーキが間に合わず、事故を起こしてしまったとしか思えない。足運びがおぼつかないからブレーキを踏めなかったんだと思う。高齢とはいえ、事故当初は院長と呼ばれ、被告と言われていなかった。車の性能のせいにして逃げ切れると思うな。若者だったら即逮捕だったはず。亡くなった二人は帰ってきません。遺族であるご主人に謝罪して反省するべき。」

「「パニックで覚えてない」「ブレーキは確実に踏んだ」この日本語の矛盾と、ドラレコ、現場の状況で判断出来るわけだから、判決は大丈夫だよ。但し、上級国民が犯罪免除される話でなければね。」

おすすめの記事