池袋暴走事故のような逃げ得はなくなる…EDRという秘密兵器

「池袋暴走事故」のような「クルマのせい」発言は無意味になる! 国交省が義務化を検討する「EDR」とは

2022年夏ごろからEDRを義務化することを国土交通省が発表したという報道が話題となったことを覚えているでしょうか。

そのきっかけになったのが池袋暴走事故という話もあります。

交通事故の原因解明に役立つというEDRとは、そもそもどのような機能なのでしょうか。

ドライバーの操作と車両状態を記録して事故原因究明に役立てる

もはや自動車好きであればご存じでしょうが、あらためてEDRの由来はといえば「イベント・データ・レコーダー」の略称です。

ここでいう「イベント」とはSRSエアバッグが開くようなアクシデントのことを意味しています。

そこに至るまでの状況、つまりイベントが起きたときから5~35秒程度さかのぼって記録しておく機能ということになります。

EDRという機能自体は、すでに20年ほど前から存在していますし、その採用も広がっています。

たとえば、トヨタでは2012年以降はすべての新型車にEDRが搭載されています。

また、ADAS機能との連携も進んでおり、カメラやミリ波レーダーなどを積んだ乗用車の多くにEDRが備わっています。

最近では軽自動車にEDRが搭載されていることも珍しくはありません。

とはいえ、日本においては装着義務ではないので、まだまだEDR機能を持たないクルマも存在しています。

ちなみに、アメリカでは2012年から乗用車や小型トラックなどにEDRの搭載が義務化になっています。

これは交通事故原因を解明するためというのが目的でした。

そのためグローバルモデルではEDR機能を搭載していることが多数派という状況です。

ドラレコとは違う

イベント・データ・レコーダーという言葉の響きから、いわゆるドライブレコーダーを想像するかもしれませんが、機能としてはまったく異なるものです。

ドライブレコーダーが、カメラとマイクによりコクピット内や車両の前方および後方の音声や映像を記録するのに対して、EDRはアクセルやブレーキ操作、シフトポジションやエンジン回転数といった機械的なデータを記録するものとなっています。

たとえるならば、航空機におけるフライトデータレコーダーに当たるのがEDRで、コクピットボイスレコーダーに当たるのがドライブレコーダーといえます。

その意味では、どちらか一方があれば十分というものではなく、事故原因を解明するのであればEDRもドライブレコーダーも重要といえます。

では、EDRはどのような情報を記録するのでしょうか。

たとえば、スズキの取扱説明書によると以下のようなデータが記録されると公表されています。

・エンジンの回転数など、エンジンの状態
・ギヤポジションなど、変速機の状態
・アクセル、ブレーキ、シフトポジションなど、操作の状態
・各種コンピュータシステムの故障に関する情報
・SRSエアバッグ作動に関する情報 ※スズキ・スペーシア(2020年8月~)オンラインオーナーズマニュアルより

つまりドライバーの操作と車両の状態を別々に記録しています。

より細かくいえば、アクセル開度とスロットル開度、インジェクター噴射率、エンジン(モーター)回転数を別々に記録していますから、エンジン回転が上がって暴走した場合にもどこにトラブルの原因があったのか探ることができるのです。

たとえば、暴走事故の原因を解明する場合に、アクセル開度センサーのデータでは全閉なのに、エンジン回転数が上がっているのであれば、機械側の故障による暴走事故の可能性が高まりますし、逆にアクセル開度のデータが全開でエンジン回転数も上がっているようであればドライバーの操作が原因の暴走の可能性が高いと考えられるといった具合です。

EDRには映像や音声は記録されていない

コンピュータシステムの故障なども記録されますから、ADAS機能の故障による事故などもEDRを解析することで判明するようになっています。

これから自動運転機能が拡大していくことを考えると、このタイミングでの義務化というのは非常に納得がいくものです。

また、ヨーレートセンサーやGセンサーのデータも記録されるので、衝突時の衝撃なども計算することが可能となっています。

なお、基本的には音声や映像はEDRでは記録しません。ですからプライバシーは守られます。

ただし、最新のEDRではADAS機能のセンサーとして使っているカメラの映像を記録する機能を持っていることもあります(BMW)。

音声コントロールを持つクルマであれば車内マイクを備えていますから、プライバシー侵害の問題がクリアできれば、将来的には音声も記録できるようになるかもしれません。

ネットの声

「池袋の件では既に車に異常は無いと証明されているのに被告はいまだに車の故障と言い張っている。先日の和歌山7台多重事故がてんかんの発作かもEDRではおそらく判定出来ない。自分の非を認められるかは、結局その人の良心でしかないと思ってしまう。」

「EDR解析を裁判証拠として提出したとして、今回のような事故の判決に活かされるなら良いが、上級国民だからとか高齢だからとかの理由(表立っては理由にしないだろうが)で情状酌量されたりしないならいいけどね。裁判官の考えだけで判決が決まってしまう今の日本ではとてもじゃないが意味があるとは思えない。これが裁判員裁判だったらもっと思い量刑を出したはず。禁固刑はいいとしても7年じゃ遺族は浮かばれない。仮にすぐ獄中死したら謝罪もなく言い訳に終始した加害者に恨みしか残らない。被害者家族は傷が癒えないまま?み込むしかなくなる。。。」

「過失運転致死傷の最高刑で7年。7年の刑期を全うする前に平均余命を超えてしまう自動車運転資格を与える国の制度がおかしいと思います。運転免許に限らず、医師免許等の国家資格については、業務上想定される過失において求刑される最高刑が平均余命内になる範囲内で資格が認められるべきだと思います。」



おすすめの記事