2100年 日本のGDPは世界4位...世界の人口と経済力予測

アメリカのワシントン大学の研究者らが、2100年の世界の人口と各国の経済力を予測。

その研究報告が、イギリスの医学誌「ランセット」に掲載されました。

2100年は世界人口が減少

研究チームは、世界の総人口が2064年におよそ97億人でピークを迎えると予測。

その後、2100年にはおよそ88億人に減少するとしています。

国連による現行の予測よりも20億人減るとの分析です。

この人口減少は、教育水準が上がり、今よりも仕事をする女性が増えて出生率が低下するためです。

2100年の各国の人口予測

現在世界一位の中国は、14億人から7億3,000万人に減り、3位になる見通し。

代わりに、インドが11億人で1位、ナイジェリアが3倍以上増え、8億人近くに達して2位になる予測です。

アメリカは、移民政策の効果などで、微増の3億4,000万人となり、4位となる見通しです。

一方、日本は半減の6,000万人となり、10位から38位になるとしています。

各国のGDP

また、研究チームは、この人口推計をもとに、各国のGDP=国内総生産を見積もりました。

現在1位のアメリカ、2位の中国の順位は、2035年には逆転します。

2050年以降の中国の急速な人口減少によって、2098年には再びアメリカがトップに返り咲くと予測しています。

日本については、人口は大きく減少しますが、GDPは2100年時点で、順位を1つ落とした4位をキープすると見込んでいます。

一方、人口が急増するナイジェリアは、28位から9位に大きくジャンプアップするとしています。

人口減少の問題

研究チームは、

「人口減少は、二酸化炭素の排出量削減や食料の生産に負荷がかからなくなるため、良いニュースになる可能性があるが、労働者と納税者の減少により、経済的な課題が生じるだろう」

とコメントしています。

「むしろ、
インドネシアもフィリピンもマレーシアも、人口二億くらいになるのに、2100年少子化したであろう日本を抜けないの?
今の時点でインドネシアの将来性の方が上位の感じやん
欧州は完全に没落してるんやろうな」

「2100年どころか2050年でも日本が経済大国として存在しているのかどうかあやしいところだけど、結局他の先進国もほとんど同じ状況で、尚且つ新興国も経済的に這い上がれないままこの先何十年も苦しむっていう証拠なんだろうな」

「2050年、2100年の日本は人口は減ってもgdpは世界4位って聞くと、日本の未来別に悪くないんじゃね?って思う。まぁあくまで推測だけどね」

世界的に人口が減少するからでしょう。

日本は個人の生産効率が上がれば上昇の余地があります。

それとなんといっても「ものづくり大国」であることがアドバンテージだと思います。

おすすめの記事