ハンバーガーショップ「マクドナルド」を知らない人は、まずいないでしょう。

ところが、日本マクドナルドの創業者である藤田田(ふじたでん)について、とりわけ若い世代では、知らない人が多いかもしれません。

藤田は同社を、日本を代表する外食企業に同社を育て上げただけではなく、日本の外食業界に科学的な経営理論を導入し、産業化を成し遂げた最大の功労者でもあるのです。

積極的に「メモ」を活用していたこと

藤田には、幼い頃から「メモを取る」クセがあったそうです。

目で読んだり、耳で聞いたりした情報は、すぐに忘れがちですが、メモに残せば記憶されやすく、後で見直すこともできます。

そのおかげか、藤田は「地頭のいい子ども」に育ち、全国有数の進学校だった旧制北野中学校(現在の大阪府立北野高校)、旧制松江高校を経て、東京大学法学部に進みました。

ユダヤ人との出会い

藤田が「メモ魔」になるのを決定づけたのが、戦後の占領期にGHQで通訳のアルバイトをしていたときの、ユダヤ人との出会いだったそうです。

GHQで知り合ったユダヤ人の下士官は、サイドビジネスに高利貸しをしていたので羽振りがよかったようです。

上官であるアングロサクソンの将校も、実はユダヤ人に借金があるので、彼らに頭が上がりませんでした。

藤田はユダヤ人に弟子入りしユダヤ商法を学びました。

そこで「世の中を支配しているのはカネだ」という信念を抱くようになったのです。

そして、藤田がもう1つ、引きつけられたのが、ユダヤ人のメモの習慣でした。

商売上手なユダヤ人のメモ術

ユダヤ人は、交渉したり、商談したりするときに、必ずメモを取ります。

日時や金額といった重要事項が曖昧にならないように、記録するためです。

それが、ユダヤ人の正確かつ迅速な判断にもつながっているのですね。

しかし、市販のメモ帳を常に持ち歩いているわけではありません。

例えば、取っておいた紙切れやタバコの空箱に、走り書きをするのです。

ICレコーダーを向けたり、ノートを広げたりすれば、相手も構えてしまいます。

物陰やトイレでメモを取るだけなら、警戒されにくく秘密の話もできるからです。

ユダヤ人は、後でそういう貴重なメモを集めて、手帳に書き写しまとめます。

こういう作業を行うことによって、記憶がより強化されるうえに、情報が整理でき、理解力や分析力は飛躍的に高まります。

メモ術が格段に進歩

修羅場でのユダヤ人のメモ術を体得したことで、藤田のメモ術は格段に磨き上げられました。

藤田は自宅のトイレや寝室、風呂場、食卓や会社などいたるところに、小さなメモ用紙と鉛筆を置きます。

そして、アイデアを思いついたり、有益な情報を得たりしたとき、24時間どこでもメモを書きつけて、毎日見返していました。

そして、1週間後にメモをまとめて整理・点検し、内容を忘れたメモは持ち歩き、覚えるまで毎日のように見直していたのだそうです。

藤田のベストセラー著書『ユダヤの商法』『勝てば官軍』も、藤田がふだんメモしていたことに尾ひれをつけたものです。

本人が「物忘れ防止法」とうそぶいていた藤田流メモ術を、皆さんも、試してみてはいかがでしょうか。


(クリックするとAmazonのサイトへジャンプします)

おすすめの記事