「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

クルーズ船対応が各国から批判を受け手います。

新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」を巡っては、乗員・乗客のいた各国の政府も対応を急いでいます。

ウイルス検査で陰性とされて下船し、それぞれの国に帰った後も、経過観察期間として14日間の隔離を実施するなど、帰宅を認めた日本政府とは異なる措置をとっているのです。

日本への批判

米国人乗客約330人は米政府のチャーター機で帰国しましたが、米疾病対策センター(CDC)は21日、うち18人の感染が帰国後に確認されたと発表。

米政府は、病院に運ばれた人を除いて空軍基地で14日間の隔離生活を命じました。

CDCによると、帰国を見送った乗客にも下船後から14日間の待機を求め、症状や陽性反応が出ていないことを確認しなければ帰国できないとしています。

14日間が経過する前に米国に到着した場合は強制隔離の措置をとるとしているのです。

陰性が確認された英国人30人とアイルランド人2人は、英政府のチャーター機で22日、イングランド南西部の軍空港に到着。

乗客はそのまま病院にバスで移動し、14日間の隔離生活を送るということです。

また、台湾は21日夜に戻った台湾人乗客19人に14日間の隔離措置をとっています。

日常生活に戻ることを許可した日本政府の対応について、「防疫という概念がないのか」と疑問を呈する民放テレビの報道もありました。

乗員も感染

乗員としては、インドネシア人78人、フィリピン人531人が乗船し、50人以上の感染が判明。

両国政府は陰性と判断された乗員を帰国させる方針です。

しかし、インドネシア保健省幹部は「クルーズ船内の感染率は中国・武漢市を超え、新たな震源地になった」と指摘。

帰国後の経過観察期間を従来の倍の28日間に延長するということです。

イスラエルは日韓からの急告拒否

イスラエル人乗客11人はチャーター便で21日に帰国し、テルアビブ近郊の病院で14日間の隔離生活を送ります。

このうち女性1人が検査で陽性反応を示し、国内で初めて感染が確認されたケースになりました。

イスラエル紙ハーレツは、クルーズ船が隔離施設というよりも「新型ウイルスの培養器になってしまったようだ」とし、「検疫は失敗した実験に終わった」と論評しています。

イスラエル政府は日本や韓国での感染拡大を受けて23日、両国からイスラエルを訪れる外国人の入国を拒否するなどの対策を発表しました。

ネットの反応

「ただですね、あえて報道しないのかは知らないけど今回のクルーズ船対応にはCDCから派遣された専門家も協議に加わり踏まえた上での対応なんですよ。本来なら英国籍の船で英国からだって専門家が来て叱りなのに全て日本任せ。日本政府の対応が良かったとは全く思わないけど、ただ静観だけしてた国にガタガタ言われる筋合いは無いとは思うけどね」

「寄港を認めた日本がすべての責任を負うことになれば寄港拒否が相次ぎますが各国はそれでもいいんですか。責任だけ押しつけられて国民の一人として不快に感じる。日本の対応に不備もあったが対応困難なことも多かったと思う。同様の事態に備えて批難ではなく建設的な提案をすべき。」

「確かに今になれば失敗だったと思います。しかし、感染率はそれほどないとか、人人感染だから濃厚接触を避ければいいとか、とにかく新型ウイルスだけに専門的な人の予想ともいえる言葉を信用するしかなかった。今となれば何とでも言える。各国は批判しているが、批判してる国はこの状態を防げたのだろうか?「後からなら何とでも言える」と言う言葉がありますが、批判してる国の関係者は、中国や日本に来て適切な指示をし、私たちを助けて欲しい。」

国立感染症研究所の分析によれば、乗客の多くは船内隔離前に感染していたようですからね。

船内隔離後には急激に感染が止まったということです。

おすすめの記事