アベノマスクで日本郵便大打撃!「再配達中止」のウラに「マスク返品」という大問題も…。

緊急事態宣言の中での日本郵便の対応

日本郵便が、4月15日から当面の間、郵便物や「ゆうパック」、簡易書留などの当日再配達の受付を取りやめると発表しました。

再配達を希望する場合は前日までに電話やインターネットでの予約が必要となります。

「従来は午後5時までに依頼すれば当日の再配達に対応していましたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた外出自粛などの影響で、ネット通販の利用が増加しており、安定的なサービスを維持するために取りやめることを決めたといいます。しかし、当日再配達の中止が、17日から始まったアベノマスクの配布直前に決定したことから、ネット上では《アベノマスクなんて余計なものを配るから、配達員に余計な仕事が増えて通常業務が支障をきたしているのでは》などといった批判も多くよせられているのです」(社会部記者)

アベノマスク返品問題

アベノマスクを受け取った人からの苦情や「返品リクエスト」が配達員にさらに大きなストレスを与えているという声もあります。

「アベノマスクは原則、対面受け取りを避けるためポストに投函されるのですが、マスクが届いたことに気づいた人が郵便局に連絡をして、『拒否したいから受け取りに来い』といった連絡も寄せられているといいます。ちなみに、受け取り拒否は宛名の横に【受取拒否】と書いてハンコを押し、配達員に渡すかポストに入れれば可能です。」(ITジャーナリスト)

再利用の方法も

再利用の方法も提案されています。

「しかし、ネット上ではその小さいサイズをカバーするために、2枚の布マスクを縫製し直して立体縫製の布マスクをする方法などがアップされているので、“ベツノマスク”として再利用するか、他の人に譲ってもいいと思います。郵便局のスタッフの負担をこれ以上増やさないためにも、カビが付着したような余程の不良品でない限り、そのまま納めて欲しいところですね」

ようやく配布がスタートしたばかりのアベノマスクですが、まだまだ批判や騒動は続きそうだ。

ネットの反応

「要らなくても郵便屋さんを煩わせるくらいなら、自分で処分したらいいのに…。ただでさえ感染リスクがあるのに、配達系の人が嫌になって少なくなるとみんな困っちゃうよ。余計な仕事は減らしてあげてください。」

「郵便局の人は本当に大変です。返品とか処理がさらに大変になるのがわからないのかな。」

「マスクを受け取らない、返品すると言っている人は、手を洗うこともできず、マスクなんて贅沢にしか思えないアフリカの人々のことを考えたことがあるのかしら。それにそういった人たちが郵便局の仕事を増やしている。本当に愚かだ」

自分だったらありがたく使いたいのですが、返品という発想がよくわかりません。

おすすめの記事