日本人は3つの祖先集団から作られた!古人骨からゲノム解析

日本人は3つの祖先をもつ 金沢大学などが古人骨をゲノム解析

金沢大学などの国際共同研究グループは、日本列島の遺跡から出土した縄文人・弥生人・古墳時代人の「パレオゲノミクス」解析を行い、現代日本人集団のゲノムが3つの祖先集団で構成されていることを世界で初めて明らかにしました。

共同研究にはダブリン大学、鳥取大学、岡山理科大学、富山県埋蔵文化財センター、船橋市飛ノ台史跡公園博物館、愛南町教育委員会が参加しています。

2つ以上の祖先

日本人の起源に関しては、縄文人(狩猟採集)と弥生人(稲作)という文化的な違いから2つの異なる祖先を持つとする「日本人の二重構造モデル」が提唱されていました。

また、縄文時代・古墳時代にもヒトの流入の可能性が指摘されていますが、実態は不明だったのです。

ゲノムデータの取得

今回、日本列島の遺跡出土人骨から新たに12個体(縄文人9個体・古墳人3個体)のゲノムデータの取得に成功。

加えて、先行研究で公開されている縄文人および弥生人のゲノムデータと大陸における遺跡出土古人骨のゲノムデータを用い、大規模な集団パレオゲノミクス解析(古い生物遺体から抽出した全遺伝情報の比較解析)を実施しました。

日本人の成り立ちを探る上で

その結果、縄文人の祖先集団は2万~1万5千年前に大陸の基層集団から分かれ、初期集団は千人程度の小さな集団サイズを維持していたことが分かったのです。

そして、弥生時代には北東アジアに起源をもつ集団が、古墳時代には東アジアの集団がそれぞれ日本列島に渡ってきたことが明らかとなりました。

今回、これら3つの祖先を持つとする「日本人の三重構造モデル」を新たに提唱。

これらの知見は、今後日本列島に眠る膨大な遺跡出土古人骨のゲノムデータから日本人の成り立ちを探る上での基盤データとして活用されることが期待されます。



おすすめの記事