戦後最悪と言われているのが現在の日韓関係です。修復不可能とまで言われているのですが、ここに来て文在寅(ムン・ジェイン)政権から日本との「通貨交換(スワップ)協定」の再開を渇望する声が出ています。

切迫した韓国の経済事情

戦後最悪ともいわれる日韓関係…。そのような中で文在寅(ムン・ジェイン)政権から日本との「通貨交換(スワップ)協定」の再開を渇望する声が出ているのです。

これまで「反日」に走り、日本製品や日本への旅行の「ボイコット」を放置しているというのに、ここにきてなぜ厚かましくも日本とのスワップ再開にこだわるのでしょうか。

専門家は、通貨ウォンの脆弱さという切迫した事情が背景にあると指摘しています。

韓国のCBSは12日、殷成洙(ウン・ソンス)金融委員長が、日本との通貨スワップ再開を希望する意思を明らかにしたと報じました。


スワップ締結によって金融危機が発生した場合に外貨の流動性が保障されるほか、国家の信頼度が向上の狙いとして、人事聴聞会で「日本と新たに締結したほうがいい」と発言したというのです。

通貨スワップ協定は、貿易決済や為替介入などに必要な外貨が不足した場合、外貨と自国通貨を交換し合う仕組みです。経済危機の際の外貨不足に対応できるメリットがあるのです。

これまでの日韓スワップ協定

1990年代後半に韓国が国際通貨基金(IMF)に救済されるなどアジア通貨危機が起きました。このことから、日本は東南アジア諸国連合(ASEAN)と日中韓が参加する「チェンマイ・イニシアチブ」を主導します。

そして、2001年に韓国との通貨スワップを締結したのです。

11年に700億ドル(約7兆5000億円)規模まで融通枠を拡大しましたが12年に李明博(イ・ミョンバク)大統領(当時)が島根県・竹島に上陸するなど日韓関係の悪化を受けて規模が縮小します。

さらに、朴槿恵(パク・クネ)政権当時の15年、日本側の忠告にもかかわらず韓国側が一方的に破棄したのです。

16年にいったん協議再開が決まったのですが、同年末に釜山(プサン)の日本総領事館前に設置された慰安婦像を韓国が撤去できず、協議はまたまた中断しました。

そのような経緯があった後も韓国側からは何度も“ラブコール”が送られています。

韓国の経済団体「全国経済人連合会(全経連)」の代表団が18年に訪日した際、自民党の二階俊博幹事長らを表敬訪問し、通貨スワップの再開をもちかけました。


延世大のキム・ジョンシク教授は、今年3月の中央日報に「日本との通貨スワップを拡大することも検討する必要がある」と述べている。

この言い方には韓国があたかも、日本との間にスワップ協定に応じるといった上から目線の高飛車な態度が見受けられますね。

韓国が日韓スワップ協定を熱望する理由

韓国が日本との通貨スワップ再開を熱望する理由ですが、ジャーナリストの須田慎一郎氏は

「韓国の場合、ウォン建ての国債を発行してもリスクがあるため、投資家に信用されていない。急激なウォン安に備えてドル資金を確保するためにも通貨スワップ協定を結んでおきたい」

と、解説します。

韓国銀行(中央銀行)の発表によると、8月末時点での外貨準備高は約4014億ドル(約43兆4000億円)あるとのことです。

リスクに備えているようにも見えるのですが、須田氏は

「いったんウォンの買い支えを行えば外貨準備は急激に減少し、通貨危機ともなれば“瞬間蒸発”する恐れがある」

と指摘しています。

日本側にとっては、韓国を助ける要素「だけ」が強い通貨スワップですが、逆ギレして協定を打ち切った韓国から、勝手に再開をもちかけられている形です。

麻生太郎副総理兼財務相は17年8月の時点で、韓国との通貨スワップ協定について

「信頼関係で成り立ってますので、約束した話を守られないと貸した金も返ってこない可能性もある」

と突き放しています。

現状もいうまでもなく、いわゆる「元徴用工」訴訟で国際法を無視した異常判決や軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄など問題山積となっています。

日韓通貨スワップ協定を再び締結できる状態にはほど遠いのが現状なのです。

米国との通貨スワップ協定も終了していて、再契約の見通しは立っていない状態ということも付け加えておきます。

前出の須田氏はこう語っています。

「日本なら締結して当然と厚かましく思っているのかもしれない。通貨スワップは韓国への救済に等しいが、まるで韓国は『デフォルト(債務不履行)になってもいいのか?』と自らを人質に取り、日本の道連れも辞さずと脅しているようだ」

ネットの声

「通貨スワップを口にした瞬間に(日本が無視して)デフォルトが始まる。なぜならばスワップが必要なほど窮地にあると公言するようなもので、スワップを得られないとわかれば市場が即反応してデフォルト一直線!」

「あつかましい国だ。日本は断固として応じるべきでは無い。国家安全の為にも韓国とはビザ免除廃止など一定の距離を置くべきですよ。」

「やばいよ、そんなの。来年にはウォンは紙屑になるって噂だから。あくまで噂だけど。真偽は各自確かめてください。」

現実的にも心情的にも日韓スワップ協定は無しの方向で願いたいものです。

おすすめの記事