俳優の窮状「直訴」したら…西田敏行、思わぬ『炎上』…。

一般の個人事業主たちから反発も。

新型コロナウイルスが全世界で猛威を振るうなか、国内のエンタメ業界も舞台の公演延期やイベントの中止など大きな影響を受けています。

日本俳優連合の理事長を務める西田敏行(72)が俳優の窮状を訴える要望書を国に提出したところ、その男気が称賛される一方、思わぬ逆風にさらされています。

自粛ムードの中で

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、国は大規模イベントの開催自粛を呼びかけています。

それを受けて、多くの舞台やイベントが延期や中止となり、芸能界も深刻な状況に陥っているのです。

そんな折、今月5日、西田が理事長を務める「日本俳優連合」が、首相や厚労相らに宛てて、「働き手支援についての緊急要請」とする要望書を提出したのです。

そこではイベントの自粛要請を受けて、舞台などの中止が起きているとしたうえで『出演者へのキャンセル料等の話し合いには到底至らないケースが多く、生活に困窮する事態が見えています』と窮状を訴えています。

西田の男気も

そのうえで、多くの俳優が個人事業主、雇用類似就労者であるため、国の支援対象から外れていることを指摘しています。

そして、「雇用・非雇用の別のないご対応で、文化と芸能界を支える俳優へご配慮下さいますよう要望いたします」としているのです。

言ってみれば、西田が男気をみせて“直訴”したというわけで、その行動に称賛の声が寄せられている。


しかし、反発する声も少なくないようです。

《いや、大変なの俳優だけじゃないからね?》
《気持ちはわかるけど、俳優さんって保証はないのは覚悟の上なんじゃないかな》
《文句言ってないで西田さんがお金の支援したらいいじゃない。たくさん稼いでるでしょ?》

結果として、辛辣(しんらつ)な意見がSNSで飛び交うことになってしまいました。

理事長としてやるべきこと

「西田としては、理事長である以上、俳優の生活を守るためにも声を上げざるを得ない。ただ、メディアに取り上げられることで、“悪目立ち”してしまった。多くの個人事業主やフリーランスの人はアピールすることすらできない人が多く、大変なのは俳優だけじゃないと反発を受けることになってしまった」と演劇関係者。

自分たちのことを大声でアピールするだけなく、“声なき声”を代弁してくれればよかったのに…という声も。

ネットの声

「甘ったれてるね。どの業界も組合なり互助会なりで基金とか積立という制度を作って毎月積み立てている。役者や芸人は金遣いが粗いくせにそういった備えをしていないことが問題。これを機に協会のあり方を改めるべき。」

「声なき個人事業主もいる訳て、役者のみ救済などと訴えれば不公平極まりない状態になる。こういう時こそ大御所俳優が率先して救済する側に回らないと。」

「最初にある前提のリスクを理解しないまま俳優をしている人が多いのだろうか?逆に稼ぎが多いときにも苦言をこぼすか?ハイリスクハイリターンで、リスクのときだけなんとかしてって変。飢えるほどなら人道的な手助けは残るが、仕事がない普段の扱いは無職の人と同じでいい」

俳優仲間を思う『男気』と称賛の声もある中、一般人からはちょっとの自粛くらいでガタガタ言うな…という声もあがっています。

おすすめの記事