認知症リスク低下につながる…魚介類の摂取

魚介類の摂取量が多いと認知症リスク低下につながる可能性、国立がん研究センターなどによるJPHC研究報告

魚を食べると認知症になりにくい?――JPHC研究

日本人一般住民を15年間追跡した研究から、魚介類の摂取量が多いことが認知症リスクの低下につながる可能性が示されました。

国立がん研究センターなどによる多目的コホート研究(JPHC研究)によるもので、詳細は「Journal of Alzheimer's Disease」に2月2日掲載されたのです。

これまでの研究から、認知症の3分の1はそのリスク要因を取り除くことで予防できる可能性が報告されており、また、魚介類の摂取が認知症リスク低下と関連しているとの報告もあります。

しかし、主に欧米で行われた研究報告のメタ解析では、魚介類摂取による明確な認知症抑制効果は示されませんでした。

その理由として、それらの研究は追跡期間が短いために、長期間かけて徐々に進行する認知機能低下の差異を把握できなかった可能性や、欧米人の魚介類摂取量は日本人に比べて少ないことが関係していると考えられています。

それに対して今回発表された研究の対象は日本人であり、追跡期間も15年と長いことが特徴。

研究の対象は、長野県佐久保健所管内の居住者のうち、1995年と2000年に実施した食事調査アンケートに回答し、かつ2014~2015年実施の「こころの検診」に参加し認知機能が評価された1,127人。

2回の食事調査を基に、魚介類とn-3系多価不飽和脂肪酸(魚油に豊富な脂肪酸)の摂取量の平均値を算出。

それらの摂取量の四分位で対象者を4群に分け、軽度認知障害、認知症のリスクとの関連を調べたのです。

認知症リスクとの関連

こころの検診によって380人が軽度認知障害、54人が認知症と診断されました。

認知機能低下に影響を及ぼし得る因子(年齢、性別、学歴、うつ・脳卒中・心血管疾患・糖尿病・がんの既往歴、飲酒・喫煙・身体活動習慣)を統計学的に調整後、魚介類の摂取量が多いほど認知症リスクが低いという関連が認められました。

具体的には、魚介類の摂取量の第1四分位群(摂取量中央値56g/日)に比較し、第2四分位群はオッズ比(OR)0.43(95%信頼区間0.20~0.93)、第3四分位群はOR0.22(同0.09~0.54)、摂取量の最も多い第4四分位群(摂取量中央値82g/日)はOR0.39(同0.18~0.86)であり、いずれもリスクが有意に低かったのです(傾向性P=0.01)。

n-3系多価不飽和脂肪酸の摂取量と認知症リスクについても同様の関係にあり、例えばドコサヘキサエン酸(DHA)は、第2四分位群OR0.39(同0.18~0.84)、第3四分位群OR0.30(同0.13~0.70)、第4四分位群OR0.28(同0.12~0.66)でした(傾向性P<0.01)。

エイコサペンタエン酸(EPA)も第3四分位群OR0.39(同0.16~0.92)、第4四分位群OR0.44(同0.19~0.98)で有意なリスク低下が認められました(傾向性P=0.04)。

また、ドコサペンタエン酸(DPA)も同様だったのです(傾向性P=0.03)。

軽度認知障害について

一方、軽度認知障害については、魚介類およびn-3系多価不飽和脂肪酸の摂取量との関連が見られなませんでした。

その理由として研究グループでは、軽度認知障害は認知機能正常な人との差がわずかであることや、認知障害が軽快する人もいるため、1回の評価では診断精度が十分ではなかったことの影響が考えられるとしています。

なお、今回の調査において魚介類を最も多く取っていた群の摂取量中央値である1日82gという量は、魚1切れをやや上回る量と推計されるということです。

ただし、アンケートによって把握した摂取量であるため正確な推定は困難であり、この量はあくまで参考値とのことでした。

おすすめの記事