認知症ともの忘れの違い…2025年には高齢者の20%が…

2025年、高齢者の20%が「認知症」に…もの忘れとの違いは?

2025年には65歳以上の5人に1人が認知症になるといわれています。

「寝たきり」や「認知機能低下」を防ぎ、自立して健やかな老後を送ることができるよう、認知症について正しく知識を身に付けることが重要です。

2025年には、65歳以上の高齢者の20%が認知症に…

人は前期高齢者といわれる65歳頃から、身体も脳も加齢とともに確かに老いていきます。

認知機能が「正常(Successful Aging)」な老い方といえる人から病的な「認知症(Dementia)」状態の人がいます。

また、その中間的な軽度の認知症である「軽度認知障害(Mild Cognitive Impairment:MCI)」の状態にある人がいることも明らかになっています。

なお、認知症の進行具合を表す場合は、軽度認知症、中等度認知症、重度認知症という表現になります。

厚生労働省研究班の調査により、2012年の時点で65歳以上の高齢者の15%(推計)、462万人が認知症であることが分かりました。

また、軽度認知障害と呼ばれる認知症予備群が約400万人いることも分かりました。

同省の推計では、2025年には認知症の方は700(675~730)万人、65歳以上の高齢者の5人に1人(20%)に達すると見込んでいます。

そうなると、現状の医療機関や高齢者施設だけの体制ではケアしきれなくなるでしょう。

認知症は、知的・身体機能が次第に低下し寝たきりとなる「コモン・ディジーズ」(よくみられる病気)となりました。

2015年1月に策定された新オレンジプランには、これまでの施策方針を転換して、新しい様々な試みが盛り込まれています。

新オレンジプランの基本的な考え方は、認知症の人の意思が尊重され、住み慣れた地域で心穏やかに過ごせる環境のもと、自分らしく暮らし続けることができる社会の実現を目指す、というものです。

同プランは、認知症の人を支えることではなく認知症の人とともにより良く生きていく環境を創り出すことが必要であるとしています。

高齢者が多くなったわが国では、認知症は重要な病気となりました。

高齢になれば誰でもなる可能性のある病気です。

それでは、私たちは認知症にどのように立ち向かっていけばよいのでしょうか。

認知症の問題は、G8(G7)の中など世界レベルの議題としても取り上げられています。

高齢化の先頭を走る日本がどのような方針を示すのかを、世界が注目しているのです。

認知症によるもの忘れと加齢によるもの忘れの違いは?

認知症とよく似た言葉に「もの忘れ」(記憶障害)があります。

確かに、認知症になると物事を忘れます。

すなわち、認知症患者さんには必ずもの忘れがみられますが、もの忘れがあっても認知症でないことが多いのです。

そこで、もの忘れについて少し考えてみたいと思います。

認知症を疑う症状の具体例を挙げると、

・物や人の名前が覚えられず、覚えている名前が出てこない
・お茶友だちなのに、「あの人は誰だろう?」(人物そのものを忘れてしまう)
・さっき食べたのに、「朝ごはんはまだかな?」(体験全体を忘れてしまう)
・数分前の記憶が残らない・約束したこと自体を忘れている
・月や季節を間違えることがある
・同じことを何度も尋ねる
・話題が乏しく、限られている
・今までできていたことに、ミスや能率低下が目立つようになる
・以前はあった興味や関心が低下する
・置き忘れ、紛失が頻繁にある
・生活が乱れる。だらしなくなる

などです。

体験したことの全体を忘れていて、体験自体の記憶(エピソード記憶)が失われているのです。

そして、日常生活に支障が出ます。

加齢によるもの忘れは、

・物覚えが悪くなったように感じる
・朝食や夕食に何を食べたのか思い出せない
・知っている人だけど名前が出てこない
・ 約束をうっかり忘れてしまった(手帳に書いていなかった、手帳を見なかった)
・物の置き場所を思い出せないことがある
・曜日や日付を間違えることがある
・ 体験の一部を思い出せない(東京に行ったのは何年前だったか思い出せない。中学のときの修学旅行のルートを思い出せない)

などで、体験したことが部分的に思い出せないのであって、体験自体の記憶(エピソード記憶)は保たれているのです。

日常生活に支障はありません。

[図表]認知症でみられる「もの忘れ」と加齢に伴う「もの忘れ」の違い

「もの忘れ」は人にとって必要なこと

一方、もの忘れは人にとって必要なことでもあるのです。

ギリシャにはいろいろな神がいますが、その中に「もの忘れの神様」がいます。

日本には「もの覚えの神様」菅原道真公が北野神社や太宰府天満宮に祀られていますが、残念ながら「もの忘れの神様」を祀った神社は聞いたことがありません。

「ものを忘れること」は、精神の健康には良いのです。

いつまでも失敗や憤慨の感情を引きずっているとあまり良くありません。

ちなみに、これらの失敗や失恋があったこと、少し前に外出したことや昼食をとったという体験は覚えていることを「エピソード記憶」(episodic memory)と呼んでいます。

ところが、これらがあったことを全く覚えていないのは、エピソード記憶の喪失といって認知症の特徴の1つです。

見たり、聞いたりした事柄は情報として脳の前帯状回や前頭前野、大脳辺縁系などで処理され、貯えられます。

その貯まった記憶を呼び起こして、人は適切な行動や発言をします。

この記憶のことを「ワーキングメモリー(作動記憶、作業記憶)」(working memory)と呼んでいます。

その記憶を介して、料理をしたり、自転車に乗ったりするなど、道具を使う行為が可能になります。

生活上、支障が無ければ心配不要だが…

エピソード記憶と作業記憶のいずれが失われても、医学的にも社会的にも「もの忘れ」といいます。

ここまで読まれた人は、加齢によるもの忘れと認知症によるもの忘れとどう違うのか分からなくなったと思われるかもしれません。

そこで、別の説明を試みます。

歳をとると誰でも多少のもの忘れがおきます。

人の名前が出てこない、つい約束を忘れるなどが例です。

これらは記憶のごく一部分を忘れるもので、本人も後になって思い出したり、もの忘れを自覚したりしており、特に生活上も支障がなく、進行がないようなら心配はいりません。

一方、認知症のもの忘れは記憶全体が抜け落ちてしまうもので、本人は思い出せないし、もの忘れの自覚もなく、仕事や家庭生活にも支障が出てきますし、進行もみられます。

さらに重要な点は、もの忘れ以外にも、今の時間や場所が分からない、物事を計画し、順序だてることが難しい、お金や薬の管理ができない、2つ以上のことが重なるとうまく処理できないといった様々な認知機能の障害を伴っていることです。

おすすめの記事