100km以上限定だけど…バイクの高速料金半額が実現へ

バイクの高速道路料金「半額」実現へ ユーザー長年の悲願 通過点としての「100km以上限定」

議論に議論を重ねてようやく実現した「バイク定率割引」

バイクユーザーにとって長年の願いだった高速道路料金の定率割引が実現します。

2021年6月16日(水)に開催された自民党二輪車問題プロジェクトチーム(=二輪車PT/逢沢一郎座長)は、土休日を対象に、利用時間に関係なく普通車の半額となるバイク割引案を了承しました。

17日(木)には公明党のオートバイ懇話会(北側一雄会長)と幹部会で与党合意としてまとめ、高速道路会社による割引プランが作成される見込み。実施は2022年4月から11月の予定です。

「今までなかなか定率の割引に踏み込むことができなかったわけですが、このたびご協力をいただき、今日を迎えることになりました」。

逢沢一郎座長は、冒頭のあいさつでこのように話しました。

バイク割引の主な条件は、次の3点です。

・実施は2022年4月~11月の土休日に限定
・1回の乗降で100kmを超える走行が対象
・ETC二輪車ツーリングプランと同じインターネットによる事前申込み制

国土交通省高速道路課によると、バイク利用には季節性があり、その中でも利用は週末の日帰りが多いこと、また定率割引の目的に地域の観光振興を含めているため、対象期間を限定することが効果的という判断でした。

高速道路で軽自動車と同一の「軽自動車等」区分として扱われるバイクをめぐっては、道路を占有する面積が四輪車よりもずっと小さいことなどから、割引を求める議論が長年にわたりなされてきました。

自民党の二輪車PTは「高速道路における利用料金の適正化」を掲げて、定率割引を求めてきた経緯があり、条件を付けた定率割引には消極的でした。

そのため国交省高速道路課の割引案が示された後にも、数か月間の議論が続きました。

ゴールは「いつでもどこでも普通車の半額」

「1回の乗降で100kmを超える利用」という利用距離についても異論がありました。

割引対象はNEXCO3社が管理する道路のため、100km以上に限定してしまうと、東京近郊の観光地は、ほとんど対象になりません。

しかし、高速道路会社が修正に応じることはありませんでした。

後述しますが、「システム改修に時間がかかる」(高速道路会社担当者)ということが理由でした。

「適応条件が決まらない限り、割引の実施期間も確定できない」(同上)という高速道路会社を前に、二輪車PTは、「最終目標は普通車1に対して二輪車0.5(の料金負担割合)。

この状態をいつでもどこでも、日本国中で実施すること」(逢沢座長)という姿勢を変えるべきか判断を迫られて、最終的に「ゴールに向けたステップにしたい」という形で、二輪車を対象とした初めての定率割引の実施を決めることになりました。

軽四輪と軽二輪を区別できない?

高速道路の料金割引では、しばしばシステム改修が障害になります。

今回の二輪車定率割引の議論でも、軽四輪と軽二輪が区別できないことで、システム改修費のコストと、割引による効果が予測できないとして、国交省高速道路課と高速道路会社は難色を示しました。

現在の車種区分でバイクは「軽自動車等」の料金区分に含まれているため、というのが理由でした。

そのようななかスタートしたのが、高速道路会社によるエリアを限定したETC定額割引商品のひとつ「ETC二輪車ツーリングプラン」でした。

逢沢座長は「通行料金適正化の政策的意図もこめて、(定額割引の)二輪車ツーリングプランを始めて5年目。関係の皆さんに努力を続けてもらってきた」と振り返ります。

このツーリングプランの利用者動向をもとに、定額割引が高速道路料金収入にもたらす影響などを議論。

国交省が料金算出の根拠とする道路損傷や空間占有率を考えても、定率割引の影響は軽微であり、利用者を増やすことにつながるという結論を導きだしたのです。

なお、二輪車の定率割引が適応される土休日は、通常であれば休日割引が適応されていますが、重複して適応されることはないようです。

ネットの声

「もうバイクに乗っていないけど、ツーリングに行っていた頃4輪車と同じ料金に疑問があったので、安くなるのは良いと思う。しかしなぜ事前申込み制などという面倒なことにするのか。事務処理も大変だろうし、天候や休日の予定が都合よく重なった時に急に思い立っても使えない。事前申込で一体誰が得をするの?」

「ネクスコの経営に問題があるから料金が安くならないのでは?同族企業の利益を守るために経費がかさむ?官僚の天下りで経費がかさむ?二輪車の割り引きは期間限定ですか。セコいですね。」

「そんな二輪なんて。100キロとかじゃん。そんな事より大型車や特大車の深夜割引やめてくれ。設備投資なんてカードの種類で分けたらたいした事はない。無駄に止まっていなきゃいけない車を何とかするのが先だと思う。」



おすすめの記事