言わなきゃいいのに…未練が強すぎて「のん」になれない宮迫の悲劇

のん「宮迫も見習え!」“地上波で激干され”も無関係の「強靭復活」

女優で「創作あーちすと」のん(本名・能年玲奈=27)が、コロナ禍で青春を奪われた美大生の姿を描く21年公開映画『Ribbon』で主演、監督、脚本を務めることが明らかとなりました。

3月19日、同作に特撮として参加した樋口真嗣が監督を務める応援スペシャル映像『映画と生きる 映画に生きる』がYouTubeに投稿され、話題となっています。

あまちゃんでブレイクしたが

「13年のNHK朝ドラ『あまちゃん』で、大ブレイクし、一躍大人気女優となった能年でしたが、15年にそれまで所属していた大手事務所から円満に独立できず、その影響でテレビで活動できなくなってしまいました。
昨年12月に公開された映画『私をくいとめて』では、東京国際映画祭の『TOKYOプレミア2020』部門に出品される注目作であることにくわえ、『あまちゃん』(NHK)で親友役だった橋本愛(25)と久々の共演という要素まであったにもかかわらず、地上波メディアがほとんど取り上げないなど、あまりに露骨な扱いは、現在もファンから問題視されています」(女性誌記者)

19年8月20日には、のんのエージェントを務めるコンサル会社社長が『朝日新聞デジタル』で、

「『のんが出るなら、うちのタレントは出演を引き揚げる』といった圧力が、電話で局側に入るようなのです。あるドラマでは衣装合わせまで済みながら、契約直前に『今回はなかったことに』と立ち消えになった」

としたうえで、実際に圧力があった証拠のメールがある、と明かしていました。

影のCM女王

「しかし、地上波のテレビ番組にこそ出演していないものの、実はのんをテレビで見る機会は多い。今年に入ってからも10本以上のCMに出演しています。いまや彼女を“影のCM女王”と評する声まである。3月16日発売の『週刊FLASH』(光文社)では、“年収は一流の女優並みで、1億円以上”“中国でも大人気”と報じています」(前出の女性誌記者)

昨年には印刷サービス大手の「ラクスル」、「岩手銀行」、「マルコメ」、「JA全農いわて」といった多くの企業のCMに出演。

さらに、JR西日本「ホーム転落防止キャンペーン」のイメージキャラクターも務めています。

JRや銀行、JAといった公共事業からオファーされていることからも、信用性とイメージは抜群だとわかります。

「今回の応援動画についても、『シン・ウルトラマン』や『のぼうの城』など、特撮映画で高い評価を誇る樋口真嗣監督や尾上克郎監督を筆頭に、『凪待ち』や『孤狼の血』の白石和彌監督といった、日本を代表する監督たちがのんのために集まっています。もはや、のんにとって、地上波ドラマやバラエティ番組に出る必要は、もはやないのかもしれませんね。
ちなみに、民放ではなくNHKでは、実は昨年11月1日に『怖い絵本』で朗読とドラマに出演しています」(前同)

一方でまったく復帰の気配が見えない人物も

こうしたのんの活躍を、19年に闇営業騒動によって地上波から姿を消した雨上がり決死隊の宮迫博之はどう見ているのでしょうか。

「宮迫の場合、YouTuberとして一定の成功を収めていて、今年3月7日にはファッションイベント『関西コレクション』で久々のイベントMCをしてはいますが、本人の目標はあくまでもテレビ復帰。しかも、のんとは違い、YouTube以外の映像メディアにほとんど出演できていません。昨年はYouTuberのヒカル(29)と一緒に『ロコンド』でテレビCM出演が叶ったかと思ったんですが、これもテレ東以外の局は流してくれませんでした」(前出の女性誌記者記者)

昨年12月28日深夜の生放送番組『クイズピンチヒッター』(フジテレビ系)で、ロンドンブーツ1号2号の田村淳の計らいで、生電話での地上波復帰を果たしたものの、その後のテレビ出演についての進展はないようです。

「宮迫は昨年11月の『週刊ポスト』(小学館)でも、取材に対して“凄くいいオファーを何件か頂いていました“と、地上波の話がありながらも地上波復帰第1弾は『アメトーーク!』(テレビ朝日系)と明言していていましたが、今年1月30日にYouTubeで“すごく考えていただいて僕にお声をかけていただいたものを断っているのってどうなんだろう“と悩んでいたことを明かし、今後は引き受ける方向にシフトしたことを明かしています。
今年中に復帰できればいいですが、どうなることやら……」(前同)

テレビからは追われながらも、映画にCMにと大活躍ののん。

宮迫はのんに続くことができるのでしょうか。



おすすめの記事