中居君でも先々不安??個人事務所設立で何かと物入り…

独立後の不安が現実に!?“20年番組”が「打ち切り危機」!

今年4月にジャニーズ事務所から独立し、個人事務所「のんびりなかい」の代表取締役に就任した元SMAPの中居正広(48)。

ジャニーズ在籍時から抱えていたレギュラー番組のほとんどが継続しており、独立後も順風満帆と見られる中居。

8月1日放送のラジオ『中居正広 ON&ON AIR』(ニッポン放送)では弱音を吐く場面があったのです。

2ランク下がった…

中居は「ジャニーズのときはすごくいい車に乗らせてもらっていました。現状で言うと、2ランクくらい下がった車に今は乗ってます」と明かしたのです。

さらに、個人事務所の状況については

「本当にね、払うお金がいっぱいあるのよ。これ最初だけかな? と思いながらもうハンコばっか押してる。こんなかかるんだって。独立ってこういうことなんだな、こういうの払わなきゃいけない、これも払わなきゃいけない、ビックリしちゃうよ」

と、慣れない経営者としての顔を垣間見せたのです。

9月8日発売の『女性自身』(光文社)では、中居が周囲に対して「コロナの影響で収入が予想外にない」、「俺は経営者に向いていないんじゃないか」と愚痴を漏らすこともあったと報じています。

「おそらく、独立後の不安定な立場から、そうした愚痴をこぼしているんでしょうね。しかし、その中居さんの不安が現実のものとなるかもしれません。というのも、日本テレビ系の『ザ!世界仰天ニュース』(以下、仰天ニュース)が打ち切りの危機に瀕しているというんです」(放送作家)

『仰天ニュース』は制作費が高い!

中居と笑福亭鶴瓶(68)がMCを務める『仰天ニュース』(火曜21時~21時54分)は、2001年4月にスタートして以降、19年にわたって続いています。

「日本テレビ内で『仰天ニュース』が打ち切りの筆頭候補に挙げられているといい、このまま改善がなければ、早ければ来春、遅くても1年後には打ち切りになる見込みだというんです。
現在、テレビ各局はコロナの影響で未曽有の不況に直面しており、ここ最近は出演者のギャラも制作費もかなり絞ってきていました。しかし、広告費が大きく落ち込んだリーマンショック前、約10年以上前から続く番組は、日テレでも現在まで制作費が変わらず高い水準にあるんです。『仰天ニュース』もそうした番組のひとつで、制作費の高さが問題になっているといいます」(前出の放送作家)

中居自体がコア層の興味外!?

「また、『仰天ニュース』の番組内容も日本テレビが狙っている、13~49歳の“コア層”向けのものとは言えず、どちらかと言えば中高年向けですよね。制作費の大幅削減や番組内容の改善などがない限り、中居さんのライフワークとも言える『仰天ニュース』は打ち切りになってしまう可能性は高いと。
中居さんがMCを務める『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)なども、それほど数字は良くはありません。中居さんも今年48歳を迎えました。今、若者層に大人気の若手ジャニーズグループKing&Prince、SixTONES、Snow Manなどとは親と子ほども年齢が離れているわけで、いくら元国民的グループ・SMAPのリーダーだといっても、彼はコア層が見たい対象ではなくなってきているとも言えそうです」(前出の放送作家)

やりたいことをやるためにフリーになったはずが、予想外の大不況のあおりを受けて窮地に陥っている中居。

『仰天ニュース』はMC中居正広の“根幹”とも言える番組。

はたして中居は「のんびりなかい」の代表取締役として、ピンチを脱することができるのでしょうか。

ネットの声

「経営大変だ!でも考え悩み抜いて行動していくことで成長と成功があります!頑張って下さい!」

「優しい人柄が優先しちゃうと、厳しい立場に置かれる経営者には向いてないかもしれないね。それでも、どこかで折り合いつけてうまく立ち回れる気もするけどな。」

「中居君は戸惑ってはいるけれど焦ってはないのでは。送迎車だってネタとしてそんな話をしてるけど納得して利用しているはず。
大活躍ではなく長く愛される中居君になっていってほしい。いえいえそうなってるね。」

芸能活動に加えて事務所経営が加わったのですから大変です。

それでも仕事が無くなることはないでしょう。

おすすめの記事