鼻をきゅっと押すとにゅるにゅるしたものが出てくるときがあります。それが角栓です。この角栓ですが、皮脂と思っている人が多いと思うのですが、皮脂と角質が混じったものが角栓です。

角栓のできる原因は?

この角栓ができる大きな要因は皮脂の過剰な分泌です。もっとも毛穴の奥にある皮脂腺から常に皮脂が分泌されているのですが、それが毛穴を通って外に排出されます。

それが正常な状態で、皮脂も悪者ではなく皮膚の乾燥を防ぐためにとても大事なものなのです。

それが何らかの要因で皮脂の分泌が過剰になると外に分泌されないで毛穴にとどまり、それが角質と一緒になって角栓となるのです。

皮脂の過剰分泌は、生活習慣の乱れや過剰なストレスが原因とされています。


さらにもう一つは加齢による肌の再生パターンによるターンオーバーの衰えです。これが遅れると古い角質が毛穴に停滞してしまうので、それが皮脂と一緒になって角栓となり毛穴に停滞してしまうのです。

角栓を放置しておくとどうなるの?

これは黒ずみのもとになります。皮脂と混ざってしまっているということは後続の皮脂が立ち往生していますから、それら角栓となってしまい、やがて固まってしまいます。

そうなると角栓を取り出すことが難しくなってしまいます。

角栓は取りすぎると皮脂の過剰分泌を促してしまうという意見も多いのですが、取らない方がむしろ皮膚には悪い影響を与えてしまうのです。

毛穴の角栓を撃退するには

どのようにして角栓を取るようにしたらいいでしょうか。それには大きく分けて次にような対策が必要となります。

毛穴を詰まらせる要因となる角質を取り除く

皮脂と混ざる前の角質を取り除く方法です。角質はタンパク質なので、本来脂性の汚れを取り除くように作られているクレンジング剤や洗顔クリームなどでは上手く落とせません。

そこでタンパク質系の汚れを落とす効果のある、ピーリング石けんや酵素系の洗顔クリームなどを使用して優しくソフトに古い角質を落とすようにします。

ここで気をつけたいのはクレンジング剤などで、古い角質を取り除こうとするのは効果が期待できません。

取れないのに長時間クレンジングをしたり、ゴシゴシと強い刺激を与えると肌が傷つきますし、角質層に存在している細胞間脂質や天然保湿因子まで洗い流してしまいます。

これらは肌に必要なものですから、洗い流さないように気をつけなくてはいけません。

不要な角質ができる要因を排除します

不要な角質が生み出される主な原因は肌の乾燥によるところが大きいです。さらに角質層に余計なダメージが加わることも大きな要因となります。

これらを予防するために必要なことは、クレンジングや洗顔時にいたずらに肌をこすらないようにする。

スクラブ洗顔剤や洗顔ブラシなどは肌を傷めるので使用しない。そしてクレンジングや洗顔は短時間に完結に行うようにする。そして、熱すぎるお湯での洗顔は避けるようにしましょう。

さらにしっかり保湿することが大事で、それと同時に紫外線対策もしっかり行うようにしましょう。

最後に睡眠不足はどんなときでも肌にいい影響を与えません。そしてバランスの悪い食事もターンオーバーを乱すことになりますので、生活習慣を改めて規則正しい生活をするようにしましょう。

角栓はつるっと落としやすいように肌や毛穴を柔らかくします。

肌やけ毛穴が硬くなると、角栓が取れにくくなります。すでに硬くなっているのでしたら、俗にいう毛穴体操が効果的です。

もっとも角質層が硬くなっているため無理矢理ほぐそうとすると、大きなダメージを与えてしまうこともあります。

週に2,3回程度でもかまわないので、肌や毛穴を柔らかく保ち、角栓を取りやすくする環境を作ることが大切です。

毛穴体操は鼻を例に取ると、鼻を両手の中指と薬指で挟むようにして前後左右に優しく動かします。さらに回転するように動かし、最後につまんで軽く押し出すようにします。


簡単ですが、これを繰り返すことで柔らかくなって角栓が取れやすくなります。

角栓をきちんと取り除くには毛穴体操と合わせて、蒸しタオルなどで毛穴を開くとさらに角栓が取りやすくなります。

常の洗顔剤よりもピーリング石けんのほうが効果があるので優しく洗顔すると取りやすくなり、最後は毛穴を閉じるために冷水で引き締めるというのがパターンになります。

鼻パックはメリットもデメリットも

肝心の鼻パックの話です。この鼻パックはおもしろいくらいに角栓が取れます

しかし逆に取れすぎるので、皮脂の分泌をいたずらに促したり、毛穴が開くのでそこに角質がたまったりするので、結局は効果無しに終わることが多いです。

良く取れるので効果があると思われがちですが、皮膚の内部では皮脂が足りなくなったということで皮脂の過剰分泌が起こるので、結局はいたちごっこになってしまいます。

普通にピーリング石けんを泡立ててソフトに泡の力で取り除くのが最善の方法ということになります。

ネットの声

「口周りの角栓きもいの私だけなのか。どうしたらいいの?角栓を抜くのにハァハァしちゃう自分じゃないのも」

「ディープクリア洗顔パウダー、洗い心地は凄く好きです。毛穴もつるつるします。でも、角栓までは取れないです。黒ずみも全然取れなくて、私には合わないのかなぁと、、、洗い方が悪いんでしょうか?」

「朝から又毛穴と戦っております。最近suisaiの酵素パウダーで、ちょっと効果ありそうな小鼻の毛穴。でも1つやっぱり消えない黒い点。ずっーと、あるんです。剥がすタイプの角栓取りは自分の中で禁止!でしたが、名前につられて買ってしまった。どうか、無くなっていますように。」

角栓にはみなさん苦しんでいるようですね。

おすすめの記事