小田原城…430年ぶりの…『休館のお知らせ』がかっこいい!

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、緊急事態宣言の解除まで多くの施設が休業していた日本。

神奈川県にある小田原城址公園も、長らく休館・休園をしていたのです。

そのような中で、2020年5月20日には、小田原市のFacebookが『小田原城址公園からのお知らせ』としてポスターを投稿。

同年6月1日に開館・開園するまで、もうしばらく待っていてほしいことを告げているのですが、「表現が秀逸」と注目を集めていました。

休館のお知らせ

小田原城址公園内の各施設は、もうしばらく休館致します。

430年ぶりの
籠城戦
小田原城

洒落が効いている

休館を『籠城(ろうじょう)戦』と表現しています…!

豊臣秀吉の軍勢に攻められた際、小田原北条氏は守備を固めた状態で城内に立てこもり、3か月間応戦。

その時とコロナウイルスに攻められている人類の今をなぞらえて、『籠城戦』と表現したのでしょう。

ポスター右端に書かれている、『長陣、苦労察入候共、此節少も油断有間敷事(長期戦で大変だが、今は気を緩めないようにしよう)』という北条氏直の言葉も胸にしみます。

こちらのポスターはネット上でたちまち評判となり、

「めっちゃいいポスター」
「今回は絶対に負けないぞ!」

などの声が上がっています。

完全開館にはもう少しかかる…

市の投稿によると、6月1日に開館・開園になっても、感染拡大防止の観点から『小田原城NINJA館(歴史見聞館)』と『こども遊園地』は引き続き休館・休園。

開館・開園する施設についても一部利用の制限を行うとのことです。

また、当分の間は県外からの来場は遠慮してほしいとのこと。

感染の心配がなくなり、以前通りの小田原城を眺められる日が早く来るといいですね。

ネットの反応

「これは秀逸。そんなに前になるんだね」

「小田原籠城戦の規模は大阪の陣の比じゃなかったからね。」

「開館が待ち遠しかった。小田原城が『開城』したらコロナもいよいよ収束かって思うよね」

第2波の予感がしていますが、このまま収束してもらいたいですね。

おすすめの記事