小室圭…小木のド正論…今さらだけど「何もなしてない人間が…」

おぎやはぎ矢作 小室家問題での“解決金”に本音「今さらお金返したって…何の説得力もない」

矢作が4月28日、フジテレビ系「バイキングMORE」に生出演。

秋篠宮家の長女眞子さまと婚約が内定している小室圭さんの一連の結婚問題などについて、本音をぶちまける瞬間がありました。

解決金についてのコメントから

番組では、一連の流れを紹介したうえで、圭さんの母・佳代さんと元婚約者の金銭トラブルで解決金を渡す意向を示したことを受け、元婚約者側が27日に「代理人を通じて解決金についての交渉ができればと考えています」とのコメントを明らかにしたことを取り上げました。

元婚約者は文書で「いまだに世間を騒がせていることに関して、誠に申し訳なく感じている」と陳謝。

その上で解決金の交渉に応じる意向を示したのですが、交渉の相手は「圭さんではなく佳代さん」と指摘。

「私と佳代さんの金銭問題と圭さんの結婚は別問題だと今も考えています」としたのです。

そのうえで、佳代さんについては「体調が悪く、長期の入院中と伺っている。可能な限り早くお話を伺い、最終的な判断をしようと考えている」などとつづっていました。

坂上忍が口火

一連の流れの中で、番組MCの坂上忍は「俺が親だったら」と秋篠宮様の気持ちとなり、「やっぱり自分の娘でしょ?同性として金にキレイじゃないとね。そこは一番嫌」と嫌悪感を示したのです。

矢作も「嫌だね、金の使い方が下手だし」とバッサリ。

「それこそ、今からお金払ったってさ、当人同士はいいよ、返してもらった方が。今さらお金返したって、何の説得力もないんだから、本当に無駄なお金」と一連の流れに本音をぶちまけました。

小木がド正論を

相方の小木も

「僕はそもそも、まずお金もねえ、これから留学して、弁護士の資格も取ってねぇやつが、結婚してくださいって言ってくる時点でおかしい。お父さんとしてよ、一般の親の感覚。金ねぇ奴が何で?」と素朴な疑問を投げかけ、

「何もなしてない人間が幸せにできるわけないって思う」

と吐き捨てていました。

ネットの声

「おぎやはぎ、よく言った。おぎやはぎの発言にスタッフ含め周りはドタバタしてたけどね。」

「国民の代弁者おぎやはぎさん。忖度ばかりで的外れなコメントしか言えないタレントが多い中、スカッとしました。今日のバイキングは面白くはあったけど、今頃上芝弁護士から速攻クレーム入って、局の上層部は大変だろうなぁ。坂上さんも焦ってたけど、ニヤニヤして嬉しそうでした本音トークをぶちかましてくれたから。おぎやはぎはこれから毎日レギュラーでお願いします。」

「既に金銭トラブルの有無ではなく、このトラブルを通じて露呈した小室圭の人間性が問題なんだから、解決金を元婚約者がどうしようとなんの解決にもなんないんだよね。大体、小木の言う通り、結婚申し込む時点で留学って時点で「は?」だし、今回の文書の件で、まともに金稼げるかまで疑問符がついちゃったでしょ。仕事できる奴なら、もっとましな対応するって。」



おすすめの記事