小栗旬が「ドラッグの役だからドラッグやります、そういうことじゃないよね?」と問いかけると…

沢尻エリカ逮捕で「2か月前のトーク」が話題になっています。

逮捕2ヵ月前のトーク番組にて

女優・沢尻エリカ容疑者(33)が合成麻薬MDMAを所持したとして麻薬取締法違反容疑で2019年11月16日に逮捕されました。

そのことを受け、沢尻容疑者が約2か月前に出演したトーク番組での振る舞いに注目が集まっているのです。

9月22日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)でのこと。

映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」公開直後のこの時、監督の蜷川実花、主演の小栗旬、主要キャストの沢尻エリカが出演しました。

演技について語る中で、小栗旬から「ドラッグの役だからドラッグやりますとか、そういうことじゃないよね」という言葉が飛び出す場面があったのです。

フィクションとリアルの境界線

3人でトークを展開した同番組。


演じる中で役に「入り込む」あまり、

「フィクションとリアルの境界線があいまいになる?」

と蜷川実花が聞くと、俳優2人は「あるある」と頷きます。

小栗旬は20代のころ

「毎日その人(共演者)のこと考えてたこともあった」

とし、

「人間って正直そこまで強くないじゃないですか、心が。とてつもなく繊細で、心が弱くて、でもだからこそ別人格を演じることに命を懸けているから、気が付くと何かを頼ってしまう瞬間がたぶんあると思う」

と考察しています。

さらに、

「絶対に日本では良くないと思うけど、役者がそれでオーバードーズみたいになって死んでしまうようなことは...あるよなと思うわけ。例えば最近で言えばヒース・レジャー(編注・急性薬物中毒で死去)だって、あの(映画『ダークナイト』で演じた)『ジョーカー』を生んだとなったら、なるよ。だって現実がどこかって分からなくなっちゃうんだもん」

と述べると、沢尻エリカは

「まあそれが恋愛だったりとか。人って絶対何かに依存しているわけだから」

と一言言うのです。

これに小栗旬が

「でもそれで一番重要なことは何かというと、じゃあ『人を殺した経験ありますか?』ってところに行き着いた結果、僕らは人を殺したことはないけど、人を殺す役をやらないといけないというのが、最終的に一番究極で悩まなければいけない部分だと思う。となると、他のそういうことだって、じゃあ『ドラッグの役だからドラッグやります』とか、そういうことじゃないよね、と」

として、沢尻エリカのほうにチラリと視線を向けたのです。

そのとき、沢尻容疑者はテーブル上のグラスに入った水を飲みます。

小栗旬は

「ということは『いろんな想像力で補いましょう』というのが、一番重要になっていくよね」

と持論を展開。

沢尻容疑者はグラスを置き、言葉を発しないまま「うんうん」と頷いたのです。

いろんな想像力で補うしかない

「だんだん変わってきた? 昔はだって、なるべく...」

とい蜷川実花に、小栗旬は

「なるべく体験しようと思っていました。でも自分の想像力をもうちょっと信じてみようかなと思うことも、増えてきたかもしれないですね」

と返すと、映し出された沢尻容疑者は、両肘をつき、あごの下に握った手を当てて、斜め下を向いていたのです

こうしたやり取りが、沢尻容疑者逮捕直後の16日ごろからネット上で再注目されています。


複数の報道によると、警視庁が11月16日朝、沢尻容疑者の自宅を家宅捜索するとMDMAが見つかりました。

17日に送検し、入手経路なども調べています。

沢尻容疑者は「以前から違法薬物を使用していた」旨の供述をしているということです。

ネットの反応

「このときの沢尻エリカって針のむしろだっただろうなあ。ちょくちょく沢尻のほうを見る小栗旬の視線が痛かっただろうな。」

「『人を殺したことはありますか?』ってところは沢尻エリカの目をしっかりと見て話してるのに、『ドラッグの役だからドラッグやります』ってところは沢尻のほうを見てないんだよ。でも沢尻はそのとき水をゴクッと飲むんだよね。このときゾクゾクッときたよ。」

「小栗旬は沢尻のドラッグ漬けを完全に知ってたね。やっぱりそういう噂って絶対に芸能界じゃ回ってくるよ。」

このときの動画を見ると、小栗旬の言葉の説得力のすごさが伝わってきます。

同時に沢尻エリカの挙動がやはり動揺してるのかな?とも見えますね。

おすすめの記事