人気俳優の小栗旬にはNGがない??

そんな話もちらほら聞こえてくるのは、本人主演の漫画キャラの実写版の多さでしょう。

ルパン三世や銀魂の主演も記憶に新しいところですよね。

NGのない俳優と言われている!?

小栗旬ほど漫画を実写化したときの主人公役の多い俳優もいません

アニメ版のキャラが濃すぎて誰もが尻込みする主演をいとも簡単に受けている印象があります。

実際、本人も面白がっている、あるいは俳優の本懐ここにありと思っているのでしょうね。

それでも、やはり「自分でいいのか?」と尻込みしたキャラクターがあったようです。

それがルパン三世です。

国民的なキャラクターですし、

アニメが立ってますからね。

それをなんで実写化するのか…そして何故自分がルパン三世なのか…

オファーが来た時に思ったそうです。

これまでの実写化されたものは??

この投稿をInstagramで見る

🎬 2017年邦画『君の膵臓をたべたい』の備忘録。 ヒロインは浜辺美波。ストーリーテラーは小栗旬。 . 一年ほど前に20代後半の男友達から「美波ちゃんが可愛いから是非観て!」と勧められて、「なに?膵臓?グロい」と思いスルーしてたのだが、Amazonプライマー期間残り僅かなので前知識なしにトライ。 . 闘病生活を送る美少女サクラと、塞ぎ込みがちな真面目少年ハルキの高校生日記。 サクラ(演: 美波ちゃん)は自分が可愛いのと余命僅かなのをいいことに、健全な少年ハルキの心を遊園地のコーヒーカップ並みに振り回すのだが、なんだかね、ハルキが不憫でならない。 . この映画を勧めてきた男友達は、こういう美少女に振り回されたい願望でもあるのかな。私はこの手の女子が苦手だ。 . ひとが命を落とす原因はなにも病気とは限らない。不慮の事故や天災など突然のことかもしれない。1日1日を大切に過ごさないとね。 「#明日ミサイルが落ちるかもしれないし」←これは私がよく言う台詞。 . . . #君の膵臓をたべたい #浜辺美波 #北村匠海 #大友花恋 #北川景子 #小栗旬 #映画好きな人と繋がりたい #映画備忘録 #movieqoutes

Kiiimaさん(@kiiima_betterlife)がシェアした投稿 -


最近で話題だったのは銀魂ですね

1だけにとどまらず続編が2018年に公開されています。

他には古いものでは、名探偵コナンの工藤新一役をやっていますし、

宇宙兄弟のむっちゃん役も良かったですね。

そして、なんといってもルパン三世でしょう。

できあがりを見ても、小栗旬以外ルパン三世役はできなかったと思えるくらいの出来映えでした。

役作りのために1年以上も前から、減量していたということですからすごいですよね。

役者なら当然とも言えるのですが、小栗旬のすごさは漫画からの実写化が多い点です。

漫画やアニメが人気になると実写化も…という流れになるのですが、

原作やアニメが大人気だと、実写化のオファーが来る俳優は嫌がる人がほとんどだそうです。

確かに、実写化でこけることも少なくないし、

こけたらイメージダウンにもなるので嫌がるのも分かる気がします。

というよりも、実写化というのはこけやすいんですよ。

その中で、困ったときの小栗旬頼みというわけではないのですが、

小栗旬は断らないことで有名なんだそうです。

もっとも、さすがにルパン三世のオファーが来たときは

自分にできるのだろうか…」と、逡巡したそうです。

国民的アニメですから、さすがに二つ返事というわけにはいかなかったようですが、

結果的に前向きに考えるのは、さすが小栗旬と言えるでしょう。

小栗旬主演で実写化された映画は、最近では他にも信長協奏曲(2016年)、ミュージアム(2016年)、

追憶(2017年)、気味の膵臓を食べたい(2017年)などがあります

それ以前に遡っても、ほぼ毎年実写化映画に出演しています

まさに、実写化俳優の面目躍如といったところですね。

小栗旬のすごみ

ルパン三世の実写化についてです。

原作者のモンキーパンチ氏は、

本来、実写化には「ファンを失望させるだけ」といって反対してきたそうです。

それを知っているからこそ、小栗旬もオファーには慎重だったのでしょう。

モンキーパンチ氏は、実写化とはほど遠い漫画の世界にしか存在しないような

突き抜けたキャラづくりをしたというのが真相のようですね。

それを快諾したのは、やはり小栗旬のもつ役者魂であるとか、

何でもこなせる懐の深さを感じ取ったからでしょう。

脇を固める配役もすごいですよ。

次元大介は玉山鉄二、石川五ェ門に綾野剛、峰不二子に黒木メイサ、銭形警部は浅野忠信です。

まさに個性派俳優・実力者俳優揃いですし、この配役は見事の一言に尽きます。

どれもファン納得の配役といっていいでしょう。

モンキーパンチ氏は、今年(2019年)4月に肺炎で亡くなっています。

まさに、実写版ルパン三世を見終えて息を引き取った感がありますね。

小栗旬も並々ならぬ覚悟でルパン三世を演じきったのでしょうね。

6月14日に、モンキーパンチ氏を偲ぶ会が青山葬儀場でしめやかに行われたのですが、

栗旬が涙を流しながらインタビューに応えていたのが印象的です。

モンキーパンチ氏も従来の否定的な立場から一転して

実写化については「とてもいい」と言ってくれたのが、出演者全員をホッとさせたことは間違いないでしょう。

ネットの反応

「モンキーパンチ氏は、絞り込んできた風貌の小栗旬を見て『おお、ルパンがいるじゃないか』と言ってくれたそうですね。」

「偲ぶ会に浅野忠信が銭形警部の格好で参列したのに泣けた…」

「小栗旬て何気にすごい俳優だと思う。何でもこなせるし、何でも全力投球していることがわかるよ」

ルパン三世もそうですが、銀魂の坂田銀時も適役と言えるような出来映えです。

続編ができるくらいですから当然のことでしょう。

おすすめの記事