おひとり様に限らず死後の手続きはこんなに煩雑

すっかり定着した感のある「終活」という言葉。

当初は葬儀やお墓の準備をする人が多かったのが、最近の傾向は住まいやものの片づけに変化してきているそうです。

そもそも、年齢を重ねていくなかで、病気や体力の低下には備えることができても、自分の死後についてとなると…。

しかも“おひとり様”の場合は何についてどのように準備すればよいのでしょうか。

自分が亡くなったあと家を片づけるのは

「終活」という言葉が流行語になったのは2012年。

当時の終活は、自身の葬儀やお墓に関することが中心でしたが、現在では自分亡きあと、家の片づけをどうするかなど、モノや心の整理をしておきたいという人が増えています。

女性は男性より長寿であり、未婚や離婚も増えるなかで、「おひとりさまの死後」の準備は、女性にとって、より切実な問題です。

おひとりさまの女性が自身の死後についてまず不安に思うのは、葬儀までの段取りや無事に埋葬されるのか、ということではないでしょうか。

おひとりさまが亡くなると、基本的には親族(6親等以内の血族と3親等以内の姻族)が初期対応の候補者となります。

しかし、何十年も会っていないのに遺体の引き取りに来てください、と言われても困るでしょう。

中には兄弟姉妹と折り合いが悪いから頼りたくない、甥や姪に迷惑をかけたくないと考える人もいるでしょう。

葬儀などセレモニーが一通り終わると、次は部屋の片づけやさまざまな届け出・手続きが待っています。

最近は「デジタル遺品」が増えており、パソコンの中の個人情報やSNSのアカウントの削除も必要です。

誰かに削除を頼んでおかないといつまでもデータが残り続けることになり、月会費がかかるサービスなども、解約しなければ請求が続きます。

さらに役所などの一連の手続きにも手間がかかるものです。

年金や介護保険といった社会保険の停止、公共サービスの解約、賃貸住宅や老人ホームの解約など…。

ひとりでも安心できる身じまいの準備を

三井住友信託銀行には「おひとりさま信託」という死後の身の回りのことを任せられるサービスがあります。

契約時に、自身の希望を「未来の縁-ing(エンディング)ノート」に残し、万が一の場合は、その内容に沿って、一般社団法人安心サポートが死後事務を行う仕組みです。

死後事務にかかる費用は三井住友信託銀行が預かる仕組みです。

契約期間中は、携帯端末に安否確認メッセージを定期的に送信します。

また、「死亡連絡カード」も発行しますので、外出先で急に倒れた場合などにも備えることができます。

死後の不安を少しでも軽くするために

「未来の縁-ingノート」では、葬儀の希望や埋葬の方法についての希望(樹木葬、海洋散骨、永代供養など)、訃報を知らせてほしい人も指定できます。

また、SNSアカウントのIDなどの一覧を作っておくことで、アカウントの削除も速やかに行われます。

その他、公共サービスの解約、社会保険の手続き、クレジットカードの精算・解約やペットの託し先へのお渡しもカバー。

まさに実現可能なエンディングノートです。

預かった資金は死後事務の費用を精算した後、あらかじめ指定した受取人にお支払いします。

受取人は相続人の他、公益法人等を指定できます。

自身の身じまいを一括して任せることで、死後の不安は少し軽くなります。

その分、人生100年時代、ひとりの時間を楽しみ、心地よく過ごすための安心につなげていくことができるでしょう。

ネットの声

「自分の場合、法定相続人になり得る血縁者も配偶者もいないし、一番近い親戚は従兄弟たちだが、彼らの手をわずらわせる気もない。葬儀も墓も不要の散骨希望だし、何なら骨も残さず焼いてくれれば手間がかからなくてありがたいくらい。
とはいえ、最終的に誰かしら(特に自治体職員の皆様)の厄介になることは申し訳ないと思うので、せめて金銭的にも手続き的にも最小限の手間で済むように準備はしておくつもり。ある程度の年齢になったら、ネットのアカウントも有料の物は極力整理しておこう。」

「独身子無しのアラフィフです。ちょっと調べてみたら、最低300万円の預入または50万+毎月の保険料、加えて信託報酬が最低約15万円ということなので、考えてみようかな。都立霊園の樹木葬墓を予約済みなんですが、そこに入るまでのことを誰かにやってもらわなければなりませんからね。友人や親族に面倒かけるよりも、お金払ってプロにやってもらうほうが気兼ねしなくていいし、確実でしょうし。」

「「おひとりさま信託」これはいいですね。・・・でも、これからもっともっとこうしたサービスが多くなると思います。まさに需要と供給。おひとりさまでも老後の心配は、あまりしなくても済みそうです。」

孤独死などそういった状況がすぐに把握できるようにしたいですね。

おすすめの記事