岡江久美子さんの“息子”を名乗る人物の動画投稿がYouTubeで相次いでいます。

気になってしょうがないけど、一番の対策は「見つけても再生しないこと」

こうした動画は、これまでも事件や事故が起きる度に投稿されています。

岡江さんの息子を自称するユーザーたちも、それぞれ

「King Gnu・井口理の弟」「菅田将暉の兄」「石田純一の息子」「赤江珠緒の元カレ」「金正恩の手術をした医者」など、

時々の話題の人物の関係者を名乗って投稿を続けているのです。

炎上目当て?

ITジャーナリストの三上洋氏は

「騒がせて人気者になった感覚を味わいたい、ただ炎上すればそれでいいということで、SNSで話題を呼びそうな人物を常に探し続けている」

パンサーの向井慧は

「アカウントをBANするのは無理なのか」と不快感を露わにしています。

YouTubeでは、仮に動画が規約に違反したものであればプラットフォーム側に通報することも可能で、それが一定数溜まると削除されることもあるということです。

収益化できている…

2ちゃんねるの創設者ひろゆき(西村博之)氏は

「お金も絡んでいる。YouTubeには収益化できる条件に、動画の再生数と再生時間があるので、削除したとしてもその条件を超えている場合もある。こうして騒ぎになることでさらに再生数が伸びてしまう」

と背景を説明しています。

ユーチューブ利用者にできることは、こうした動画を見つけても再生しないことではないでしょうか。

ネットの反応

「有名人の関係者であることを虚偽で語っているのであれば、内容によっては名誉毀損罪など法的措置が取れるのではないだろうか。」

「Yahooニュースでも、炎上商法の有名人がSNSで発信した事を取り上げた記事に対して、わざわざ否定的な意見を書き込んでいる人が多いですが、その記事を閲覧する行為そのものが、結果的に相手を喜ばせることになっています。
炎上商法の動画を再生しない事も重要ですが、炎上商法のニュース記事も同様に開かない、という事も大切だと思います。」

「この動画にしてもマスク高額転売にしてもコロナ詐欺にしても、どうして弱い人や人の不幸や不安に付け込んで金儲けしようと思えるのか理解できない。人としていかがなものか。本当に不快です。運営側の速やかな対応を期待します。こういう事例は警察も動くべきでは?」

ついつい再生してしまいました。まったく意味の無い内容です。

このような人たちにお金が入ってしまうのは本当に腹立たしいですね。

おすすめの記事