お金がないときの駆け込み寺はやはり銀行でしょう。
お金がないからといって銀行ではなく消費者金融会社に借金の申し込みをする人はいません。
まずは銀行カードローンの融資の申し込みをすることになります。

お金がないときはどうしたらいい?

お金を借りる方法としては銀行カードローンに頼るのが常套手段なのです。
それはどうしてかというと銀行カードローンのほうが消費者金融会社のカードローンよりも金利が低いので返済しやすいということがあげられます。
もっとも銀行や消費者金融会社に借金をするくらいなら、身内や知人を頼ったほうがいいという考えもあります。

そのほうが無利息で借りることができるので、返済が銀行や消費者金融会社よりも楽になるからです。
その代わり借用書はしっかり書くようにしなくてはいけません。
とかく身内の場合は借用書を作らないことが多いので、この点はまさに血の結束と考えてもいいでしょう。

知人からの借金の場合は、借用書は必須です。
また、金利がゼロで無利息ということが多いと思うのですが、それとは別にお礼の品を贈ることが多いので、贈答品によっては、金利の付いた利息よりも高くなることもあるかもしれません。
身内ならともかく、友人知人から借りる場合は、返済を滞りなく行ったとしても、関係がギクシャクすることもあるので気をつけたほうがいいでしょう。

利息がかからないのが魅力ですが、他のところで負い目を感じながら友人関係を続けるのも骨が折れるものだからです。
中にはあまりにもお金がなくて、生活に困っている人もいるかもしれません。
そういったときは地域の民生委員に相談し、社会福祉協議会のお世話になるのもいいでしょう。

もっとも、これは最終手段とも言えますし、その段階の前に債務整理や自己破産を経るケースのほうが多いかもしれません。
それと、会社経営者の場合は、資金繰りが悪化してしまって、お金の工面が大変なときがあります。
中には従業員への給与支払いが止まっているというところもあるのではないでしょうか。

ビジネスローンなどを利用して、あちこちから借金をしてしまうと、お金の価値観というものが麻痺してしまうこともあります。
生活もいずれは破綻してしまうことでしょう。
どこかで歯止めをかけなくてはいけないのですが、まとまったお金ができたら、投資をしてしまって、せっかくのお金がなくなってしまうこともあるのです。

金融機関や貸金業者からお金を借りることができないとき

金融機関や消費者金融会社などの貸金業者からお金を借りるよりも手っ取り早く現金を手にする方法もあります。
それがネットオークションです。
もっとも、出品から入札、そして落札されて落札者からの入金までに数日から一週間以上かかる場合があります。

また、ものによっては入札されないものもあるでしょう。
ですから、確実に落札されるということではないのですが、ある程度リサーチして、この商品だったらこれくらいで落札してくれるといった情報を事前にゲットしておくことで当たらずとも遠からずのお金を入手することもできるかもしれません。
ネットオークションで大事なのは品物自体ですから、売れそうだなと思う商品を、また、自分自身にはまったく価値のないものが、他の人にとってはお宝となるようなものもあります。

ですから、これは売れないかも…という先入観は捨てて何でもネットオークションに出品するくらいの心構えでいたほうがいいでしょう。
ネットオークションは販売者というか出品者のほうが有利です。
値付けができるのですから当然ですね。

そして、入金が確認されてから商品を送るのでノーリスクなのです。
お金がどうしても必要という場合は、できるだけ売れ筋のものをネットオークションで出品すると比較的早く現金をゲットすることができるでしょう。
それとネットオークションの他にはスマホでフリマアプリをダウンロードして活用するのもいいでしょう。

これもかなり小銭が稼げるようです。
また、日払いの仕事を求人情報誌などで探して働くことでお金をゲットすることができます。
アルバイト代の支払いが日払いというのは探したらけっこうあるものです。

単発的な仕事で良ければ探すのに苦労はしないでしょう。
定期的にアルバイトとなると正規の仕事に影響しないように働かなくてはいけませんし、正規の仕事のほうが優先ですから、仕事によってはアルバイトのほうに穴を開ける場合もあるので注意したいところです。
単身世帯でしたら、自分のことは何でもしなくてはいけないので、それが副業やアルバイトで稼ぐということの足かせになりそうです。

ブラック状態にある人がお金を借りるには

債務整理あるいは任意整理中ということでしたら、その人はブラック状態となっている人です。
ここに至るまでに、カードローンなどの支払いを滞納したり、結果的に返済不能となってしまった人ですね。

その場合、自分から弁護士に依頼したか、債権者側が簡易裁判所に調停依頼をしたかのいずれかになります。
また、返済不能でお金がまったくないという人でしたら、自己破産を選択することもできます。
借金を帳消しにしてしまうことなのですが、これは法律でも認められている制度なのです。

債務者にとってはかなり有利な制度ということになりますが、持ち家があればそれを手放さなくてはいけませんし、車などの資産価値のあるものも差し押さえになります。
残ったものは安アパートの住まいにテレビや冷蔵庫もなく、小さなちゃぶ台があるだけとなるのです。
そうならないためにも働かなくてはいけないのですが、定職に就くこともできないということでしたら、ショットワークスを利用するのも一つの方法です。

名前の通り単発的な仕事を紹介してくれるところですから、アルバイトですぐにでも働きたいとか、この日のこの時間に働きたいといった場合に大きな力になってくれるのは間違いありません。
お金がどうしても必要でしたら、積立型の生命保険を解約するのも一つの方法です。
満額の返金にはならないのですが、まとまったお金が必要というのでしたら、これも有力な方法となります。

債務整理といった法的整理となると、弁護士や司法書士に間に入ってもらって債権者との今後の支払いの交渉になります。
債務整理の場合は返済の意思があるのですから、自己破産と違って債権者のほうも返済に協力的となり金利を低く設定した返済条件を呑んでくれる場合もあります。
そして、正社員で働いているのでしたら、会社に債務整理をしているいわゆるブラック状態になったということが知られることはありません。

自己破産の場合は官報に名前が掲載されますが、閲覧しない限りわからないでしょう。
そこで、正社員でしたら、会社が従業員貸付制度があるのでしたら、是非とも利用したいところです。
なんといっても金利が低いですから、ここから借りることができたら、消費者金融会社のカードローンを利用する必要もないでしょう。

連帯保証人も必要ないことが多いですから、信用は本人の勤続年数など本人自身によるものですから、仕事に対するモチべ-ションも上がっていくことでしょう。

どうしてもお金が借りたい

お金を借りたいという人は、すでに借金まみれになっていて返済も滞っている人が多いはずです。
そこで新たにお金を借りようとして仮に貸してくれるところがあっても、途端に返済に困ることでしょう。
ですから、借りるときは返済方法をしっかり考えることが必要です。

きちんとした支払い方法を考えていないと、すぐに破綻してしまうことになります。
そのため返済額がとても重要になるのです。
お金が借りれないということはクレジットカードも利用停止になっているかもしれません。

生活していくうえで必要なのは借金の返済だけではなく、健康保険や年金など月々決まった支払いもあります。
そういった最低限必要なものまで支払いが滞ってしまったら、債務整理などではなく自己破産をしたほうが人生のやり直しには最短の方法かも知れません。
お金が必要だというのが、借金の返済で必要なのか月々の固定費で必要なのかということでしたら、家賃などの固定費は待ったなしです。

まずはそちらに充当するようにしましょう。
そのうえで、借金の返済ができないのであれば、自己破産の申請しか手はないといえます。
自己破産をすると新たな借金はできないというのが原則です。

ですから、自己破産をしてしまうと後がないということもしっかりと理解しておきたいところですね。

中にはリスクを背負う場合も…

お金をかしてくれるところがあります。
これはブラックとか債務整理とか自己破産などは関係のないところです。
というと察しの良い人はすぐにわかると思うのですが、個人間融資掲示板ですね。

借りたい人、貸したい人がそれぞれのカテゴリーの掲示板に書き込むことで、アクセスを待つというものですが、この個人間融資掲示板で個人間と言いながらも業者が介在することが多いのが、大きなリスクなのです。
まともな貸金業者であればいいのですが、中には闇金業者が介在していることもあるのです。
闇金の場合は非合法の業者ですから、金利が高くここから借りるとまさに破滅状態となるでしょう。

もっとも個人間融資であれば、利息制限法などの上限金利も無視されることが多いです。
そうなると年利20%以上の高金利で借りることになるリスクもあるということです。
口コミサイトの書き込みでは、うまく借りることができて、金利もそれほど高くはなかったというものもあります。

しかし、こういった書き込みがある中でサクラが書き込んでいる可能性も否定できません。
背に腹は変えられない事情もあるとは思いますが、現時点では個人間融資掲示板を利用するのはハイリスクと言わざるをえません。
また、なけなしのお金を投資に使う人もいるかもしれません。

そういったときの投資は100%失敗するのでしないほうがいいでしょう。

パチンコや競馬といったギャンブルにつぎ込むのはもってのほかですね。

おすすめの記事