お金を借りると考えたらほとんどの人は銀行を思い出すことでしょう。
銀行カードローンで借りるのが一般的だからです。
銀行カードローンでは、みずほ銀行カードローンが人気が高いです。

お金を借りる

他には、ネット銀行のカードローンや三井住友銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローン、楽天銀行カードローン、セブン銀行カードローンイオン銀行カードローンの人気が高く、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行のカードローンなどもよく利用されています。
しかし、その一方で銀行は必ずしも全ての人にローンの門戸を開いているわけではないのです。

これはどういうことかというと、銀行カードローンの申し込みをしても全ての人が銀行からお金を借りることはできないということです。
銀行のローンに対する審査はとても厳しくて、誰に対してもお金を貸してくれるというわけではありません。
その理由の一つというか全てになるのですが、属性の問題があります。

属性というのは専門用語でもあるのですが、今では世間一般にも浸透している言葉です。
言うなれば信用度とか返済能力ということになります。
誰でも信用のない人や、お金を貸しても返してくれそうもない人に喜んでお金は貸しません。

それは銀行でも同様なのです。
その気持ちが銀行はとても強いと考えたらわかりやすいでしょう。
一般的には、安定した収入のある人にお金を貸すというのが銀行に限らず全ての金融機関の建前となっています。

銀行ではその安定した収入というのが正社員に限られる場合が多いのです。
これを裏読みすればパートアルバイトの人には融資をしないということですね。
これが言うなればパートアルバイトでは属性が低いということになるのです。

また、正社員だからといっても銀行が諸手を挙げてお金を貸してくれるというわけではありません。
正社員の人でも他社借入れの多い人には銀行カードローンの審査には通らないでしょう。
複数の他社借入れと多重債務というのは境界線が難しいのですが、3社以上の借入れがあると銀行から新たに融資を受けるのは難しいと考えたほうがいいです。

他社借入れがあるとこれも属性が低くなってしまうということですね。
そうすると属性が低い人はどこから借りたらいいのでしょうか。
そうなると、銀行の次の手段として消費者金融会社のカードローンということになるのです。

いろいろな消費者金融会社がある

銀行からお金を借りることができなくて、それでもお金が必要だというのであれば、頼るのは消費者金融会社ということになります。
消費者金融会社に対するイメージというのはどうでしょうか。
年配の人でしたらいまだにサラ金というダークなイメージを持っていることでしょう。

特に20年30年前というのは、サラ金という言葉が新聞紙上を賑わしていた時代です。
ですから、年配者にとっては消費者金融会社はイコールサラ金ですから、消費者金融会社から借りるにはかなりの抵抗があることでしょう。
それでも、若い世代になると、消費者金融会社に対しての悪いイメージはそれほどありませんから、お金を借りるにしてもそれほど抵抗がないかもしれません。

もっとも、銀行と違って消費者金融会社は貸金業者ですから、イメージの違いというのは確かにあるでしょう。
また、消費者金融会社全てが大丈夫ということではなく、中には非合法の闇金などもいるので、気をつけるに越したことはないのです。
そして、消費者金融会社ですが、これにもかなりの幅があるのです。

消費者金融会社には、アコムやプロミス、アイフルにレイクといった大手消費者金融会社が消費者金融会社の全てではありません。
抜群の知名度がありますから、消費者金融会社といえばアコム以下の名前が出てくることでしょう。
しかし、大手消費者金融会社というのは数社しかありません。

そのほか、消費者金融会社の総数は2000社弱とされているのです。
ですから、2000社近くの消費者金融会社は大手以外ということになります。
その多くは大手以外ですから、中小消費者金融会社となり、さらには、街金と呼ばれる小規模な消費者金融会社なのです。

大手消費者金融会社のカードローンで借りる

銀行で借りることができないのなら、消費者金融会社の中でもアコムなどの大手消費者金融会社のカードローンからお金を借りるのがいいでしょう。
消費者金融会社の中でも大手の消費者金融会社のほうが金利が低いからです。
中小や街金と比べても金利は数%違いますし、1%でも違ったら利息はかなり違ってきます。

場合によっては長期の返済になることもあるので、できるだけというか金利は0.1%でも低いところから借りるほうがいいです。
これを考えると名前とか大手や中小消費者金融会社などは関係なく、より低い金利でお金を貸してくれる消費者金融会社が最優先となります。
もっとも、金利で比較するとやはり大手消費者金融会社のほうが中小消費者金融会社よりもローン金利は低くなっているので、選択肢としては大手以外にはないということになります。

しかし、ここで問題になるのが審査基準です。
銀行の審査基準ほど厳しくはないのですが、消費者金融会社の中でもローンの審査基準は大手消費者金融会社が一番厳しくなっています。
この場合は、他社借入れがあって、そのローンについて返済の滞納がある、または滞納履歴があったということはかなり問題視されます。

滞納があっても返済すればいいのでは?という考えもありますが、滞納という自体が重大な契約違反となるのです。
中にはうっかりミスで口座にお金が入ってなくて引き落としができなかったという場合もあるでしょう。
しかし、滞納の事実は機械的に処理されるので、利用者の事情は関係ないのです。

ですから滞納したという事実はある一定の期間まで信用情報機関に記録されるので、その期間においてたとえ新しく滞納していなくても、滞納したという履歴があるだけで属性が悪くなります。
また、パートアルバイトあるいは複数の他社借入れがある場合は、大手消費者金融会社の場合は審査も厳しくなってハードルも高くなるでしょう。
結果として大手消費者金融会社のカードローンの審査に落ちることもあるのです。

中小消費者金融会社で借りる

大手消費者金融会社のカードローンの審査に落ちてしまうと、今度は中小消費者金融会社のローンに申し込みをすることになります。
お金が必要ですから、この場合はどうしようもありません。
他に選択肢がないからです。

一般的には大手の消費者金融会社の名前は知名度もあって知っている人も多いと思いますが、中小の消費者金融会社は数が多くてどこから借りていいのかわからないという人も「いることでしょう。
中小消費者金融会社のキャッシングローンに申し込む場合は、まずは準大手と呼ばれる、大手消費者金融会社にも匹敵するような中小消費者金融会社のカードローンに申し込みましょう。
理由は少しでも金利の低いところから借りたいからです。

また、全国のATMが利用できるようなカードローンを扱っている消費者金融会社は、大手と準大手と呼ばれる中小消費者金融会社だけです。
そこからローンカードが発行されれば全国どこのATMも利用できるので便利です。
中小のほうがカードローン審査も大手よりは審査基準が低いので借りやすいと言えるでしょう。

気をつけなければいけないのが総量規制です。
これは年収の3分の1までしか借りることができないという規制です。
消費者金融会社のローン当てはまる規制です。

ですから、他社借入れもあって年収の3分の1くらい借りているのであれば、それ以上の借金ができないので、お金を借りることができません。
その場合は、毎年返済することで、利用可能額が増えていきますから、そういった空きを作るしかお金を新たに借りる術はないということを覚えておいたほうがいいです。
また、総量規制の対象外となる、おまとめローンや事業者ローンさらには不動産担保ローンなども見当してみるといいでしょう。

中でもおまとめローンは複数の債務の一本化ですから、審査に通るのであれば、このおまとめローンがもっともお勧めのローンとなります。
それでも、中には中小消費者金融会社からお金を借りることができない人もいるでしょう。

金融事故を起こしているひと、言うなればブラック状態の人であれば、即審査落ちというケースが多いです。
そういった場合ではどこからもお金を借りることができないのかというと、もう一つ下のランクになりますが街金から借りるという選択肢があるのです。

街金からお金を借りる

街金の場合でしたら、ブラックの人でもお金を借りることができるケースがあります。
これは確実というわけではないので、詳しくは口コミなどのサイトを確認しましょう。
ブラックでも借りることができたという書き込みがあれば、街金の名前も記載されていることが多く、そういった情報を伝って街金を訪問してみるのが一つの方法です。

街金というと胡散臭いイメージとどこかヤミ金に通じているのではないかと不安に感じる人もいるでしょう。
確かに街金と称して実体はヤミ金だったというケースもあります。
しかし、優良消費者金融会社の街金もたくさんあるのです。

ヤミ金か街金かの違いの判別ですが、お店に行ったときは都道府県知事の許可証、さらには貸金業協会の会員証があるかどうかを確認しましょう。
また、お金を借りる際に利息制限法である年利20%を遵守しているのかも確認します。
中には月利や週利で20%の金利を課すところもありますが、それは間違いなくヤミ金ですから、そこからお金を借りてはいけません。

そういった注意深さが街金レベルの消費者金融会社になってくると必要になるので十分に注意してください。
それでも、きちんとした街金を見つければ、ブラックの人でも貸してくれるケースはたくさんあります。
現在の属性を重視しているので、パートアルバイトでもいいですから、しっかり働いていることがわかれば、お金を貸してくれる街金はたくさんあるでしょう。

おすすめの記事