困っているときにお金を貸してくれる人は神様に見えることでしょう。困ったときはお互い様…それでも、闇雲に借りるのは避けたほうがいいのは、言うまでもありません。

お金がすぐにでも必要なとき

お金がすぐにでも必要なときはどうしたらいいでしょうか。
一番手っ取り早いのは、クレジットカードのキャッシング機能を利用することです。
必要なお金が3万円程度でしたら、もっとも手軽に素早く現金を手にすることができます。

クレジットカードのキャッシングで気を付けたいのは、キャッシングした翌日から金利手数料が発生することです。
クレジットカードの翌月一括払いでは、金利手数料が発生しないことから、キャッシングも翌月一括払いだと金利手数料がかからないと思う人が多いですが、しっかりと金利手数料はかかるので注意しましょう。

また、返済日も決まっているので、キャッシングから締め日までの期間が長いほど金利手数料は高くなります。
それを見越して、クレジットカード会社に締め日よりも早く返済して、金利手数料を安くあげる方法もあります。
また、クレジットカードの利用可能額に余力がなければ、ショッピング額や光熱費などの引き落としなどで、銀行残高が不足する場合もあります。

そうなると、すぐに対処しないと延滞歴が付く場合があるので、注意しましょう。
延滞歴は、うっかりミスであっても、付いた場合は金融事故情報として扱われることが多いです。
そうなるとあらたなローンなどは組めませんし、なによりもクレジットカードを新しく作れなくなることが多いので注意しましょう。

その点に注意さえすれば、クレジットカードのキャッシングは3万円程度の調達でしたら最も手軽であるといえそうです。

そうではなく、自分の力でお金を稼ぎたい人は、日払いのバイトをするといいでしょう。
日払いのバイトを探すのは求人情報誌などにも載っているのでそれを頼りに探します。
もっとも、男性の場合は特に日払いのバイトは、ガテン系の仕事が多く、体力勝負になってしまいます。

仕事の種類は建築現場などの仕事が多く、慣れていないとケガなどにも気をつけなくてはいけません。
そのあたりに問題がなければ、日払いのバイトは一回で1万円程度稼ぐことができるので、これを3回すれば目標額の3万円を獲得することができるのです。

日払いのバイトでの稼ぎは自分の力で稼ぎ、他の誰にも迷惑をかけることがないので、もっともオススメの方法といえます。
しかし、体力勝負になるので体力に自信のない人や、体調が悪い場合などは無理してしないほうがいいでしょう。
また、仕事には雇い主側が労災保険に加入することが義務づけられているのですが、日払いの場合は個人個人に労災保険をかけていない場合もあるのです。


これは雇い主側の落ち度なのですが、ケガをして、病院で治療する際の治療費は自腹ということにもなりかねません。
ですから、そうならないためにも事前にしっかりと労災保険に加入しているのかどうかを聞いておくとよいでしょう。
ケガをして治療費が自腹となると、治療費代がかかってしまって、結局は赤字になるということにもなりかねないからです。

もっとも手軽なのは、友人知人にお金を借りる方法です。
友人でしたら、昔からのつきあいで信頼関係が構築されているので、すぐにでもお金を貸してくれることでしょう。
特に3万円程度のお金でしたら、財布の中に入っていることが多いので、文字通りのポケットマネーとして用立てしてくれるはずです。

友人からの借り入れは3万円程度で、すぐに財布から出せるお金にとどめておきましょう。
それ以上のお金、つまり銀行などに行って引き出さなくてはいけないようなお金が必要なら、友人にリスクを負わせることなく、銀行や消費者金融会社からお金を借りるようにします。

また、借りる側が借用書を用意しましょう。
普通でしたら、貸す側が借用書を用意するものですが、友人も気が引けて借用書を用意できないのです。
ですから、そこは気を利かして借りる側で借用書を用意するのです。

友人も水くさいと言うかもしれませんが、親しき仲にも礼儀がなければいけませんので、借用書はしっかりと用意しておいたほうがいいです。
また、借用書には次の給料日に一括で返済する旨のことを書いておきましょう。
間違っても、分割で返済するような文言を入れてはいけません。

友人知人との貸し借りは、できるだけ早く最優先で処理するようにするのです。
それ以上のお金が必要な場合は、身内に頼るか銀行か消費者金融会社からお金を借りるようにしましょう。

必要なお金が3万円程度の少額のものでしたら、家にある不要品などを買い取り業者に買い取りしてもらうという方法を取ることもできます。
家にある不要品ですから、それほどの買取値は付かないでしょう。

そこは不要品の処分と考えると一石二鳥となります。
家にある不要品をかき集めても、1万円か2万円にしかならない場合もあるでしょう。
そういうときは、書籍やコミックを買いとってもらいましょう。

人気のコミックの全巻セットでしたら、かなりの高価買い取りになりますし、書籍もベストセラーよりもレア本のほうが値が付くことが多いです。
いずれにしても書籍やコミックの冊数が多いほど買取値も増えていくので、場合によっては書籍やコミックだけでも3万円くらいは余裕で買取値が付くこともあります。

また、書籍やコミックの買い取りは普通の買い取り業者よりも、書籍の価値の分かる古本屋に買い取り依頼するほうがいいでしょう。

銀行や消費者金融会社から借りる

まとまったお金が必要なら、銀行か消費者金融会社からお金を借りるようにしましょう。
使い勝手の良さは消費者金融会社のカードローンなのですが、金利の低さは銀行カードローンです。
同じ価値のお金ですから使い勝手の良さよりも返済利息の少なさを最優先にしたほうがいいです。

ということで、銀行からお金を借りるようにしましょう。
消費者金融会社は、いまだに中高年世代を中心にして、サラ金のイメージを色濃く持っている人も少なくありません。
そういったことからも、できるだけ銀行から借りたほうがいいのです。


銀行でお金を借りることは、普通のこととしてとらえられることが多いのですが、消費者金融会社からお金を借りるとなると、借金壁があるとか、生活に困っているなどと思われることが多いのです。
切羽詰まった場合は別ですが、消費者金融会社からはできるだけ借りたくないと思う人は少なくないでしょう。

しかし、銀行カードローンも誰でも気軽に利用できるものではありません
利用するにも、銀行カードローンの審査に通らなければいけないのです。
銀行カードローンの審査は厳しくて、誰でも審査に通るというわけではありません。

むしろ、審査に通りにくいと考えがほうがいいでしょう。
銀行カードローンの審査に通るにはある程度の属性の高さが必要になります。
この属性というのは、お金の借りやすさやその人の持っている信用度、さらには返済能力の高さなどの指標となるものです。

属性が高いとお金が借りやすく低いとお金が借りにくいのです。
属性はさまざまな項目から成り立っているのですが、一番重要な項目となっているのが雇用形態です。
会社からどのように雇用されているかということで、大きくは正規雇用と非正規雇用に分かれます。

正規雇用は、いわゆる正社員のことで、非正規雇用はパートアルバイト、派遣社員、契約社員のことです。
正規雇用の人のほうが属性が高いことが分かるのですが、それよりも会社から雇用が保証されているのかどうかというのが大きな問題なのです。

正規雇用の人は、定年まで雇用が会社から保証されていますが、非正規雇用の人はいつ雇い止めに遭うかわかりません。
望んで非正規雇用になっている人も少なくないと思いますが、困ったときのお金の借りやすさなどを考えると正規雇用になっておいたほうがいいでしょう。

銀行カードローンの審査が厳しいのは、カードローンの原資が口座開設者からの大切な預かり金を使っているからです。
預かっているものですから、貸し倒れに遭うわけにはいきません。
そのため、信用のおける人にしか融資をしないということですね。

消費者金融会社からお金を借りる

銀行カードローンの審査に通らなかった場合は、消費者金融会社のカードローンに頼るしかありません。
消費者金融会社のカードローンの審査基準は、銀行よりも緩やかですから、属性に不安のある人でも審査に通ることが可能でしょう。
消費者金融会社のカードローンの特徴は、多彩な申し込み方法にあります。

WEBや店頭での申し込みはもちろんなのですが、電話での申し込みができるのも嬉しいところです。
また、最近では郵送物が一切ないWEB完結という申し込み方法も選択できます。
そして、大手消費者金融会社は、メガバンクと提携しているところもあり、そういったところは、提携したメガバンク行内にある自動契約機を使ってカードローンの申し込みをすることができます。

そして、大手消費者金融会社の大きな特徴となっているのが全国各地に設置してある、無人契約機です24時間365日稼働しているもので、いつでも申し込みができるのが大きなメリットなのです。
即日融資にも対応しているので、当日の22時までに申し込み手続きを終えて審査に通れば、すぐにローンカードが発行されます。
それを持って最寄りのコンビニATMでキャッシングすることができるのです。

金利手数料の負担が大きくなりますが使い勝手では、消費者金融会社のカードローンは銀行カードローンよりも勝っている部分が多いので、そういった面がメリットとなるでしょう。

中小消費者金融会社と街金

消費者金融会社は大手消費者金融会社であるアコムやプロミス、アイフル、レイク、モビットといったイメージが強いのですが、消費者金融会社は大手消費者金融会社だけではありません。
知名度には劣りますが、大手消費者金融会社は数社しかないので、2,000社近くある消費者金融会社の中では少数派です。

消費者金融会社のほとんどは、中小消費者金融会社とさらに小規模な消費者金融会社である街金で占められているのです。
中小消費者金融会社は、業容はサービスなどで大手消費者金融会社には及ばないのでそれぞれが、特色を持った貸金業を営んでいます。

街金に至っては地元に特化した貸金業ですから、宣伝する必要もなくホームページを開設していないところがほとんどとなっているのです。
中小消費者金融会社は、おまとめローンに特化したところ、法人向けにビジネスローンに磨きをかけているところ、属性に低い人向けに不動産担保ローンなどを充実させているところなど多岐にわたっています。

また、独自審査を行っている一部の中小消費者金融会社や街金では、属性の低い人さらにはブラックの人でもお金を融資することもあります。
ブラックでも必ず借りることができるわけではないのですが、独自審査は現在の属性のみを審査する審査方法ですから、電話での在籍確認が取れること、収入証明書などの書類提出ができることで融資が可能となる場合が多いのです。

属性が低くてなんとかしてお金を借りたいというときは、口コミサイトなどを頼りにしてこういった、中小消費者金融会社や街金を頼るといいでしょう。

なんとかしてお金を借りたい

消費者金融会社からはどこからも融資を断られた…。
それでも、街金では借りることができるはずなのですが、それすらもかなわないとなると、総量規制以前に何か問題を抱えている人も多いでしょう。

確かに、ブラックで無職という人でしたら、お金の入りどころがないので、どこもお金を貸してはくれないでしょう
何らかの事情がある人は、生活保護を受けるのがもっとも無難な対策といえます。
それ以外でなんとかしようという人は切羽詰まって闇金融に頼る人もいるでしょう。

ヤミ金は十一といわれるくらいの高金利です。
これは十日で1割の金利という意味です。
現在の利息制限法で定められている20%の上限金利というのは、年利のことですから、如何にヤミ金が高金利かということがわかるでしょう。

金利というと年利で言うのが原則ですから、ヤミ金で金利1割といってもそれは絶対に年利ではないので聞く耳を持ってはいけません
お金を貸してくれる人として、最適なのはネットの個人間融資掲示板でしょう。
個人での貸し借りになるのでリスクも伴いますが、プロフィールなどの実績を吟味して信用のおける人に融資のお願いをするとリスクは軽減されます。

個人間融資掲示板などはネットにあふれているのですが、審査通過率という概念はなく、ほとんどが交渉次第で融資が行われます。
借りる側が踏み倒したらどうなるのかというと、警察沙汰にはなると思いますが、それほどのトラブルは聞いたことがないですし、あっても希なケースですから、お金の貸し借りは考える以上に厳格に行われている印象があります。

ネットの声

「本当にTwitterからお金を借りたいと思ってる方、辛い状況の方多いかと思いますが先を急ぐべきでは無いと思います。色々なところから小口即日で借りていては、問題を後回しにするだけです...自分の意思で選択が出来る今の段階のあなたは再起可能です!」

「「お金借りたい掲示板利用方法」 お金借りたい掲示板は、簡単に書くとその時点においてお金を必要としているという人とお金を貸しますという人を引き合わせてくれる個人間融資用の掲示板を指します... 」

「借金生活から抜け出したおかげでノビノビと生活できてる笑。債務整理とかしちゃだめだと思ってたけど、やってよかった!個人融資とかも受けたら終わりみたいだしー」

お金は天下の回り物と言いますが、使い方は慎重に考えたほうがいいですよ。

おすすめの記事