お金持ちが絶対にしないNG行為7つ

なぜかお金が入ってこない…そう感じている人は少なくないでしょう。

実は、お金持ちは意欲的に物事に取り組むだけでなく、あることを『しない』ことによってお金が入ってくる環境を作っていると言われています。

今回は、お金持ちが絶対にしないNG行為を紹介するので、ぜひ参考にしましょう。

お金持ちはお金が寄ってくる習慣を身につけている

「使っている意識はないのに、なぜか全然お金が貯まらない」といった悩みを抱えている人は、とても多いです。

特に家計管理を任されている人は、家のお金の収支を把握しているため、

「なんでこんなにお金が減っているの!」と状況を理解して、肩を落とすことはよくあるでしょう。

一般的にお金持ちと言われている人たちは、ただお金をたくさん稼いでいるだけではありません。

実は、日々の生活習慣やお金の使い方に、たくさんお金と貯めることができたり、お金を生み出したりする秘密の共通点が隠されているのです。

日頃の生活習慣はあらゆる面に直結する可能性大!

日頃の生活習慣は、私たちにとって、とても重要です。

健康面はもちろん、人との付き合い方や自身の考え方、さらに金銭面まで直結することが非常に多いからです。

例えば、不摂生な生活習慣を続けることで、健康面が悪化すれば、人との付き合い方も当然変わります。

以前は活発に遊びに出掛けることができていた人も、家に籠もりがちになってしまい、そこからさらにネガティブな思考が生まれます。

また、健康面の悪化によって、高額な医療費が掛かったり、体調不良によって家事が疎かになり、

外食や出前といった不要な出費が重なってしまうことで、家計にも打撃を与えることに繋がります。

このように、日頃の生活習慣1つとっても、私たちのあらゆる面に大きな影響を与えるのです。

つまり、良くも悪くも、お金に多大な影響を与える可能性も高いということが言えます。

お金持ちが絶対にしないNG行為とは?

日頃の習慣が私たちの持つお金の動きに繋がってくる可能性を理解したところで、

一般的にお金持ちと言われている人たちが『しない』ように心掛けている、あるいは無意識のうちにしていないNG行為を紹介します。

当てはまった人は、これを参考に少しずつ改善していきましょう。

1.夜更かし

夜更かしは、美容面、健康面など、あらゆる面に悪い影響を与えることは、すでに多くの人がご存知でしょう。

しかし、ついついテレビを観てしまったり、スマホをいじり過ぎてしまったりして、夜更かししてしまう人は多いです。

夜更かしを常習的に行っていると、体調を崩して医療費がかかったり、体調不良によってしなければいけないことができず、余計な出費に繋がることもあります。

また、美容面で悪影響が出た場合は、少し高めの化粧品を購入する人もいるでしょう。

そして、夜更かしの最大のデメリットは朝寝坊です。朝寝坊は1日のコンディションを下げてしまうだけでなく、「朝ごはんの代わりに」とコンビニによる習慣を身につけてしまう原因にもなります。

すると、無意識のうちに出費が重なり、お金持ちから遠ざかってしまうのです。

2.部屋を散らかったまま放置

貯金に成功している人は、部屋を整理整頓できている人が多いです。

部屋を散らかったまま放置していると、いざ必要な物が出てきた時、すぐに見つけることができなかったり、

「もしかするともう無かったかも」と勘違いし、同じ物を買ってしまったりと無駄遣いしてしまうからです。

3.暴飲暴食

お金のある人は、良い物をたくさん食べているというイメージはないでしょうか。

たしかに、良質な食品を食べていることは確かでしょうが、暴飲暴食しているわけではありません。

どのような食品、飲料であっても、食べ過ぎ飲み過ぎは健康に悪い影響を与えます。

また、万病の元とも言われている肥満になりやすくなり、そこから無駄な出費が次々と発生してしまうのです。

また、大切な人との食事は惜しみませんが、不特定多数の顔見知り程度の食事は、あまり行かない傾向にあります。

もちろん人脈を広げるために、パーティーや飲み会に行く人は多いでしょうが、適切な頻度を守って外食している人が多いのです。

4.行動に移す前に諦める

意外と多くの人がやりがちなNG行為に、何かをやりたいと思い立ち、そのためのプランを練ったはいいものの、

「やっぱり私には難しいかも」「どうせ無理な気がする…」と行動に移す前に諦める行為が当たります。

裕福な人は前向きな人が多く、「とりあえずやってみよう」という精神が旺盛です。

すべてが上手く行くわけではありませんが、行動しなければ現状からステップアップすることはできません。

むしろ、周囲に差を付けられてしまい、自分だけが下に落ちてしまうことすらあるのです。

5.節約のためにセール品や安物を買う

お金を貯めるため、セール品や安い物ばかりを買おうと躍起になっていないでしょうか。

ある程度の心がけは大切ですが、セールばかりを追いかけていると「安いから」と結果たくさんの買い物をしてしまう事に繋がる恐れがあります。

また、安い物すべてが悪いわけではありませんが、長く使い続けるためには、やはり少し高い物を大切に使うべきです。

比較的安い物は壊れやすい傾向にあるため、その度に買い替えていると、無駄な出費が重なり、結果として高くついてしまうことがあるのです。

6.大切な人への投資を疎かにする

金銭的に豊かな人は、生活の面でも精神的に余裕がある人が多いです。

それはお金があるからという意見もあるでしょうが、逆説的に大切な人へお金や時間を惜しまず使っているからということも言えます。

不必要な物には余計な出費はせず、大切な家族や友人へ時間やお金を躊躇無く使うのです。

そうすることで、家族同士のコミュニケーションが増えたり、お互いへの感謝の気持ちが生まれたりするため、生活面で精神的に余裕が出ます。

家庭が穏やかであれば、仕事にも打ち込むことができますし、余計な不安や心配を抱えることが少なくなるため、集中するべきことに集中できるのです。

7.カードをたくさん持つ

ポイントカードやICカード、クレジットカードなど、店舗ごとに多くありますが、カードはたくさん持つ必要はありません。

むしろたくさん持ってしまうと、ポイントは分散されてしまいますし、チャージする金額も分散されてしまうため、有効に活用することができなくなってしまいます。

裕福な人の財布には、基本的にポイントカードやクレジットカード、ICカードなどは必要以上に入っていません。

またレシートもごちゃごちゃと入っていることが少ないため、とてもスッキリとしています。

カードは同じジャンルの店舗(ドラッグストア、スーパーなど)は1箇所にまとめ、ポイントやチャージ金額を有効に使うようにしましょう。

健康的な習慣と必要なお金の使い方を熟知してお金持ちに

お金持ちと言われる人たちは、日頃から健康的な生活習慣と、必要なお金の使い方を熟知している人が多いです。

特にお金をどのような場面で使うべきなのか、どのように活用するべきかを心得ている人が多いので、

これからお金を貯めたいと思っている方は、その点を重点的に見直すことをおすすめします。



おすすめの記事