岡山のコンサートホールが『粋すぎる感染対策』を実施! ネットで絶賛の声

新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の流行により、2020年4月~5月にかけて全国で緊急事態宣言が発令されました。

同年6月現在、宣言は解除され、さまざまな施設や店では『三密(密閉・密集・密接)』を避けるよう配慮した上で、営業が再開されています。

岡山県にあるコンサートホール『岡山シンフォニーホール』も、その1つです。

SONY DSC

管弦楽団の活動拠点

同県のプロオーケストラ『岡山フィルハーモニック管弦楽団』の活動拠点として有名なこちらのホール。

コロナウイルスの感染予防対策として、一風変わったアイディアを取り入れたといいます。

『岡山シンフォニーホール』の大ホールに用意された、こちらの座席をご覧ください。

コロナ対策…取り組み

著名な作曲家と

来場者同士の距離を保つため、『岡山シンフォニーホール』が用意したのは、著名な作曲家などのイラストが描かれた紙!

『岡山シンフォニーホール』は、Twitterで来場者に向けて、次のように声をかけています。

会場内は作曲家の方の指定席がございますので、みなさまと一緒に鑑賞いただけます。

ユーモアのある感染予防対策に対し、

ネット上では「面白い」「こういう遊び心は好き!」「両隣に作曲家がいるなんてぜい沢」といった声が相次ぎました。

来場者は、音楽を聴くだけでなく、会場内に用意された作曲家の指定席を見ていっそうワクワクできるのではないでしょうか。

おすすめの記事