和泉元彌、止まらぬ妻への愛…愛妻オニギリを他の男が食べることなど「耐えられない!」

狂言師で俳優の和泉元彌(45)が7日放送の関西テレビ「快傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。

いまだに尽きることのない妻・羽野晶紀(51)に対する“愛の深さ”を語りました。

おにぎりは誰にもやらない!

和泉元彌には2人の子どもがいるのですが、そのことで少々気がかりなことができたというのです。

子どもがいることは心の底から「よかった」っと思っているそうですが、それによって親同士の交流につながることに納得がいっていないのだというのです。

最も気にしているシチュエーションというのが「運動会」の場。

「保護者同士でお弁当作り合って、分け合ってみたいな…。そんな時に晶紀の握ったオニギリを他のお父さんが食べようもんなら『何食べてんだ!』(と注意する)」

と熱弁をふるうと、共演者たちは「それはスゴい…」と呆気に取られていました。

和泉元彌は

「結婚するって『家に帰って、妻が作った料理があって、それが食べられる』って特別じゃないですか?中でもおにぎりなんて“思いを込めて”握ってるんですよ」

と力説。

そんな特別なおにぎりを“同級生の親”という理由だけで食べられるのは「耐えられない!」と和泉は主張したのです。

男性美容師はNG

羽野晶紀は同局の番組に出演するために週1回大阪に来ているというそうです。

羽野の実家は京都にあることから、MCの上沼恵美子は和泉元彌に、たまには泊まってくればいいと羽野にすすめないのかを尋ねました。

和泉元彌は「泊まるとなったら心配で心配で…」と顔をしかめたのです。

さらに元彌は

「美容院で髪を洗う人も女性じゃないといや。髪を洗うというのは特別なこと。髪を他人に触られるのはいやだ」

と男性美容師が羽野の髪に触れることは耐えられないと熱く語っていました。

「僕と一緒の美容院に行ったときは『女性にしてね』と、お願いする」と自分以外の男性を極力羽野に近づけないようにしていることを訴えたのです。

上沼は「元彌さん、おかしい」とあきれたようにツッコんでいました。

上沼恵美子のだめ出しも

MCの上沼恵美子は和泉の行き過ぎた“妻への愛”を聞いて「離婚の入口に入ってますよ」と警告。

「女の方がイヤになってるんですよ」
「(妻の)逆襲のマグマがグーッとなる(溜まる)時期ですよ」

と、脅し気味に伝えると、和泉は「気を付けます…」と苦笑いで返していました。

ネットの反応

「この年でこれは少しキツいね。だけど奥さん大好きはいいんじゃないかな。最近の不倫の人たちよりマシだと思う。」

「普通に考えると締め付けきついけど。夫婦の事なんで、嫁が良ければ良し。」

「愛妻家ならそれで良いけどね。知り合いにも嫉妬深い男がいて、女同士でも飲み会は許さない、妻の外出先には殆ど着いていってたりしていた。反面こういう男は家事や育児にはさほど協力的ではなく、妻を大事にしてるとは思えなかった。ただ嫉妬深いだけだった。」

奥さんが良ければ問題ないのでは…。最近は不倫ネタが多いのでこういうのもいいかも!?

おすすめの記事